2015年 04月 19日

必要とされていることが愛されていることではない~恋愛依存症からの脱却

いつも恋愛にうまくいかない人がいる。
でも心のスキマを埋めるために、つい恋愛依存になってしまう。
心のスキマを埋める最も手っ取り早い方法が恋愛だからだ。
しかし自分をしっかり持っていないと、結局は依存した恋愛に振り回され、ボロボロになるだけ。

人生復活請負人ソフィアとの新番組「ソフィア&かさこの恋愛相談室」第二弾は、
「いつも彼氏に浮気されてしまうのはなぜ?」との相談に応えていますので、
ぜひ動画をご覧いただければと思います(5分程度でさくっと見れます)。

https://www.youtube.com/watch?v=pPjwMi8QG0Q

・・・動画を見るのが面倒という方のために文章で解説・・・

恋愛依存になってしまう人の特徴。
いつもパートナーに浮気されてしまう人の特徴。
それはズバリ「必要とされていることが愛されていることではない」。
番組内で指摘したこの言葉に尽きる。

つまり「君が必要だ」ということと、
「君を愛している」ということを同義と勘違いしてしまう。
必要なのは好きだからでもなんでもなく単に都合がいいからの可能性が高い。
でも自己評価が低く、恋愛以外に熱中できるものがなく、
仕事や趣味に満足感を持っていない人にとって、
必要とされることほどうれしいことはない。
だからほいほいその誘いにのってしまうのだが、相手にとっては好きなのではなく、
単に都合よく利用できるから必要としているに過ぎない。
こうして恋愛をしているようで、単なる使いっぱになってしまう。

しかもやっかいなことに、相手に必要とされるからついつい尽くしてしまう。
でも一方的に尽くせば尽くすほど、相手にとって都合のいいことはない。
こうして本当に愛しあう者同士の対等な関係ではなく、
尽くされるご主人様と一方的に尽くす奴隷という主従ができてしまう。

一度できた人との力関係を覆すことは容易なことではない。
主従ができてしまったら最後。
この恋愛において、ご主人様である相手はやりたい放題好き勝手し、
自分はそんな相手の行動をイヤだと思っても、嫌われてしまうかもしれない、
自分が必要とされなくなってしまうかもしれないと思い、
イヤだけど奴隷ポジションになってしまう。
尽くせば尽くすほど相手のわがままは増長し、
より奴隷的に尽くせばまたさらに相手は調子に乗るという悪循環になってしまうのだ。

そうならないためには、
1:必要とされているけど本当に相手は愛しているのか見極める
2:必要とされているだけでほいほい恋愛関係にならない
3:付き合うのなら一方的に尽くすのではなく対等な関係を
4:イヤなことがあるなら嫌われるのを覚悟でイヤとはっきりいう
5:イヤなことを伝えて相手が逆ギレするならそんな相手とはさっさと別れる
といったことがポイントだろう。

ただこういうタイプの人って抜け出せないのよね。
上記のようなことができない。
結局は自分に自信がないから、何でもすぐに奴隷になっちゃう。

自分に自信を持つには恋愛以外に熱中できるものを作ることだと思う。
仕事でも趣味でもいい。
自分が心から好きなことをやること。
そうすれば自分に軸ができる、楽しみができるから、
変な恋愛に依存しないで見分けができるようになると思う。
安易に恋愛に逃げず、自分の好きなことを続けて、自分の世界をしっかり持ってほしい。

※動画を見ていただけるとよりおもしろおかしく、でもじわっと伝わると思います!

https://www.youtube.com/watch?v=pPjwMi8QG0Q

<お知らせ>
・かさこ地方講義ツアー:現在開催決定一覧と予約状況
http://kasakoblog.exblog.jp/22966614/
※【重要なお知らせ】yahooメールで講義申込をしたみなさまへ
http://kasakoblog.exblog.jp/22962112/

・6/2よりかさこ塾7期生募集開始。定員20名、申込8名。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


# by kasakoblog | 2015-04-19 22:23 | 動画
2015年 04月 18日

ネットで情報発信して批判されるのが怖い?~ネットは誰が敵か味方を見分ける踏絵になる

今、みなさんはものすごい恵まれた時代に生きている。
ネットがあるからだ。
コネも金も実績もない人でも、ほとんどお金をかけることなく、
ネットで情報発信することで、集客、宣伝、顧客開拓など、
仕事につなげることができるからだ。

今まであったら大金なければできなかったことが、簡単にできる時代。
これ、すごいことですよ。
どれだけ恵まれた時代なことか!

