2009年 04月 26日
香取慎吾の謝罪の怪
草なぎ逮捕の件でスマップ香取慎吾が生放送の番組で、
「草ばぎ剛が、今回してしまったことは、
社会人として、社会人として、大人として、
絶対に許されることではありません。」
と謝罪したが、
本当に絶対に許されないことなのか?
この件について多くの国民が、
「絶対に許されないこと」とは思っていないはずだ。

絶対に許されないというなら、
SMAP稲垣吾郎が起こした事件の方がかなり悪質なはずだ。
そもそも本当に絶対に許されないと思うなら、
「みなさんが許していただけるのでならば、
SMAPに一日でも早く、つよぽんが戻ってくることを願っています。」
と締めるのもどうかと思うし。

メンバーとして親友として謝罪したいという、
香取慎吾の気持ちもわからなくはないが、
こういう発言を聞くと、
かえって逆効果というか、
なんか便乗して同情論をかきたてようと、
思われなくもない。

また「涙」の謝罪というのも絶対によくない。
草なぎ君の謝罪会見が素晴らしかったのは、
涙を流さなかったことだ。
悪いことした奴が謝罪で涙を流した途端、
「おまえが泣くな。泣きたいのは被害者だろ」
と突っ込まれかねないし、
涙を流すと、
「そんなに悪いことしてないのに、
俺ってかわいそう」ととられかねない。

草なぎ君が立派に謝罪会見したわけだし、
世論の多くは草なぎ君に同情的なんだから、
それで一件落着すればいいものを、
香取慎吾の涙の謝罪とかはほんと余計で、
かえって逆効果になりかねないと私は思う。

挙句の果てに、地デジキャラの後釜に、
無償でシンゴがその役を買ってでるなんていう、
いかにもありそうな美談仕立ての、
SMAP人気回復政策はほんと勘弁願いたい。

草なぎ君のやったことはたいしたことじゃない。
それを安易に「絶対に許されない」と発言するのは、
バカ鳩山大臣の「最低の人間」発言と、同レベルではないか?

結局、香取慎吾のは「謝罪」会見ではなく、
単なるお友達を擁護し、許して欲しいと訴える、
哀願会見だったに過ぎない。
それをもし香取慎吾が、
「謝罪会見」だと思っているのなら大間違いもいいところだろう。

*香取慎吾の謝罪動画
http://www.youtube.com/watch?v=2DdQCvne_vY


by kasakoblog | 2009-04-26 12:02 | 一般


<< ほめ言葉が人を伸ばす      豚インフルに思う、旅行は直前予... >>