2009年 04月 19日
水曜どうでしょうDVD第11弾見ました!
北海道発・超おもしろバラエティ番組、
「水曜どうでしょう」のDVD第11弾が発売され、
早速見ましたが、むちゃくちゃおもしろい!

3作品入ってますが、今から10年前のテレビですよ。
それがおもしろいっていうのがまたすごい。

収録されているのは
①桜前線捕獲大作戦(2夜)
1998.5.6、5.27放送
②十勝(とかち)二十番勝負(3夜)
1998.6.3、6.10、6.17放送
③サイコロの旅5~キング・オブ・深夜バス(3夜)
1998.6.24~7.22放送

(ここからネタバレ注意)

桜前線捕獲大作戦は1.5夜分しかなく、
まあそんなにおもしろくはないんだけど、
ラジオ収録中にヤスケンと大泉洋を拉致するところが、
これまた最高におもしろい!

大泉洋だけでなくヤスケンがとばっちりの初拉致で、
拉致に慣れた大泉とは対照的な、
初々しいヤスケンの表情が、
ヤスケンファンにはたまらない貴重映像です。

拉致から十勝二十番勝負が始まるんだけど、
これは水どうの中でも最高傑作の1つに入るんじゃないか。
カントリーサインの短い番ながらも、
十勝限定にしたおかげで、
ぽんぽん進むのがおもしろい。
さらに安田顕ことONちゃんが登場し、
4人のゴールデンカルテットに、
1つアクセントをつけているのがまたいい。

十勝二十番勝負はもう、
ずっと見ながら大爆笑してました。
いや~これは必見ですね!

そして最後はサイコロの旅5~キング・オブ・深夜バス。
移動回数は少ないものの、
定番的おもしろさの安心感はあります。
テレビで一度見てるはずなんだけど、
何の目が出るのかハラハラしながら、
思わず見入ってしまう。

それにしても東京ー博多の深夜バスに、
2度も乗ってしまうことになるとか、
フェリー12時間で奄美大島とか、
朝8時過ぎから特急列車の個室で酒飲むところとか、
ほんとおもしろすぎ!

そしてなんといっても大爆笑は、
電車内でのしろくま対決で、
ミスターが吐いてしまうところ。
あの場面は心の底から笑ってしまいます。

何度見てもおもしろい水曜どうでしょう見ると、
なんだかとっても元気が出ます。
一説には笑いが多いと元気になるとか。
笑いって実は楽しく毎日を生きていくために、
欠かすことができない重要な要素ではないかと思います。

またもうこの頃になると洋ちゃんは、
すっかり番組の中でもはまり役になっていて、
初期の初々しさや拙さもないので、
初めて水どう見る方でも楽しめるのではないかと思います。

それにしてもこの当時、安田顕さんは、
バイト生活しながら芸能活動をしていたという。
今や映画やテレビなどに出る活躍ぶり。
大泉洋さんが成功を収めているのもうれしいですが、
ヤスケンさんが成功しているのも、
ほんとうれしいです。

なんせ私の海外子供写真集が使われた、
映画「たとえ世界が終わっても」で、
カメラマン役をやっているのも、
ヤスケンさんなのでとても親近感があります。

ぜひまだ水曜どうでしょう見ていない方は、
テレビの再放送を見ることをおすすめします。

水曜どうでしょうコーナー
http://www.kasako.com/sakuhin.files/suiyou.html

水曜どうでしょう公式サイト
http://www.htb.co.jp/suidou/index.html

映画「たとえ世界が終わっても」


※DVD11弾のシークレット映像の出し方
・鈴井貴之さん副音声収録風景
ディスク2の「特典映像メニュー画面」で
「サイコロ5」のサイコロの目の合計である『29』を入力。

・大泉洋さん副音声収録風景
ディスク2の「特典映像メニュー画面」2番めの『モノマネ集』にカーソル。
そこで「←」を押すと大泉さんの顔が。
次に「→」を押すと大泉さんの顔が右に移動。
さらに「→」「→」「→」と押すと大泉さんの顔が濃く変化。
ここで「↓」を押し決定。

・安田顕さん副音声収録風景
ディスク1「十勝二十番勝負」メニュー画面を表示。
副音声を「ON」にして「第二夜」にカーソル。
そこで「→」を押すと「onちゃん」が現れる。
続けて「→」を押すと十勝地方の地図に星が表示。
ここで訪れた市町村の順番に「↓」「↑」「↓」「↓」「↑」
「↑」「→」「↑」「↓」「↑」と押し、
安田さんの顔が現われたら決定!

by kasakoblog | 2009-04-19 20:16 | 書評・映画評


<< 使えない新人は教育が悪い      7年に1度だけ見れる観光戦略 >>