好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 08月 08日

不景気なのに夏休みが少ない?

ある調査によると夏休み取得期間は、
1位:5日間 24.9%
2位:3日間 24.3%
3位:4日間 20%
で、長期休暇がとれないところが少ないという。

「5日間もとれればいいじゃないか!」
と思うかもしれないが、なんとこの日数、土日も含んでいる。
土日を抜いた純粋な夏休みとして会社を休めるのは
1位:3日間
2位:1日間
3位:2日間
となり、約7割が3日以下しか休みがないことになる。

世の中不景気で、仕事もなく減益で大変だ、
というわりに、休みが増えないっておかしくないか。
ようは人件費ばんばん削って、人もリストラし、
残った少数社員を酷使することによって、
この不景気を乗り切ろうとする、
日本企業のありようがわかる。

有給休暇の取得率は世界最低水準の日本。
働くも地獄、働けないのも地獄という、地獄の二極化。

ちなみに私が毎年この時期に取材している、
外資系金融機関の一部では、
2週間は強制的に休みをとらなければならないという。

まあ欧米みたいに2週間とか1ヵ月とか休みがあっても、
無趣味で仕事しか能がないという人が多い日本人は、
きっと暇をもてあまして、
長期休暇でも会社に出てきてしまったり、
なんて人が出てきそうだけど、
最低でも1週間(5日間)ぐらいは夏休みとらせて、
リフレッシュさせた方が、
会社にとっても個人にとっても社会にとってもいいんじゃないか。
ましてや不景気なんだから、
仕事が忙しいわけでもあるまいし。

ワークライフバランスなんてかっちょい言葉が、
ここ数年、メディアでよく聞かれるけど、
夏休みの少なさを見るに、
明らかに仕事過多な社会構造になっていると私は思う。

だいたい日本では、仕事ができない人間ほど、
休みをとらないし、休みをとらせたがらない。
休まないこと=仕事ができると勘違いをしているのだ。

はっきりいって休めないというのは、
仕事ができない証拠ではないか。
休んでしまうと自分の存在価値が
なくなってしまうという恐さから仕事が休めない。
仕事以外にやることがない。
仕事のやりくりができない。
仕事を任せられる後輩や同僚がいない・・・。

働きすぎることを美徳とする価値観を、
そろそろ考え直した方がいい。

※ただしこの調査は516人の回答のみなので、
やや調査数としては少なく、
回答が偏っている可能性は否めないが。

有給休暇取得は日本最低
http://kasakoblog.exblog.jp/9705299/


by kasakoblog | 2009-08-08 21:56 | 一般


<< マニフェストはわからない      肉がないからアワビカレー! >>