2009年 06月 26日
店がなくなる?!ネット通販急増!!
今日の日経新聞を見て驚いた。
ネット通販が急成長し、
コンビニ、百貨店並みの規模になりつつあるという。
コンビニは8兆円、百貨店は7兆円、
ネット通販は前年度比22%増で6兆円の売上高となったという。
ネット以外の通販も含めると8兆円規模になり、
コンビニ、百貨店の売上を抜いたという。

最近、ネットスーパーがむちゃくちゃ進化しているらしい。
なんと、お寿司1貫単位とかでも注文できるというのだ。
店で買い物するのとほとんど変わらない買い方ができる。
重い想いして、時間をかけて、
買い物に行くのがバカらしくなりそうだ。

書籍はご存知、アマゾンが、
リアル書店の売上を抜き去った。

銀行もネット銀行が出てきて、
預金利息が高かったり、
簡単にネットから振込みなどができて、
銀行そのものに行く必要性がうんと減った。

広告費でもネット広告が急増している。
ラジオを抜き、雑誌を抜き、
新聞の広告費を抜くところまで迫っている。
ラジオ、雑誌、新聞、テレビが、
毎年広告費を減らしていながら、
ネット広告だけは毎年急成長を遂げている。

すべてがネットになることはもちろん不可能だし、
リアル店舗が必要な場合ももちろんある。
でも思う。
ネットでできることはネットでしようよ。
だってその方が店も消費者も便利じゃん。

不景気低成長と騒いでいるけど、
ネット関連のこうした売上だけは、
逆風のなか増え続けている。
安い、便利、時間がかからない。

ネットを利用して浮いた時間や労力やお金を、
他のことに使えば、より有意義な時間を過ごせるはず。

ネットが万能とは思わないけど、
ネットは我々の生活に革命をもたらす、
ものすごい技術だと思う。

ネットスーパーなんて10年前は、
想像すらできなかった。
10年後は店舗型スーパーはなくなり、
みんなネットスーパーで買い物することが、
当たり前になっているかもしれない。

そういう生活スタイルの激変をもたらす革命が、
今ひたひたと迫ってきている。

ほんとすごい時代になった。
とても恵まれた時代に生きていると思う。

もちろんネットによるデメリットもあるけど、
メリットの方がはるかに大きいと私は思う。

古い価値観に捉われず、
時と場合に応じてネットを賢く使いこなせば、
限られた時間を大幅に増やすことができるのではないか。

今後ももっともっと便利なネットサービスが
出てくることを、期待したい。


by kasakoblog | 2009-06-26 22:38 | ネット


<< Worlds end      猫写真in鹿児島 >>