2014年 11月 22日

目標がなくてもいい。好きなことを続けていれば

実は私、今、これといった具体的な目標がない。
ものすごく雑な言い方をすると、その日その日の気分の赴くまま生きている。
正直、何かの目標を実現するために戦略的に動いている、ということは少ない。

好きなことをして理想的な生活を実現する上で、本来なら目標って欠かせないもの。
例えば3年後に売り上げを倍にするとか、10万部のベストセラー本を出すとか、
司法試験に合格するとか、行きたい10カ国を5年で制覇するとか、
そういう具体的な目標があった方が人は強くなれるわけです。
ゴールを決めてそこに向けてやるべきことを逆算し、
それをやっていけば実現不可能そうに見える夢や目標が不思議と叶ってしまう。

今までどちらかといえばそうやって生きてきた。
トラベルライターになりたいとか、
本を出したいとか、写真集を出したいとか。

でも今はそういう具体的な目標がなく、
ただ日々の時間の中で、できるだけ好きなことをする時間を多くとり、
それをしっかりアウトプットしていこう、ということぐらいしかない。

今は明確に目標を決めてしまうことで、
自分に枠をはめてしまうことの方がもったいないと感じている。
目標って立てたら、いい意味でも悪い意味でもそれに縛られちゃう。

だから日々楽しいこと好きなことをできるだけしていく。
もちろん働いてお金を稼がなきゃいけないからその合間にだけど、
好きなことを日々積み重ねていくと、後から結果やお金や仕事がついてくる。
例えば映画監督になるとかいう、
自分の目標にまったくないものが飛び込んできたりもした。
なりたいと思ってなったわけじゃないけど、
日々の延長の中でそういう話が舞い込み、
やってみたらおもしろかった!みたいな。

何者でもない若いうちは何かになりたい、何かをしたいという、
具体的な目標を立てた方がいいと思うけど、
ある一定の年齢になってきたら、目標を立てることで枠をはめてしまうより、
毎日、好きを積み重ねていくことの方がいいかもしれない。
その積み重ねによって、気づいた時には、
自分では思いもしなかった頂上にたどり着いているかもしれず、
でもきっとそれは自分も他人も社会も求めていたものなんだと思う。

ただ流されて生きるのとは違う。
自分に「好き」という軸を持ち、自分の直感を大切にし、
そこに素直に純粋な気持ちで向き合い、一つずつ着実にアウトプットしていく。
すると何年かするとそこには思わぬ絶景が広がっている。

具体的な目標がなくてもいい。
好きなことを毎日続けていれば。

<お知らせ>
・11/29(土)愛知県豊田市で映画「シロウオ~原発立地を断念させた町」上映!
私も午前、午後とも監督トークで行きます。

・11/30(日)13:30~15:20、二宮町生涯学習センター「ラディアン」にて
「世界30か国を旅したフォトライターが語るファインダーを通して見た世界」
という講演を行います。興味のある方はぜひどうぞ。
入場料300円。問い合わせ:熊澤0463-72-1051

・かさこ塾5期生募集開始。20名限定。現在9名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布中。1万3500部印刷し残り500部!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・以前にマガジンを希望した方で、住所を変更している方は、お知らせいただければ幸いです。
年末に最新号をお送りいたします。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


# by kasakoblog | 2014-11-22 02:24 | 生き方
2014年 11月 21日

この国に日本語が理解できる裁判官がいれば次の衆議院選挙はやり直し

憲法違反の選挙制度で当選した政治家たちが、
憲法違反の選挙制度を変えることなく、
憲法違反に問われなけない手法で解散したので、
日本がもし法治国家であり、民主主義国家であるなら、
今度の選挙は憲法違反でやり直しになるのが至極当然だと思うのだが、
この国には日本語を理解できる裁判官がいないようなので、
違憲「状態」などというおかしな言葉を作って責任を回避している。
裁判官ってのは憲法と同じお飾りなんですかね。

このままでいくと憲法違反の選挙で選ばれた政治家たちが、
憲法を勝手に変えて、自分らは憲法は守らないけど、
国民は憲法守れよという、
まるでジャイアンみたいなことをしようとしているわけだが、
こんな状態のまま国っていうのは運営されていっちゃうんですかね。

それにしても組織票のあるところが有利になるよう、
投票率を下げるために世間がくそ忙しい年末に選挙をすることを、
不意打ちのように宣告するって、
さすがは憲法違反している政治家だけはある。

ところが自民・公明が詐欺的政党であったとしてもその受け皿がない。
どこの野党も内紛、分裂、バカじゃないのという話だが、
じゃあマニュフェスト詐欺して消費税増税を決定した民主党が受け皿?
と思うと、ほとほと国民は忘れやすい生き物なんだなと思うわけだけど、
でも他に選択肢もなく、弱小政党に入れても死に票になるしかなく、
どう転んでも自民・公明が有利になる見事なタイミングという他ない。

だからといって選挙に行かなければ思う壺だし、
何かマシな選択をしなければならないわけだけど、
そもそもこの選挙が憲法違反で、
司法が何年も憲法違反を放置した政治の世界に、
「憲法違反だから選挙のやり直し!」と言ってくれないかと、
期待しているわけだが、憲法違反しようが、犯罪はやったもんがち。
既成事実を作ってしまえば、犯罪者が政治家としてのさばって、
勝手にいろんなルールを決めちゃうという恐ろしい世界だ。