しかしネットで情報発信しようというと、
始める前からリスクを考えてしまう人が多い。
「誰かから批判されたらどうしよう?」
「炎上したらどうしよう?」
「ママ友に見られたらどうしよう?」
「地元の人に見られたらどうしよう?」

他者の批判を恐れるあまり、
他人に気を使い過ぎ、何をいいたいかわからないぼやっとした内容になり、
読む側はつまらないと感じてしまい、
本人も書きたいことを書けないので苦痛だし、
結局、誰のためにもならないブログになってしまう。

だから、他人の批判なんか気にせず、
堂々と自分の意見を書けばいいんです。

もしかしたらそれを見て「友達」を失うかもしれない。
でも結局そういう人って、もとから友達でもなんでもなかったってことだと思う。

地域のしがらみなんかもそう。
「しがらみがあるから発信すると批判される」
でもそうやってみんなしがらみに縛られ、
思うようなことを言えず、上っ面だけ付き合い、
みんながみんなしがらみに疲弊するって囚人のジレンマそのもの。

誰も幸せになれない。
みんな「地域だから仕方がない」と思っている。
でもみんなイヤならイヤな付き合いなんてやめちゃえばいいのに。
みんなイヤなのにみんなやめられないと思っているから、
みんなイヤイヤ付き合っているという。

例えばブログを始めた。
それを見てリアルな人間関係の人が見て、
いちゃもんつけてきたり、陰口言ったりしてきたとする。
ならそんなやつと付き合わなければいい。
よかったじゃないか。
「こいつは私の味方じゃない!敵だ!」と、
ブログを書くことでわかったのだから。

ブログを書いたぐらいで壊れる人間関係なんて、
もとから仲のいい関係ではなかっただけに過ぎず、
もしくはもとから考え方の違う人だっただけに過ぎず、
ブログを書かなくてもきっと何かのことで批判し、
決裂する運命にある人間関係なんだと思う。

ただブログを書くことによって、お互いどう思っているか、
すぐに本性を暴けることになるのでこんないいことはない。
いわばブログは踏絵。
ブログを批判するような人は上っ面だけでの関係でしかなく、
何かあったら簡単に壊れる関係に過ぎない。
ブログを書いても「実は私もこう思っていたんです!」
という人がいれば、上っ面ではそんなに仲良くなかったのに、
実はこの人、私と気が合いそうとわかるじゃないか。

人生短い。
イヤな人と無理やり付き合っていても、そんなものはお互いにプラスにならない。
だからブログに本音を書いて踏絵を踏まさればいいわけだ。
本ねブログを書いても嫌いになるのかならないのかを。

そうやってみんながみんな本音を書けば、
みんなイヤだと思っている建前上の人間関係が少なくなり、
みんながみんな人間関係に悩まされなくて済む。

だから他人の目を気にし過ぎる必要はない。
本音でブログを書いたらいい。
上っ面だけの友達は減っても、真の友達が間違いなく増えると思うから。

<お知らせ>
・かさこ地方講義ツアー:現在開催決定一覧と予約状況
http://kasakoblog.exblog.jp/22966614/
※【重要なお知らせ】yahooメールで講義申込をしたみなさまへ
http://kasakoblog.exblog.jp/22962112/

・6/2よりかさこ塾7期生募集開始。定員20名、申込8名。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


# by kasakoblog | 2015-04-18 22:11 | セルフブランディング
2015年 04月 18日

かさこ地方講義ツアー:現在開催決定一覧と予約状況


東京のみで開催していた人気講義、
「好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術」の地方遠征ツアー。
下記、現時点での開催一覧です。
※4/18更新

・4/24(金)大分中津(13:00-15:00)
定員12名。満席

・4/25(土)福岡(14:30-16:30)
定員26名。満席。※キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/22820596/

・4/30(木)秋田(14:30-16:30)
定員10名。予約7名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22834287/

・5/15(金)名古屋(19:00-21:00)
定員30名、予約20名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22871317/

・5/17(日)福井(9:40-11:40)
定員18名、予約9名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22941142/

・5/30(土)静岡(9:40-11:40)
定員30名、予約4名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22946275/

・6/13(土)札幌(14:00-16:00)
定員18名、予約6名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22927575/

・6/28(日)取手(14:00-16:00)
定員20名、予約2名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22950780/

※7/10に北海道・網走で予定

※6/2より全4回のかさこ塾7期生募集開始(東京)
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

<開催済み地方講演>
2015/3/19:仙台※満員御礼
2015/3/22:郡山
2015/4/3:京都
2015/4/16:宇都宮※満員御礼
2015/4/18:大阪※満員御礼
2015/4/19:岡山

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

・かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


# by kasakoblog | 2015-04-18 22:04 | お知らせ
2015年 04月 17日

高校中退→調理人から社長に転身し豪遊も、金儲けに疑問を覚え、断食アドバイザーに!~田中裕規さん


人生うまくいかなと嘆いている暇があるなら、この人の半生を読め。
時給1500円にしろとわめいている暇があるなら、この人の半生を読め。
すごい、おもしろい、波乱万丈な人に出会った。
ファスティング(断食)マイスターとして3日から始められる断食を通じた、
食生活改善指導をしている田中裕規さん(35歳・1979年8月生)だ。

小さい頃から「ブタ」と呼ばれた太っちょで、
アレルギーから海やプールでも裸になりたくないほどの、
コンプレックスを抱えていたにもかかわらず、
断食に出会ってダイエットに成功し、自分に自信が持てるようになった田中さんなのだが、
今の仕事に就くまでに紆余曲折、様々な出来事があった。
一時は月300万~400万円使って豪遊した社長時代があったにもかかわらず、
なぜ断食アドバイザーになったのか、話を聞いた。
(取材日:2015年4月15日)

