2009年 05月 26日
生きてるって感じ~アジアの路地裏
e0171573_23185888.jpg

e0171573_2318821.jpg
e0171573_23183936.jpg

アジアの路地裏をさまよい歩いていると、
なぜかとっても生きてるって感じがする・・・。

旅行者が集まるタメル地区から、
観光名所のダルバール広場までの間にある旧市街。
カトマンズの旧市街を歩くだけで、
どんな観光名所を見るより、ワクワクする。

カトマンズの旧市街は、住居と市場と寺院とが、
ぐちょぐちょに合わさっている。
そんな場所をあてもなく歩くと、まず間違いなく迷う。
でもそれが楽しい。

何度も何度も旧市街を歩いた。
すると自分の中に地図ができあがり、
迷ってもなんとかく居場所がわかるようになり、
いくつかのチョーク(交差点)が目印となる。

ぜひカトマンズに行ったら、旧市街を歩いてみよう。
こんな空間を歩いている自分が、
とっても不思議な感覚になり、そして次第に慣れ、
心がどんどん軽くなり、そして楽しくなる。

活気にあふれたアジアの路地裏こそ、
刺激を受ける最高の世界遺産だと私は思う。

カトマンズ路地裏写真
http://www.kasako.com/09katomanfoto1.html


by kasakoblog | 2009-05-26 23:19 | 【写真】海外


<< ミスチル神戸公演実施!      日本も核実験すると言えばいい >>