司法の人間にプライドや使命感はないんですかね。
というかあんたら憲法読める?日本語読めないの?
違憲状態なんて言葉ないから。

もはやこの選挙は絶望的状況。
起死回生は司法による選挙のやり直し命令ぐらいしかない。

選挙自体が不正うんぬんみたいな陰謀論が、
毎回のごとくネット上をにぎわすわけだけど、
不正選挙の前に堂々と憲法違反の選挙だから!
清き一票って、人にとっては一票の価値はありませんから。

・2倍以下なら憲法違反でいいんですか~0増5減成立でも格差1.998倍
http://kasakoblog.exblog.jp/20704676/

・改憲か護憲?憲法は国の最高法規じゃなく誰も守らないお飾りでしょ
http://kasakoblog.exblog.jp/20427831/

・憲法違反の政治家が憲法を変えやすいようルールを変えちまえって恐ろしい話
http://kasakoblog.exblog.jp/20272807/

<お知らせ>
・11/29(土)愛知県豊田市で映画「シロウオ~原発立地を断念させた町」上映!
私も午前、午後とも監督トークで行きます。

・11/30(日)13:30~15:20、二宮町生涯学習センター「ラディアン」にて
「世界30か国を旅したフォトライターが語るファインダーを通して見た世界」
という講演を行います。興味のある方はぜひどうぞ。
入場料300円。問い合わせ:熊澤0463-72-1051

・かさこ塾5期生募集開始。20名限定。現在9名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布中。1万3500部印刷し残り500部!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・以前にマガジンを希望した方で、住所を変更している方は、お知らせいただければ幸いです。
年末に最新号をお送りいたします。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


# by kasakoblog | 2014-11-21 18:46 | 政治
2014年 11月 21日

かさこでいいかも!第7回は脱力系ゆるキャラ、ネコの妖精れぉにゃの中の人登場!


先日かさこ塾祭りで公開収録した3人のうちの1人。
かさこ塾生で、脱力系ゆるキャラ、ネコの妖精れぉにゃの生みの親である、
中の人、竹井さんに登場していただき、
・不思議ちゃん疑惑 ・れぉにゃの金儲け疑惑
などについて、ぶっちゃけトークをしていただきました!


https://www.youtube.com/watch?v=omcwGCl_HJA

今回の「かさこでいいかも!」はこれまで登場したゲストとはまったく違います。
ダラダラです(笑)。
はっきりいって何の役にも立たないかもしれません(笑)。
ただこのゆる~い雰囲気を楽しんでいただければ幸いです。

・ネコの妖精れぉにゃのブログ
http://ameblo.jp/ice-cream-da---isuki/

<お知らせ>
・11/29(土)愛知県豊田市で映画「シロウオ~原発立地を断念させた町」上映!
私も午前、午後とも監督トークで行きます。

・11/30(日)13:30~15:20、二宮町生涯学習センター「ラディアン」にて
「世界30か国を旅したフォトライターが語るファインダーを通して見た世界」
という講演を行います。興味のある方はぜひどうぞ。
入場料300円。問い合わせ:熊澤0463-72-1051

・かさこ塾5期生募集開始。20名限定。現在9名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布中。1万3500部印刷し残り500部!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・以前にマガジンを希望した方で、住所を変更している方は、お知らせいただければ幸いです。
年末に最新号をお送りいたします。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


# by kasakoblog | 2014-11-21 01:19 | 動画
2014年 11月 19日

カーディーラーから健康食品社長を経て、今は約80人しかいない講談師として活躍!神田山緑さんインタビュー


どこにでもいる普通のサラリーマンが、日本で約80人しかいない講談師に転身し、
しかも食えない講談師が多い中、今は講談師だけで食べているというすごい人がいる。
神田山緑さん(38歳)だ。
異色の経歴の変遷とともに、どのように仕事をしているのか話を聞いた。
(取材日:2014年11月18日)

1:親の親友の子供の死で人生見つめ直し、
カーディーラーをやめ、親の事業を手伝うことに

小・中・高校は野球少年。
大学時代は毎日のようにクラブで遊び歩く生活。
就活は就職氷河期で厳しい時代だったが、
面接に行くまでの移動中の電車の中で大あわてで履歴書を書き、
面接を受けたトヨタ自動車の販売店の社長に誤字を指摘されたものの、
素直に間違えましたと謝ったら即その場で「採用!」ということになり、
自動車販売店に入社が決まった。

なぜか入社2ヵ月目で4台も車を売るという快挙を成し遂げるも、
「生意気な新人だ」と店長から目をつけられ、
ショールームに入れてくれないという嫌がらせを受けることに。
仕方がないので一軒一軒ピンポン営業。
水をかけられたこともあったが、1日100~200軒、まじめに回ったので営業成績はよく、
トヨタ新人賞を受賞する活躍ぶりだった。

しかし転機が訪れたのは入社してから2年が過ぎた頃。
父親の親友の子供がビル火災に巻き込まれて突然亡くなった。
父親はそれを見て他人事とは思えなくなった。
事業をしていた父親が廃人のようにショックを受けているのを見て、
神田さんは思った。