■1:オーナーシェフをめざすもなぜかIT企業に引き抜き!
田中さんは兵庫県の姫路で生まれ育った。
小学校1年生の時に母親が家を出て行き、
しつけの厳しい父親と2人のお姉さんの4人暮らし。
中学時代はほとんど学校に行かず、遊び歩いていたが、
父親は高校だけは行け!としつこく言われたので、
1年で辞めるつもりで、できるだけ学費の安い高校に進学。
1年間、高校に通っていた後、中退し、物づくりが好きだったので大工になることになった。

しかし高校を辞めて大工になった父親とはぶつかる日々。
父親から離れたいと考え、19歳で家を出て、あてもなく東京に出てきた。
友人の誘いからレストランのアルバイトをすることになり、
いつしか調理人として独立し、オーナーシェフとして店を持ちたいと思うようになった。
洋食、和食、焼肉店など、6~7年、様々な飲食店を渡り歩いた。

店を持つならウエイターも経験しておいた方がいいと、
ある飲食店でウエイターをしていた時のこと。
初めて来たこわそうなお客さんが突然声をかけてきた。

「おまえ、仕事、何やってるんだ!」
「ウエイターですけど・・・」
「おまえの将来の夢は何だ!」
「オーナーシェフとして店を持つことです」
「おまえなんかより腕のいいシェフはいっぱいいる。
シェフになるより腕のいいシェフを雇えばいいじゃないか!」
「は、はい・・・」
「よし、おまえ、うちで働け!」
「は?!」
「明日からうちに来て働け!」
といって連絡先をおいて去っていた。

なんだかあやしげなお客さんだが、このままオーナーシェフになることが、
いいことなのだろうかと悩みだした田中さんは、とりあえず事務所をのぞいてみることに。
行ってみると驚いた。
そこには30人ぐらい社員がおり、整然とパソコンが並べられていた。
ケータイコンテンツの運営などを行っているという。

「これからはITの時代だ!うちで働け!」

折しも時代はライブドアのホリエモンが登場し、
IT企業が注目を集めていた時代だった。
試しにやってみようと思い、IT企業に転職することになった。

■2:2年で会社を辞めて独立。約40人にスタッフを抱える会社に成長させる!
ケータイコンテンツ運営などの仕事をすることになり、特に不満もなく働いていた。
ただ転機は突然訪れた。会社に勤めて2年過ぎた頃。
結婚していた妻が妊娠しており、いよいよ出産かということで、
会社のオーナーの一人に連絡し、休みをもらった。

ところが。それに文句を言った人がいた。
レストランで田中さんを引き抜いたもう1人のオーナーだ。
「なんでオレに連絡はないのか!」といって怒り出したのだ。
そのオーナーとは度々衝突することもあった。
出産立ち会いについて文句を言われる筋合いはない。
そこで思わず言ってしまった。
「じゃあ会社辞めます」
独立する気もなかったのに、妻が出産してすぐに、会社を辞めることになった。

ただ田中さんには確信があった。
ケータイコンテンツ商売は今なら誰がやっても儲かる商売。
別に会社の社員としてやらなくても自分でやればいいと思い、同じ商売で独立することになった。

時代の流れにのって、バンバン仕事は拡大。
スタッフ約40人を雇うまでに成長し、毎晩、歌舞伎町のキャバクラで豪遊する生活。
月300万~400万円ぐらいは使っていたという。そのぐらい儲かる商売だった。

しかしある時、ふとこの仕事に疑問を抱いてしまった。
それは「パパの仕事って何?!」って娘に聞かれても、
まともに答えることができなかったのだ。

それは儲かる仕事だったがエンドユーザーを泣かせる仕事だったからだ。
ケータイでゲームをやらせた後、有料のアイテムをコンプリートさせるため、
未成年者などが大金を注ぎ込み、問題となったコンプガチャなどを扱っていたからだ。

また金を稼げば稼ぐほど、金に目がくらんだ人ばかりが寄ってきて、
トラブルもあったり騙されたりもした。
金は湧き出てくるがごとくいくらでも稼げる。
でもこれが幸せなのか。
娘にも言えない仕事をしていていいのだろうかと悩み始めていた。

■3:断食に出会ってデブも解消し心もデトックス
そんな時に、たまたま健康食品関連の仕事をしている人から、酵素ドリンクの話を聞いた。
一緒にビジネスをしようという話だった。
もともとブタとあだ名されるほどのデフで、
社長時代は毎晩のように飲み歩いていたので体重は増えるばかり。
酵素ドリンクを飲み、断食をしてダイエットすることに興味があり、自分で3日間やってみた。

するとどうだろう。
今までいろんなダイエット方法を試してダメだったがやせた。
減量して自分の外見コンプレックスが消え、自信を持てるようになっただけでなく、
断食している間、自分の人生を見つめ直すきっかけになり、ふとこう思ったのだ。

