好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 09月 11日

角切りステーキがあぶない?

なぜか角切りステーキの食中毒事件が相次いでいる。
先日、ペッパーランチで角切りステーキを食べた客が、
相次いで食中毒を訴えた。

このニュースを聞いた時は、
過去に店長が客を強姦するという、
とんでもない事件を起こしたペッパーランチの、
ずさんな料理法によるものと思っていたのだが、
今度はステーキのどんでも、ペッパーランチと同じく、
角切りステーキで病原性大腸菌O157を原因とする
食中毒事件が起きていたことがわかった。

それにしてもO157なんてとっても懐かしい単語。
一時期、今の新型インフルのごとく、
連日のように騒がれていた言葉。
1996年、大阪の学校給食で集団感染事件が起き、
大騒ぎとなった。

そういえばこの時、原因はカイワレ大根だと言われ、
カイワレ大根が悪者視され風評被害を招いたことが、
とても印象に残っている。
ちなみにカイワレを悪者にしたのは厚生労働省だ。

それにしてもこの手の事件って、
忘れた頃に何度も繰り返しているような気がする。
そういえばさんざん騒いだ中国毒ギョーザの原因は何だったのか。
一時、大騒ぎになった食品偽装や産地偽装も未だにわんさかあり、
今年の食品偽装摘発件数は、半年で昨年の件数を超えたという。

食と病気の因果関係の正しい知識がないまま、
狂牛病と騒がれれば、牛丼が敬遠され、
豚インフルだと騒がれれば、豚メニューが敬遠され、
騒がれなくなった途端、
みんな今までの出来事が嘘だったかのように、
平然と食べるようになり、
また何年か周期で病気が騒がれ問題になるという繰り返し・・・。

食の安全って生命にかかわることだから、
きちんと正確な原因を分析し、
再発防止を徹底し、
ずさんな業者は厳罰に処さないと、
いつまでたってもこんな事件が起きてしまうのかなと思う。

それにしても相次いで角切りステーキとは・・・。
加熱不十分が原因なのだろうけど、
ペッパーランチだけでなく、
ステーキのどんでも起きていたというのは、
すごく意外なニュースだった。


by kasakoblog | 2009-09-11 01:17 | 一般


<< 忘れてはならない911      先送りすることの恐ろしさ >>