「このまま一生、車を売っていても仕方がない。
父親の助けとなるべく父の事業を手伝おう。
いずれ独立もしたいし」と自動車販売店をやめることにした。

2:健康食品ブームで会社は順調も、
取引先の倒産した社長を見て社長をやめる

父親の事業を手伝っていたが、新規事業で健康商品を取り扱うことになり、
分社化して、新会社の社長に。
神田さんが25歳のこと。社員は4人。
ちょうどその時、健康食品が大ブームに。
がん予防に効くという宣伝文句のアガリクスを取り扱い事業は順調だった。

しかし取引先の会社の一つが倒産した。
神田さんの会社に実害はなかったものの、
今まで神田さんが若いということもあり、
横柄な態度をとっていたその会社の社長が態度を一変し、
神田さんに「会社を買ってくれないか」と土下座をしたという。

「こうも人間は変わるものなのか・・・」

今までいばっていた社長が事業につまづいたら、土下座までしてしまう。
その時、神田さんは思った。
これは、明日はわが身の姿なのではないかと。

事業は順調だったが忙しさなどからストレスがたまり、
血尿や血便が出るほど健康状態は悪化していた。
そんな社長の状態を察知したのか、社員はあっという間に辞めていった。

「もうこのまま仕事を続けていくのは無理」

そう思って事業を辞めることにした。

3:講談に感激!4度断られて弟子入り。3年は食えずバイト生活

神田さんが27~28歳の頃。
若くして社長になり、様々な会社と交渉しなければならない場面が多く、
でももともと話が上手ではなかったので、話し方教室に通っていた。
そこの先生が講談に連れていってくれた。

講談は落語とは違う。
独特のしゃべり口調と小道具を使って、
歴史などの話をリズミカルに話していく芸だ。

講談を聞いた神田さんは感動した。
「まるで言葉を聞いていると映画を見ているかのように、
次々と情景が浮かんでくる。
その見事な芸に感激のあまり涙が出てきた」

そこで講談に興味を持ち、講談教室に通うことに。
教室でレッスンした後、友人と居酒屋に行ってビールを飲んだところ、
格別にうまかったという。

「こんなうまいビールを飲んだのははじめて!」

事業は順調でも心配事や不安なことが多い健康食品事業では、
味わうことのできなかった「仕事」終わりの爽快感。

「講談なら一人でできる。これは十分ビジネスにもなる。講談師になろう」と決意。
師匠からは4度、弟子入りを断られたが、
めげずに志願した結果、5度目で弟子入り。
神田さんが29歳、2005年のことだった。

しかしすぐに講談だけで食べれるわけではない。
落語家は人気もありメジャーで800~1000人いるとも言われているが、
講談はわずか80人あまりしかおらず、メジャーではないため、
食えない人も多いという。

しかも講談の世界は完全な縦社会。
上の言うことはどんな理不尽なことでも絶対に言うことを聞かねばならない。
階級が3つあり、はじめは「前座」からスタートし、
6~7年目で「二つ目」、14~15年目で「真打」となる。

厳しい世界にもかかわらず、バイトをしながら師匠の言うことをよく聞き、
神田さんはわずか3年で「二つ目」に昇進。
昇進しただけでなく、3年目ぐらいからバイトもせず、
講談だけで食べていけるようになったという。

4:ビジネス経験があるから講談だけでも食べていける

「真打」になっても食えない講談師がいるにもかかわらず、
神田さんがわずか3年で講談だけで食べれるようになったのはなぜなのか。

「講談は何も講演を聞きに来てもらうだけでなく、
いろんな場面で活用ができます。
例えば、入門したての頃は、結婚式で両人のなれそめを、
講談風に語るという仕事をして稼いでました。
こういう場面でも講談は使えるんです」

日本の歴史物を語るのが一般的だが、例えば企業の依頼に応じて、
企業の歴史や創業の物語を講談風の作品に作り上げ、
企業の社内研修に活かすこともできる。
講演だけでなく、依頼に基づく作品づくりや研修分野にも手を広げていることが、
講談だけで食べられる大きな要因になっている。

「また何よりも講談を習いたいという人が多く、
教室事業は単発の講演とは違い、固定収入が得られるので助かってます」
と神田さんは話す。

私も以前に書いたが、写真家でも音楽家でも作品を売ることより、
人に教えることの方がビジネスになる可能性が高い。
そうした視点を講談に持ち込んでいるからこそ、
神田さんは若くして講談だけで食べていけるのだ。

「今までサラリーマンをしていたり、営業をしたり、
社長をやっていたビジネス経験があるので、
ビジネス感覚を持ち合わせているので、
講談だけでも食べていけるようになった」

最近では地域の話を講談にアレンジし、話をすると、
地域活性化にもつながるので、こうした講談も各地で積極的に行っている。
地元、中野では、区の観光大使に就任したりもしている。

「講談はいろんな場面で活用できるはず。
講談師でも食えることを自分が証明し、
講談師の成功モデルになることで、講談師を目指す人も増え、
増えれば業界全体も活性化し、講談をもっとメジャーにして、
多くの人に講談の良さを知ってほしい」