「もう会社辞めよう。手放しちゃえばいいんだ」

娘に言えないような仕事はしたくないなら辞めればいい。
会社を引き継ぐ人を見つけ、社長を辞めた。

そこでこう思った。
「これからは断食を通じて人の心や体を健康にする仕事にしよう」と。
いろいろな断食方法などを学び、プロフェッショナルファスティングマイスターなどの資格を取得し、
独自のメソッドを編み出し、2012年より、
ファスティング(断食)コンサルティングを仕事にすることにした。

ただはじめの1年はなかなか仕事的には厳しかった。
でもコンサルティングを受けた人が感激し、
口コミでお客さんがどんどん広がるようになり、
今では人気の断食コンサルタントになった。

また自分でも日々断食を実践。
体のコンプレックスを克服するため、筋トレなどに励み、
ボディービルディングの大会にまで出場することにもなった。
お客さんから断食アドバイスだけでなく、
筋トレ方法なども教えてほしいという声が増えたので、
錦糸町にスポーツジムをオープンすることにした。

コースは3日間からあり、田中さんから酵素ドリンクなどを送り、
断食を始める前に注意点などをアドバイスし、スタート。マンツーマンで指導していく。

田中さんいわく、このダイエット方法のいいところは、
1:すぐに効果が出ること。
2:断食が終わったら好きなものを食べてもいい。
3:断食は年に何回かやればいい。
といった点だという。

特に断食のいいところは、他のダイエットのように、
日常生活で毎日のようにあれも食べちゃダメ、
これも食べちゃダメという方法ではないことだ。
その時だけ制限すればいい。
田中さん自身、様々な食事制限するダイエット方法を試みたが、
あれもダメこれもダメだとなかなか続かない。
また他の人と食事をしている時に「私はこれは食べない」というのは、
場をしらけさせるし、目の前の食べ物を無駄にしてしまうし、
あまりいい方法ではないと感じたからだ。

ちなみに下記が田中さん自身の成果!
まさに「白ブタ」からの変身を遂げたのだ。

ただたまに断食やるだけで、何でも食べていいというのでは、
すぐリバウンドしてしまわないかと思うのだが、
断食をすると、食習慣が変わる人が多いという。

「あるお客さんは断食を終えた後、好物のジャンキーなものを食べようと思ったが、
胃が受け付けず、それから食べなくなったそうです」
断食をきっかけに今までの食習慣が見直されるきっかけにもなるからこそ、
ダイエットにつながるらしいのだ。

また田中さんがこの事業を始めた動機の一つに、
子どもたちの食生活を変えたいという思いがある。

「大人になったら別にいくら健康に悪いものを食べても構わない。
でも子どもたちはダメ。
なぜなら子どもたちは食事を自分で選ぶことができないのだから。
子どもたちにはちゃんとしたものを食べさせてほしい」

そのために子どもに食べ物を与える大人が食の知識を持つ必要がある。
断食はそのきっかけの一つになる。
あるお客さんは断食した後、
いかに自分が今まで健康に悪いものを食べていたかを知り、
自分が食べなくなっただけでなく、子どもにも食べ物をしっかり選ぶようになったという。

断食を通じて、多くの人を健康にしたい。自分がそうなったように。
そんな思いでこの仕事に力を入れている。

そしてもう1つ、断食でダイエットに成功することで、非常に大きな成果がある。
それは多くの人の人生が変わることだ。

「デブの人は外見にコンプレックスを持っており、自分に自信が持てない。
自分のことが好きになれない。
でもダイエットに成功して自分の体に自信が持てるようになると、
どんどん人生がよい方に好転していくんです」

自分が好きではない人の人生はうまくいかない。
自分に自信がない人の人生はうまくいかない。
ただそうした人に「意識を変えろ」「自信を持て」といっても、
そう簡単に治るものではない。

ただコンプレックスを持っているデブな体が変われば、自然に意識も変わっていける。
そう、田中さんもそうだったように。だから多くの人に断食を勧めている。

「それにしても不思議ですよね。昔、調理人をやっていた時は、
いっぱいいい料理を作ってお客さんに満足してもらうことが仕事だったのに、
今は「食べるな!」と料理を一切出さないことが仕事になるなんて。
しかも「食べるな」とアドバイスすることでお客さんから感謝されるのですから。
こんなにうれしい仕事はない」

月300万~400万円も使って毎晩のように、
キャバクラで豪遊するような生活はしなくなった。
ボロ儲けしていたケータイコンテンツ会社社長の時に比べれば、
収入はうんと減っただろうが、娘に誇れる仕事をしている。
そして何よりもお客さんを幸せにできる。

「人が作り出したお金を追い求めるのは自分から人の奴隷になってしまいます。
かつての仕事を辞め、お金への執着を捨てることで手に入れた自由があると思っています」

様々な経験をしてきた田中さんだからこそ、
金儲けありきのダイエットビジネスではなく、
理念ありきのビジネスをしているのだと思う。

田中式断食ダイエットがどんな効果があるのかは、
個々人によっても違うだろうし、私自身が体験してやっていないので、
なんともいえないけれど、田中さんの人生の変遷を見ると、
仕事の選び方や生き方・働き方のヒントになるのではないかと思う。

田中さんの半生を聞いて思うのは、
ラクして儲けたいと思っているうちは、仮に儲かったとしても、
人生幸せにはなれないのではないかということだ。
自分のためにやってきたことが人のためになるいい例であり、
子どもに誇れる商売かどうかも仕事選びのポイントではないかと私は思う。

・田中さんのことがよくわかる2分半の自己紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=Tf5mkmWWf0Y

・田中さんのホームページ
http://n-lab.co.jp/fasting/

・生き方・働き方インタビュー
http://www.kasako.com/life1.html

<お知らせ>
・かさこ地方講義ツアー:現在開催決定一覧と予約状況
http://kasakoblog.exblog.jp/22932159/
※【重要なお知らせ】yahooメールで講義申込をしたみなさまへ
http://kasakoblog.exblog.jp/22962112/

・6/2よりかさこ塾7期生募集開始。定員20名、申込8名。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


# by kasakoblog | 2015-04-17 23:33 | 生き方
2015年 04月 17日

これはすごい!巨大地下神殿!宇都宮の大谷石地下採掘場跡写真


大谷石の採掘場跡である巨大な地下空間が見学できる!
宇都宮の谷石地下採掘場跡写真です。


・公式ホームページ
http://www.oya909.co.jp/

・珍スポット写真目次
http://www.kasako.com/japanfototop.html

・写真貸出
http://www.kasako.com/fotorental.html

<お知らせ>
・かさこ地方講義ツアー:現在開催決定一覧と予約状況
http://kasakoblog.exblog.jp/22932159/
※【重要なお知らせ】yahooメールで講義申込をしたみなさまへ
http://kasakoblog.exblog.jp/22962112/

・6/2よりかさこ塾7期生募集開始。定員20名、申込8名。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


# by kasakoblog | 2015-04-17 20:12 | 【写真】国内
2015年 04月 17日

ファストフード時給1500円アピールの頭の悪さに絶句~だからおまえらに価値がない

なんかあまりにも痛いニュース。

ファストフード店などで働く人の賃金アップを求める世界的な取り組み
「ファストフード世界同時アクション」に合わせ、
東京・渋谷など24都道府県30都市で15日、
アルバイトの若者らが時給1500円の実現を訴えるアピール行動をした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00000072-mai-soci

単純な算数ができないこの頭の悪さ加減のアピールをすればするほど、
「おまえらに1500円の価値はない」とより賃上げが絶望的になるだろう。

なぜファストフードの時給が安いのか。
1:商品に高価格な価値がない
2:誰でもできる単純労働

1:商品に高価格な価値がない
時給を上げるには高価格で売れる商品がなければならない。
でもファストフードに高価格で売れる商品は基本的にない。
というかそんなものファストフードに消費者は求めていない。
奇しくもマクドナルドが今期131店舗を閉鎖し、
100人の希望退職を求めているニュースが報じられたが、
日本のマクドナルドが失敗したのは、
消費者が求めいていない、たいしておいしくもないのに、
高い値段をとろうと意味不明な高級バーガーを連発し、
セット価格も値上げしてしまったために、
「こんなくそまずいバーガーでも安くて長居でできるから利用していたのに、
値段高くするなら行かねえよばーか」と思われた結果ではなかったか。

時給上げろといっているバカどもは、
じゃあおまえら1000円でファストフードの食いもん買うのかよと、
胸に手を当てて考えてみたらいい。
そんな高い商品買うか?
1000円出してファストフードで食べるなら、もっとまともな店、行くんじゃないの?
高価格で売れなければ当然時給は上げられない。
当たり前の話だが当たり前のことがわかっていない。

2:誰でもできる単純労働
あとね、なぜ時給が安いか考えてみればいい。
誰でもできるからだ。
何の知識も経験もないバカでもできる仕事。
だから安い。当然の話だ。

私はマクドナルドで大学時代の4年間(1994年~1997年)アルバイトをしていた。
大学生ということで時給は690円スタート。
マネージャーになったけど時給は830円だった。
仕事はしんどかった。
でも思うわけです。
何の社会経験もなく、何の調理知識もなく、ただのバカな大学生がすぐに仕事ができて、
1年もすれば社員なしで店を任されるマネージャーになれちゃう。
つまり簡単な仕事なの。誰でもできる仕事なの。だから時給安いの。
時給上げろというなら今すぐファストフードを辞めて、別の仕事を探せって話だ。

ちなみに家庭教師のアルバイトをしていたこともあったが時給1500円。
ファストフードのようにバカでもできる仕事ではないから高い。当たり前の話だ。

ただ、私は時給830円でマクドナルドでマネージャーとして働いていたけど、
この時、いろんなことを仕事でさせてもらった経験は非常に貴重だった。
その後、正社員として仕事をする上でとても役に立った。
時給は安かったけど、受験勉強しかできない頭でっかちなバカ学生の私にとって、
時給830円でもバカ学生に貴重な経験を積ませてもらったことはとても感謝している。
そう思うと時給1500円欲しいなんてアホみたいなことはとてもいえない。
何の能力もない学生にこんなに仕事を任せてくれる仕事は他にないんじゃないか。