こうした昔ながらの芸事って小さな時からやっていないと、
ダメなのかと思いきや、神田さんのように、
普通のサラリーマンから転身して成功している人もいる。
いや、むしろビジネス経験がある異色の経歴があるからこそ、
講談をうまく仕事にすることができ、
永続的な活動に転化できているのかもしれない。

「講談が仕事にならなければ後輩は育たないし業界は尻つぼみしてしまう」

元サラリーマンだからこそ、元社長だったからこそできる、
講談の新しいあり方を模索しながら、
神田さんは講談を活用して活動の幅を広げていっている。

・講談って何?という方は、神田さんの講談動画をご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=8Ul9GStfXv8

・神田さんのブログ
http://ameblo.jp/sanryoku/

・神田さんはフェイスブックもやってます
https://www.facebook.com/sanryoku36

・おもしろい人・生き方・働き方インタビュー
http://www.kasako.com/life1.html

<お知らせ>
・「好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術」講義、11/21金に開催。
定員40名。現在約37名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=884

・かさこ塾5期生募集開始。20名限定。現在9名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布中。1万3500部印刷し残り500部!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・以前にマガジンを希望した方で、住所を変更している方は、お知らせいただければ幸いです。
年末に最新号をお送りいたします。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


# by kasakoblog | 2014-11-19 23:12 | 生き方
2014年 11月 18日

これはメチャメチャ素晴らしい本!ぜひ多くの人に読んでほしい「プチクリ!―好き=才能!」岡田斗司夫著

好きなことを仕事にして人生を楽しくしよう!と言っている私ですが、
でも「そんなもん、理想論」「才能のない私にはできない」
「好きなことを1つに絞れない」「好きなことをプロとしてやったらイヤになってしまった」
「好きを仕事にしたいけどうまくいかない」「何から始めたらいいかわからない」
といった反論がくるわけだけど、そうした反論に見事に明快に、
かつ優しく丁寧に書いてあるのがこの「プチクリ!―好き=才能!」岡田斗司夫著。

メチャメチャ素晴らしい本です!
すごいシンプルででも具体的でとってもわかりやすい。
ぜひ私のブログ読者にはぴったりの本だと思うので、ぜひ読んでほしい。

この本のいいところは、いい意味で力が抜けていること。
好きなことをプロにする必要はなく、プチでいいと説いている。
でも著者はプチでいろんなことをやってきたら、
それが仕事=お金になったという。
でもそれ一本でプロとしてやるとなると、

やりたいことをやるために作った会社なのに、
いつのまにか「やりたいこと」より
「やらねばならないこと」ばかりが増えていました

と書いてあり、それで社長をやめて、
その時その時の好きなことをやり続けている。
でもそれが結果に結びついている。

プロではなくてプチでいいので、
「この世界は甘くない!」「貧乏を覚悟しろ」「寝るな」「年に100冊本を読め」
といったようなプロがプロ志望者に言ってしまいがちな、
厳しいことに違和感を表明しているのも好感が持てる。

本書の中でも、すごくいいなと思ったポイント。

・好きなこと。それが才能。

・プロである必要はないから、好きなことを発表し、
自分が楽しみ、他人を喜ばせたらいい。

・作品の差を左右するのは才能の差ではなく、
才能を引き出せる能力の差。

・才能を引き出すには、毎日やり続けること。
大事なのは「才能」ではなく「継続」。

・なりたいなら、なりたいものを名乗ってしまえばいい。

私が講義やブログで言っていることがこの本にとってもわかりやすく、
しかも押しつけがましくなく、書かれている。

この本、素晴らしいです。
あっという間にサクッと読めるのもよいです。
2005年発売の本なのでアマゾンには中古本しかないみたいですが、
Kindle版もあるみたいなので、
この分量の少なさからいったら電子版でもそんなに読むのは苦ではないと思います。

ほんと素晴らしい良書。
ぜひ読んでみてください。

・プチクリ!―好き=才能!
・プチクリ!―好き=才能!電子版

<お知らせ>
・「好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術」講義、11/21金に開催。
定員40名。現在約35名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=884

・かさこ塾5期生募集開始。20名限定。現在9名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布中。1万3500部印刷し残り500部!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・以前にマガジンを希望した方で、住所を変更している方は、お知らせいただければ幸いです。
年末に最新号をお送りいたします。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


# by kasakoblog | 2014-11-18 23:24 | 書評・映画評
2014年 11月 18日

撮りっぱなしの動画はまずつまらない!動画は編集してナンボの世界


いよいよ一億総Youtubeチャンネルを持つ時代が、
やってくるのではないかと思っている。
ブログが登場して、なんちゃってとはいえ、
一億総ジャーナリスト時代になったように、
一億総カメラマン時代になったように、
今後は一人一人がテレビ局=Youtubeチャンネルを持つようになると思う。

ただ動画は非常に難しい。
文章よりも写真よりも難易度が高い。
高いビデオカメラを使いこなさないとダメだという話ではなく、
ちゃんと撮り、ちゃんと編集しないと、ほとんどの動画はクズになる。