「時給は最低賃金より2円高いだけの890円で、とても生活できない。
希望の持てる賃金がほしい」
ってファストフードのアルバイトで生計たてようって発想が根本的に間違ってるから。
そんなもんで生計が立てられるわけがない。
学生や主婦が小遣い稼ぎする場であって、これで生活費を稼ごうなんて、
そんなアホみたいな発想がどこから出てくるのか信じられない。
その頭の悪さこそ、それが評価となって時給の低さになっているのだ。

なんでもかんでも企業が悪いと非難し、自分の能力を磨く努力をしないバカが、
社会正義のように騒ぎ立てるのは辞めて欲しい。

だいたいね、そのうちファストフードのような単純作業は、
ロボットに仕事を奪われ、時給1500円どころか、アルバイト募集すらされなくなるから。

今はそういう時代なの。
街角で騒いでいる暇があったら自分磨きをしてほしい。

でもほんと私にとってマクドナルドでのアルバイト経験は、
何もできなかった私のようなバカ学生に、
社会人になる前の社会経験訓練として貴重な場だったと思う。

時給を上げたいならファストフードを辞めろ。
時給を上げたいなら自分に知識や経験や技術を学べ。

※時給1500円にしろとわめいている暇があるなら、この人の半生を読め。
「高校中退→大工→調理人から会社社長に転身し豪遊生活も、
金儲け仕事に疑問を覚え、今は断食アドバイザーに!田中裕規さんインタビュー」
http://kasakoblog.exblog.jp/22964534/

<お知らせ>
・かさこ地方講義ツアー:現在開催決定一覧と予約状況
http://kasakoblog.exblog.jp/22932159/
※【重要なお知らせ】yahooメールで講義申込をしたみなさまへ
http://kasakoblog.exblog.jp/22962112/

・6/2よりかさこ塾7期生募集開始。定員20名、申込8名。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


# by kasakoblog | 2015-04-17 00:40 | 働き方
2015年 04月 16日

【重要なお知らせ】yahooメールで講義申込やマガジン希望をお送りくださったみなさまへ

yahooメールで送った方のメールがこちらに届いていない事案が多数発生しています。
講義の申込やマガジン希望のメールについては、私の方で必ず返信しています。
メールを送ったのに3日たっても返信がない場合、届いていない可能性があります。
特にyahooメールで送られた方のメールがこちらに届いていないケースがあります。

講義申込をしたのに返信がない。
マガジン希望をしたのに返信がない。
という方はツイッターまたはフェイスブックのメッセージ、
もしくはフリーメールを使うのであればGmailなどで、
確認のメールをお送りいただければ幸いです。

特に4/18大阪、4/25福岡は残席残りわずかのため、
前に送ったけど返信がないという方は、
大変恐れ入りますが、確認メッセージをyahooメール以外でお願いいたします。

またケータイメアドで送られた方でPCメールの受信拒否をされている方は、
こちらのメールを受領できるようにしていただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

かさこ

<お知らせ>
・かさこ地方講義ツアー:現在開催決定一覧と予約状況
http://kasakoblog.exblog.jp/22932159/

・6/2よりかさこ塾7期生募集開始。定員20名、申込8名。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


# by kasakoblog | 2015-04-16 23:46 | お知らせ
2015年 04月 16日

自分のためだけにしてきたことが他人のためになり仕事にもなる~やりがいのある仕事を見つけるヒント

今まで自分のためだけにお金や時間を費やしてきたこと。
それは他人のためにもなり、お金をもらえる仕事になるかもしれない。
この当たり前の事実に気づいていない人が意外と多い。

なぜ?
そんなもん、仕事になるわけないじゃん。
だって自分のためだけにやってきたことだよ。
と思うかもしれないけど、それは大きな間違いだ。
それは他人のためにもなり、お金をもらえる仕事になる可能性が非常に高い。

例えばダイエットをしたいと思って、いろいろな方法を試したけど、
まったくダメで、でもいろんな方法を組み合わせてみたら、
ダイエットに成功したという人がいたとしよう。
そしたらその情報には価値がある。すなわちお金=仕事になる可能性がある。
なぜならダイエットに悩んでいる人がいっぱいいるからだ。

例えばカメラが趣味で、でもまったくの初心者で、
いろんなカメラの本を読んだり、ネットで調べたり、
写真教室に通ったりして、プロのレベルには程遠いけど、
そこそこ写真を撮れるようになり、カメラのことがわかったとしよう。
自分の趣味として膨大なお金と時間を費やしてきたわけだけど、
そのノウハウはこれから写真を始めるカメラ初心者の人にとっては価値がある。
だからお金=仕事になる可能性が高い。

自分のためだけにやってきたこと。
特に苦労していろいろ調べたりトライしたこと。
その紆余曲折のプロセスには価値がある。
なぜなら今から同じことを始めようという人にとっては、
その情報を知らなければ、同じ所でつまずき、同じ所で悩んでしまうからだ。

自分がこれまで悩み、苦しんできたこと。
でも試行錯誤を繰り返し、解決方法を見つけられたのなら、
同じように悩み、苦しんでいる人を救えるかもしれない。
これは生きがい、やりがいのある仕事になる。
だって自分と同じ苦しみを持った人を救うことができるなんてこんな素晴らしい仕事はない。
しかも自分もそのことに苦しんでたのであれば、実体験者としての説得力がある。
そうやって自分の経験を活かして他人の悩みを解決したり、
社会の問題を解決すれば、それは十分仕事になる。

私もそう。
「好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術」講義を地方各地で開催したり、
全4回実践編のかさこ塾を開催しているのは、
サラ金社員から足を洗い、文章を書いたり写真を撮ったりする仕事がしたいと思い、
コネも経験も金もないのにどうやったらいいか悩み苦しんだ中で、
15年前からネットを中心に発信してきたことで、
今は好きなことが仕事になったその経験をもとに、
他の成功事例を本や取材を通して調べたことを、
みなさんにも共有したいとの思いで始めたことだ。
私もそれが仕事になるとは夢にも思わなかったが、
人から求められれ、じゃあやってみようかと思ったら、
自分が思う以上にニーズがあり、求めている人がいて、仕事になったという経緯がある。

だからぜひみなさんも、今まで自分のためだけにやってきたことを、
他人のために伝えていったらいいと思う。
きっとそれは人から感謝されるやりがいのある仕事になると思うから。

<お知らせ>
・かさこ地方講義ツアー:現在開催決定一覧と予約状況
http://kasakoblog.exblog.jp/22932159/

・6/2よりかさこ塾7期生募集開始。定員20名、申込8名。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


# by kasakoblog | 2015-04-16 02:14 | 働き方
2015年 04月 14日

100点をめざすから0点しかとれない

人生いつまでたってもうまくいかない人の特徴は完璧主義にある。
完璧を求めるあまり何もできないまま人生終わってしまう。

例えば、ブログを始めた方がいいと言われた場合、
「どうせやるなら完璧な形でやりたい」と思うと、すぐに始められない。
少しでも気に入らないところがあれば公開しない。
どうせやるなら文章がうまくなってからにしようとか、
写真がうまくなってからにしようなんていって、いつまでたっても勉強し続けている。
結果、いつまでたってもブログはアップできず、完璧にやるつもりが0点で終わってしまう。

人生には時間の限りがある。
また人生に一生完璧なんて訪れない。
だから100点めざして0点になってしまうような、
愚かな完璧主義なんてすぐやめて、60点でもいいから、
とりあえずやってみることがどんなことでも重要だ。

やってみて例えば60点のできだったとするなら、
やりながら1点1点アップしていけばよい。
そもそも完璧な答案を出すためにいつまでも一人で練習していても、
本番をまったく経験していないから、何ができて何ができないのかすらわからない。
自分ではできないと思っていたことが、
他人から見たらそれで十分だということもあるかもしれないし、
自分では完璧だと思っていたのに、いざ本番にのぞんだら、
ここが足りないと気づくこともあるだろう。

だからバカみたいに頭でっかちに一人こしこし勉強してるんじゃなく、
多少の恥や失敗を覚悟で、行動し、やってみることが重要なのだ。

私も完璧主義のワナにはまってしまい、ブログ記事が書けなくなる時がある。
よくあるのは書評。
超おもしろかった本に出会うと、
「単なる書評じゃなく、がっつりしっかり紹介文を書こう!」
なんて思うと途端に書けなくなる。
まず、気合いの入った記事を書くから何もないまとまった時間をとろう、
なんて思うと、まとまった時間がいつまでたってもとれず、書けない。
また、ちょっと空いたスキマ時間に少しでも書いておこう、
と思ったりするのだが「いや、手元に本がないから、
家に帰って本を見ながら書くべきだ」なんて思うと、また書けなくなる。
結果、いつまでたっても記事が書けず、
時間がどんどん過ぎてしまい、結局書けずじまいで終わってしまうのだ。
まさに100点をめざして0点になってしまうダメダメの一例だ。

だから完璧にやろうなんて思わず、とりあえずでいいからやってみる。
文章だったら下書きのつもりで書いてみる。
写真だったら練習のつもりで撮ってみる。
そこではじめて自分に何ができて何が足りない方がわかり、
さらなる成長につなげることができる。
何より仮に60点だったとしても一度アウトプットをすれば、
0点になることはないわけで、60点で満足してくれる人もいるかもしれない。

完璧主義な人のダメなところは締め切りを決めないことも要因。
締め切りがないから、いつまでも100点にこだわる。
99点だったとしても締め切りがないから、
あとの1点をアップさせるために膨大な時間を費やしてしまう。

だから自分であらゆることに締め切りをつけること。
いつまでにやろう。いつまでにアウトプットしよう。
そうすれば、100点めざしていつまでも0点の無限ループから抜け出すことができる。

人生なんてそう長くない。
いつまでも人生続くと勘違いしているから、
先延ばしにしたり、100点じゃないからと言い訳したりして、
結局何もできないまま終わってしまうのだ。