気軽にスマホなどでも動画が撮れるようになっただけに、
動画をアップしている人も増えているが、
撮りっぱなしのまま、何の編集もせず、
そのまま写真感覚でアップしちゃうから、
きっとおもしろい部分はあるんだろうけど、
あまりにも間延びしていてつまらなくなり、
最後まで見てもらえなくなってしまう。

そこで欠かせないのが編集。
動画は写真とは違うんです。
写真は1枚で勝負できるから、いい写真が撮れたらアップすればいい。
でも動画は違う。
5分撮影してその中で20秒おもしろいところがあったら、
基本的にはその20秒だけを切り取ってアップしないと、
見ている側は退屈で仕方がない。

でも編集するのが面倒、もしくは編集することの重要性を知らないので、
撮りっぱなしのまま動画をアップすると、
見たけどがっかりして、二度とその人の動画を見に来てくれなくなる。

特に昔と違って、みな映画でもなくテレビでもなく、
ネットで動画を見るのに慣れてきたので、
間延びした動画は嫌がられる。
動画をアップする際は、いろんな演出や効果をいれなくても、
最低限、いらない部分はばさっとカットし、
いいとこだけ抜き出してアップした方が絶対にいい。
特にYoutubeならなおのことだ。

私が9月から始めたトーク番組「かさこでいいかも!」は、
1時間から1時間半収録し、10分~20分程度に編集してまとめている。
40~50分ぐらいはカットしている。
おもしろかった部分だけを抜き取り、
かつ合間合間にテロップや効果音や音楽を入れたりしている。

カットした部分でもおもしろい部分がないわけじゃないけど、
特におもしろかった部分以外は容赦なくカットする。
でないと退屈になってしまうからだ。

編集には7~8時間かかっている。
かなり面倒。
もともとおもしろい人を呼んでいるから、
ラクするなら、撮りっぱなしのものをそのままアップすればいいだけだ。
でもそれをしたらつまらなくなる。
途中で飽きてしまう。

先日、かさこ塾祭りで「かさこでいいかも!」の公開収録を行ったが、
収録を見た人は私が言っている意味がわかるはず。
多分、1時間ずっと見ているのはしんどいなとか、
ところどころ退屈な部分があるなと感じたはずだ。

写真家の三井さんとやった時のように、
お客さんの前で対談することによってお金をとる時には、
きっちり打ち合わせをし、きっちりしゃべることを決め、
目の前のお客さんを楽しませる展開にする。

でも「かさこでいいかも!」の場合は基本は非公開収録で、
しかもアウトプットする作品は全部使うわけではないという頭があるので、
つまらない話があっても、とにかく相手に気分よく話してもらう。
その上で後でいいところだけを抜き出す。
だからYoutubeで見た時よりもライブ感はあっても退屈さを感じたと思う。

公開収録でやっているとそれがよくわかる。
私は相手の話を聞きながら「やべ、この時間帯、完全に客がひいてる」とか、
「ここはおもしろい、役立つから身を乗り出して聴き入っている」
というのが空気でわかるんです。
そういうところは全カットする。
だから編集するとテンポよくおもしろいものになる。
いや中には今の「いいかも」でも長すぎる、もっと短くてもいい、
という人もいるぐらい。

私は動画の時だけでなく、そもそも、
ライター仕事でインタビューして話を聞く時、
話を聞きながら、ものすごい勢いで頭を回転させて、
アウトプットする時のことを考えている。
「この時間帯の話、まったくいらないな」とか、
「ここは使えるから、ここの話を膨らませて書こう」とか。

だからテープ起こしなんてアホみたいなことはしないわけです。
1時間、インタビューして全文書き起こしても7~8割はいらない。
いらないところを書き起こす必要はない。
だからメモをとったところだけを重点的に書く。

動画もそれと同じ。
とりあえず撮りっぱなしで撮っておいたとしても、
それをそのままアップするのではなく、ちゃんと編集すること。
できるだけ短くすることを意識し、
できるだけおもしろい部分だけで構成するぐらいのつもりでいい。

そんな風にすると一億総Youtubeチャンネルを持つ時代の中で、
見てくれるチャンネルになると思います。

※というわけで、土日に3人収録しましたが、
編集に膨大な時間がかかるため、
できるだけ早く仕事を片づけてからの編集作業、アップとなります。
しばしお待ちください。

「れぉにゃのうた」の部分のみ先発でアップ!

https://www.youtube.com/watch?v=17R5pZ2ALjI

・これまでの「かさこでいいかも!」
https://www.youtube.com/playlist?list=PL4f1-1vKrr3ql31PVbWG7v2HKPPKqocGj

※ちなみにドキュメンタリー映画「シロウオ~原発立地を断念させた町」では、
Youtubeで見るものではなく映画として見るものなので、
相当話をカットはして編集しているものの「いいかも!」とは違って、
わざと間を残しておいたり、できるだけ効果音や音楽は入れないようにしている。

<映画シロウオ上映会>
11月29日(土)豊田市福祉センター(愛知県豊田市錦町1-1-1)

・午前の部:開場9:50 上映10:20~12:05 終了後、かさこ監督トーク
・午後の部:開場13:00 上映13:30~15:15 終了後、かさこ監督トーク
協力券=1000円 主催・映画「シロウオ」をみる会(大加幸子=090-7912-9152)

<お知らせ>
・「好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術」講義、11/21金に開催。
定員40名。現在約35名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=884

・かさこ塾5期生募集開始。20名限定。現在9名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布中。1万3500部印刷し残り500部!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・以前にマガジンを希望した方で、住所を変更している方は、お知らせいただければ幸いです。
年末に最新号をお送りいたします。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


# by kasakoblog | 2014-11-18 01:31 | 動画
2014年 11月 17日

一歩踏み出した人にだけ与えられるギフト~勉強熱心でインプットしているだけではダメ

「初めてワークショップをやってみた。
初めてのお客様は知り合いではなく、見知らぬ方。
一体、なぜ私のワークショップに申込を?
聞くと、ネットで『アーユルヴェーダ』で検索していたところ、
たまたま私のブログを発見し、興味を持ってくれて、
ワークショップをするということで申込してくれたんです」

アーユルヴェーダ案内人のくれはるさんは、
アーユルヴェーダをマニアックなものではなく、
一般の人に多く知ってほしいとの思いから、
かさこ塾に通い、アーユルヴェーダをテーマにしたブログを始めた。
ブログを始めたのは7月なのに、ブログ記事が検索にひっかかったことで、
11/15、16に開催された「かさこ塾祭り」の人生で初めての、
アーユルヴェーダのワークショップに集客につながったという。

「かさこ塾まつり、初日終了。90分のワークショップ二本、させて頂きました。
インプットも大事だけどアウトプット。
それもリアルの場に向けて、全身でアウトプットすることが、
こんなに自分に大切だったとは!
今日の事は、多分一生忘れない。」
(くれはるさんのフェイスブックの投稿)

やりたいことがあればやってみればいい。
好きなことを仕事にするにはブログで情報発信。
ブログで発信すれば検索に引っかかり、
興味を持ってくれた見ず知らずの人が、
ブログ読者になってくれたり、仕事の依頼をしてくれたりする。

でも大事なのはネットだけではダメ。ブログやSNSだけではダメ。
仕事にするにはリアルの場でも自分の活動PRをする必要がある。

かさこ流「好きを仕事にするセルフブランディング術11カ条」は、

1:好きをテーマにブログ作成
2:ユニークな肩書き
3:印象的なペンネーム(または実名)
4:強みのわかるプロフィール
5:SNSで拡散
6:ホームページ

7:個人名刺
8:無償で実績作り
9:オフ会、勉強会、講演開催
10:セルフマガジン作成
11:書籍出版

となっているのだが、1~6はネットでできること。
7~11はリアルの場でアピールすることだ。

ネットだけですることは比較的に容易にできる。
でもリアルの場で何かをするとなると、ハードルはぐっと高くなる。

かさこ塾祭りは共同展示&ワークショップとはいえ、
出展してワークショップを開催するのは勇気がいることだと思う。

「お客さんが来なかったらどうしよう?」とか、
「うまくいかなかったらどうしよう?」とか、
「まだ私には早いのではないか?」と。

でもそんなこと言っていたら一生できない。
どこかで覚悟を決めてリアルの場に出ていく。

意を決してかさこ塾祭りに出展し、
ワークショップをしたらお客さんがきた。
しかも7月から始めたブログのおかげ。
まさに、好きを仕事にするセルフブランディング術を実践し、
ネットとリアル両面でインプットしたことをアウトプットしたからだと思う。

まじめで勉強熱心なのはいいけど、ひたすらインプットしているだけでは、
誰の役にも立てないし、仕事にもならないし、
何より多くの人に知ってもらうことができない。
だからネットでもリアルでもアウトプットする。
自ら情報発信を行っていく。
それによって、徐々に人が集まってきて、
小さな積み重ねが少しずつ実績につながり、
やがて次第にどんどん大きくなっていく。

かさこ塾祭りでも「かさこさんのブログを読んで一度会ってみたい」
と来てくれた方がかなりいた。
ブログだけでなくリアルなイベントがあるからこそ、
人と人とがつながり、双方の関係が深まり、
一緒に何か活動をしようとか仕事をお願いしたいといったことにつながっていく。

だからネットだけでなくリアルなイベント開催が大事。
リアルなイベントはお金も時間もかかるし準備も大変だし、
やるのに勇気や覚悟が必要だけど、
アーユルヴェーダ案内人のくれはるさんのように、
一歩踏み出した人にだけ与えられるギフトが待っていることもある。

はじめから大成功することなんてない。
でもいつまでも準備期間のままインプットし続けても、
アウトプットしなければ何の意味もない。

ブログで継続して良質な情報発信をしたら、
リアルなイベントを開催してみるといい。
オフ会でも勉強会でも朝活でもワークショップでもお茶会でも何でもいい。
ネットからリアル、リアルからネット。
SNSでつながり、ブログで情報発信し、リアルでお会いする。
こうした循環を少しずつ作っていけば、好きが仕事になっていくと思う。

※ちなみにくれはるさんにはもう1つ新たな挑戦を。
塾祭りでスタッフのまかない20人分作るというミッションを!
とってもおいしかったので、ぜひ今度の塾祭りでは、
お客さんにも料理を出してほしいと思います!