人生やるかやらないかただそれだけ。
やるなら60点でいいからとりあえず答案用紙を出せ。
まずは人生そこからだと私は思う。

<今週の地方講義>
・4/16(木)宇都宮(15:00-17:00)残席1名!
http://kasakoblog.exblog.jp/22825084/

・4/18(土)大阪(14:30-16:30)残席6名!
http://kasakoblog.exblog.jp/22820592/

・4/19(日)岡山(9:30-11:30)残席5名!
http://kasakoblog.exblog.jp/22832966/

・かさこ地方講義ツアー:現在開催決定一覧と予約状況
http://kasakoblog.exblog.jp/22932159/

・6/2よりかさこ塾7期生募集開始。定員20名、申込8名。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


# by kasakoblog | 2015-04-14 22:27 | 生き方
2015年 04月 13日

恋愛とは生き方そのもの~恋愛の悩みから生き方を見つめ直すきっかけに

恋愛ってその人の生き方・考え方を露骨に投影するものだと思う。
恋愛がうまくいっている人はたいがい人生もうまくいっている。
恋愛にいつも悩んでいる人はたいがい人生うまくいっていない。
逆に恋愛依存で恋愛に逃げてしまう人もいる。

そこで!
みなさんの恋愛の悩みを相談する新番組「ソフィア&かさこの恋愛相談室」スタート!

これまで自身が壮絶な人生経験を持ち、そうした経験を活かして、
数千人に様々な悩み相談にのってきた人生復活請負人のソフィアさんとともに、
ソフィアさんや私に寄せられた恋愛相談を、
単純明快、できるだけ端的に、短時間でわかりやすく解説します!

第一回は「元カレが忘れられず、うまく恋愛ができない」というお悩みです。

https://www.youtube.com/watch?v=Ss_MONojoPc

4分半と短めの動画ですのでぜひご覧ください!

<動画解説>
※動画の内容のネタバレ含みますので、
動画を見てから読んでいただければ。
動画を見れない方はこの解説文でお楽しみにいただければ。

悩み:元カレが忘れられず、うまく恋愛ができない

ついつい前の恋人と比較してしまうのは、男性でも女性でもあること。
ただ前の恋人と比較ばかりしていると、
どうやってもいい未来には進めないわけです。

ただなぜ前の恋人がいいと思ってしまうのか。
1つは美化している可能性があること。
過去の思い出って悪いことはどんどん忘れていき、
いいことばかり記憶する都合のよいような作られ方の気がする。
実際には過去にもイヤなことやつらいこともあったはずなのに、
過去になった途端、美しいものになってしまう。
でも現在進行形の恋愛はうまくいかないことが気になってしまい、
ついつい「昔がよかった」といってしまいがち。
ある種の老害状態だ。
美化バイアスがかかっていることを差し引くと、
意外と前の恋人がすごいよかったということにはならないかもしれない。

ただもう1つ、私が勝手に仮説として考えたのが「恋愛劣化説」。
恋人の「ランク」は回数を重ねるごとに前より劣化するのではないか、
というものだ。
これについてソフィアさんがすごく的確な解説をしてくれた。
それは、1つは、前の恋愛に失敗して自信がなくなっているから、
さみしさを紛らわすために誰でもいいと適当に相手を選んでしまうから。
確かにそれは可能性として高い。

もう1つは、自分磨きをしないから。
恋愛とは鏡であり、自分と「同等のレベル」の人しか付き合えない。
自分を磨かないで前よりいい恋人を見つけようなんて、
そんな虫のいい話があるわけがないとソフィアさんは指摘しているが、
なるほど、その通りだと思う。

自分の心がすさんでいれば、すさんだ人を恋人にしてしまう。
自分が輝いていれば、輝いている人を恋人にできる。
ダメ男ばかり恋人にする女性は、ダメ男をわざわざ選ぶことで、
自信のない自分自身の心を満たそうとする。
自分に自信がない人は自暴自棄な恋愛になりやすい。

付き合う人ってすべては自分の写し鏡になっている。
だから恋愛がうまくいかないのは自分がダメだからなんだと思う。
コンプレックスなのかトラウマなのか自意識過剰なのか自信のなさなのか、
人間不信なのかはわからないけど、自分の意識を投影した恋人を選んでしまう。

だからこそ恋愛の悩みを聞くと、
単に今付き合っている恋人とうまくいくいかないだけでなく、
その人自身のダメなところや生き方・考え方の問題もわかってくる。
恋愛という見えやすい悩みを糸口に自分を見つめ直せば、
逆に恋愛だけでなく人生うまくいくかもしれない。

まあ番組ではどんなに堅苦しくなく説教じみた話ではなく、
笑いながら見れる番組になっていると思いますので、
よかったら動画をまだ見ていない人は見ていただければ。
https://www.youtube.com/watch?v=Ss_MONojoPc

10話分ぐらい収録してあるので、また随時アップしていきたいと思います!

・かさこYoutubeチャンネル※お気軽にチャンネル登録どうぞ
https://www.youtube.com/kasakotaka

<お知らせ>
・6/2よりかさこ塾7期生募集開始。定員20名、申込6名。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・かさこ地方講義ツアー:現在開催決定一覧と予約状況
http://kasakoblog.exblog.jp/22932159/

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


# by kasakoblog | 2015-04-13 20:01 | 動画