・ココロとカラダは大事な相方 アーユルヴェーダ案内人・くれはるのブログ
http://kureharizm.exblog.jp/

<お知らせ>
・「好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術」講義、11/21金に開催。
定員40名。現在約30名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=884

・イベントに来れない方にはブログ術講義の再録DVDを販売中
http://kasakoblog.exblog.jp/20700792/

・かさこ塾5期生募集開始。20名限定。現在8名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布中。1万3500部印刷し残り500部!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・以前にマガジンを希望した方で、住所を変更している方は、お知らせいただければ幸いです。
年末に最新号をお送りいたします。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


# by kasakoblog | 2014-11-17 11:48 | セルフブランディング
2014年 11月 17日

かさこでいいかも3本収録!&かさこ塾祭り出展者ブログ一覧紹介!

土日2日間にわたって開催された「かさこ塾祭り」が終了しました。
多くのみなさまにご来場いただき、誠にありがとうございました。

私は「かさこいいかも!」3本収録しました。
編集に1本7~8時間かかるため、順次時間のある時に、
編集を終えたものからアップしていきたいと思います。

・おだしプロジェクト主宰・土岐山協子さん

紹介記事
http://kasakoblog.exblog.jp/22422478/

土岐山さんのブログ
http://ameblo.jp/toki718/

・マイ・ストレングス コンサルタント・伊奈葉子さん

紹介記事
http://kasakoblog.exblog.jp/22336553/

伊奈さんのブログ
http://ameblo.jp/fantasieimage/

・ネコの妖精れぉにゃの中の人

紹介記事
http://kasakoblog.exblog.jp/22373682/

れぉにゃのブログ
http://ameblo.jp/ice-cream-da---isuki/

<塾生出展者一覧>
これを機会に出展者のブログもチェックしていただけたら幸いです。

テレビ編集マンの癒し系フォトグラファーえびこのブログ
http://ebico.blog.jp/

くいしんぼうセラピスト・宮崎さとこさん
http://ameblo.jp/cinnamon-shokai/

アーユルヴェーダ案内人・くれはるのブログ
http://kureharizm.exblog.jp/

ネコの妖精れぉにゃ
http://ameblo.jp/ice-cream-da---isuki/

世田谷区羽根木にあるパリスタイルの小さなセレクトショップ「KOLME」
http://diary.kolme-tokyo.com/
お姉さま:フラワーデザイナーKazukoの花より団子deパリライフ
http://ameblo.jp/chocolat4649/entry-11951748068.html

山と旅と吃音と。
http://outdoorbackpaker.blogspot.jp/2014/11/blog-post_4.html

紅茶のひと・やすえさん
http://blog.livedoor.jp/lapsang1239/

カフェ好きデザイナー こだまあいさん
http://utatanecafe.gjgd.net/

自立サポーター葉月さん
http://photoene.jp/

ほっこりトラベルフォトライターはにわさんの旅写真
http://haniwap.com/category/blog

フォトグラファーふかつみちよさん
http://photo-fmichiyo.hatenablog.com/

「ひとり事務所」を提唱する佐藤良基(りょうき)のブログ【リョウキジ】
http://ryoki-blog.net/

Hirokiさん
http://hir0cky.net/

味噌がキライだったみそソムリエkeikoのブログ
http://ameblo.jp/misokeiko/entry-11952907771.html

花と緑のフォトライター 宮野真有の「植物時間」
http://miya-mayu.com/

今日は何の日?&ソーシャルカルチャー&癒しのオルゴールピアノ曲をお届け♪美鈴さん
http://emoecomusic.blog.fc2.com/

※受付

ニッポンの伝統芸能と工芸品を紹介するマリコのブログ
http://ameblo.jp/mari23-01/

今後も楽しいけどためになるイベントや講義を実施したいと思います。

<お知らせ>
・「好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術」講義、11/21金に開催。
定員40名。現在約30名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=884

・かさこ塾5期生募集開始。20名限定。現在8名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布中。1万3500部印刷し残り500部!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・以前にマガジンを希望した方で、住所を変更している方は、お知らせいただければ幸いです。
年末に最新号をお送りいたします。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


# by kasakoblog | 2014-11-17 02:49 | セルフブランディング
2014年 11月 16日

群れのは嫌いだけど、能力を持った個人が集まるとすごいことに!~フリーエージェントな社会

私は集団で物事をするのが好きではない。
なぜなら、もたれあい、なれあい、になるからだ。
また意思決定のスピードが落ちたり、
成果物のエッジがなくなってしまうことも懸念されるからだ。

特によくないのは、仲間うちの仲良しグループだけで固まり、
互いにほめ殺ししあい、互いに慰め合うことだ。
こんなのでは成長も発展もない。

この土日に「かさこ塾祭り」という新たなイベントを開催した。
好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術実践編=かさこ塾で学んだ、
塾生らによる共同展示&ワークショップだ。

これは私の主催ではない。
塾生の1人が確かフェイスブックで軽いノリで、
「かさこ塾で学んだことを共同で発表するイベントをしよう!」みたいな投稿があり、
私がすぐさま「それはぜひ実現してください!」みたいなコメントをすぐしたために、
もしかしたら「言ったからにはやりなさい!」的な、
プレッシャーをかけてしまったのかもしれないのだが、
「はい、やります!」といってほんとに開催することになった。

ただその時、大きな懸念だったのは、
仲間うちだけのなれあい自己満足イベントになってはいけない、
ということだった。

また私がイベントのお膳立てするのは塾生のためにはならないと思い、
場所選びもすべて塾生がやり、私は下見もせず、
一参加者としてイベント当日初めて現地に行った。
土曜日に初日が終わったが、とってもおもしろいイベントだった!
懸念だったなれあいイベントにもなっていないので安心した。

写真をやっている人が共同で写真展をするというのでもなく、
写真展示もあれば、名刺・印刷相談もあれば、
お花のワークショップやらアーユルヴェーダのワークショップもあれば、
紅茶の販売があったり、アロマオイルの販売があったりと、テーマはバラバラ。
17人のてんでばらばらな展示&ワークショップなのに、
逆にそれがいい効果となっていて、いろんな人が来てくれた。

単に私に会いたいという人が他の展示にも興味を持ってくれたり、
あるワークショップ目的の方が別の展示に興味を持ったり。
今までにない非常におもしろいイベントで、私自身もとっても楽しかった。
塾生と来場者がうまく融合していい感じになっていた。

今後の社会ってこんな風に、いろんな能力を持った個人が、
プロジェクトごとに集まり、共同して物事を進めていく感じになるのではないか。
フリーエージェントな社会。

塾生の1人は、それぞれ能力を持った個人が有機的に案件ごとにつながる、
「ひとり事務所」というのを提唱しているし、
塾生のある1人は、「かさこ塾がルイーダの酒場になればいい」と評した。

ルイーダの酒場とはゲーム「ドラゴンクエスト」で仲間を入れ替えるための酒場。
いろんな能力を持った仲間がいて、場面場面で最強の布陣を組み替えて戦いに臨む。
まさにこれも「フリーエージェント」な社会のあり方なんだと思う。

私が群れるのが嫌いなのは、能力がない人たちが、
能力がないことを傷のなめあいみたいになるから。
でも自立した個人、それぞれ能力のある個人が、
お互いの能力を引き立てあって集まるのは、
ただ「群れる」のとは違い、とってもいいなと思った。
組織って本来そうあるべきなんだと思う。

もちろん塾生だけと集まって何かをしたり、
塾生だけと仕事をするみたいなことにはするつもりはない。
塾生であるかないかに関係なく、
案件によってお互いに組めそうな人がいたら、
一緒に組んで仕事に取り組んでいく。

かさこ塾祭りが塾生だけでなく参加者ともつながり、
お互いの能力を持ちよりいつか一緒に仕事ができる、
「ルイーダの酒場」になればいいなと思っている。

日曜日はかさこ塾祭り2日目!
入場無料ですのでぜひお気軽にお越しください。

・11/16(日)11時~18時
※16~17時には塾生のライター宮野さんが、
私にインタビューするところを公開するインタビューショーもあります!

・場所:レンタルスペース・スリービー(東京都練馬区関町東1-21-18)
交通:西武新宿線「武蔵関駅」より徒歩10分または「上石神井駅」より徒歩15分
JR吉祥寺駅北口から西武バス(乗り場4番、5番、8番)に乗り10分。「吉祥寺通り入口」下車徒歩1分
・ホームページ http://aphronicca.wix.com/kasakofes

※「ひとり事務所」への想い
http://ryoki-blog.net/2014/08/entry2770.html

<お知らせ>
・「好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術」講義、11/21金に開催。
定員40名。現在約30名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=884

・かさこ塾5期生募集開始。20名限定。現在8名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布中。1万3500部印刷し残り500部!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・以前にマガジンを希望した方で、住所を変更している方は、お知らせいただければ幸いです。
年末に最新号をお送りいたします。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


# by kasakoblog | 2014-11-16 02:28 | 働き方
2014年 11月 16日

かさこ塾祭り最終日!


かさこ塾祭り1日目が終わりましたが、なんだかとっても楽しかった!!!
11/16(日)11時~18時まで、かさこ塾祭り最終日です!
どなたでも参加できます。入場無料です。
16~17時には塾生のライター宮野さんが、
私にインタビューするところを公開するインタビューショーもあります!
ぜひ多くの方のご来場をお待ちしております。

・場所:レンタルスペース・スリービー(東京都練馬区関町東1-21-18)
交通:西武新宿線「武蔵関駅」より徒歩10分または「上石神井駅」より徒歩15分
JR吉祥寺駅北口から西武バス(乗り場4番、5番、8番)に乗り10分。「吉祥寺通り入口」下車徒歩1分
・ホームページ http://aphronicca.wix.com/kasakofes

<お知らせ>
・「好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術」講義、11/21金に開催。
定員40名。現在約30名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=884

・かさこ塾5期生募集開始。20名限定。現在8名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布中。1万3500部印刷し残り500部!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・以前にマガジンを希望した方で、住所を変更している方は、お知らせいただければ幸いです。
年末に最新号をお送りいたします。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


# by kasakoblog | 2014-11-16 01:01 | お知らせ


< 前のページ      次のページ >