好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 10月 30日

熱中夜話一人旅に出演しました!

e0171573_23353866.jpg
思ったよりテレビに出てました!

NHKBS熱中夜話・一人旅・前編(海外編)。
どれだけ自分が出るか、家ではBS見れないので、
ネットカフェに行って見ましたが、 コメント2回登場し、
旅中の私の顔写真も何度か出て、 かなり露出してました!

e0171573_2335593.jpg

「海外で目からウロコの体験」では、
ウズベキスタンでの深夜バスでの思い出の話。

e0171573_23361613.jpg

「インドの魅力」については、
商店街中の人たちを写真撮影することになった話。

その他、挿入されていた写真には、
私の顔写真(ミクシィに載せているもの)と、
中国でチャリと一緒に写っている写真も載りました。

これからもメディアに出て、
活躍の場を広げていきたいと思います。

来週も出る予定です。
今週のように目立った露出はないと思いますが、
もしかしたらちょろっと紹介されるかもしれません。

11/6(金)20:00~20:44
NHK BS2「BS熱中夜話」一人旅(後編)

※ウズベキスタンの深夜バスの話(1999年12月11日)
今日はウルゲンジから首都タシケント行きの夜行バスに乗ることにした。
タシケントまで1000kmというとんでもない長いバスの旅。
中国のゴムルドからチベット・ラサまでの約1200kmに次ぐ長距離バスの旅。
16時にウルゲンジを出発した。

24時間にも及ぶバスでの長旅はしんどかった。
だが、周囲の乗客との思い出は忘れられないものとなった。

食事に立ち寄った食堂では、シャシリクにラグマンを一緒に食べ、
しまいにはおごってくれた。
僕は申し訳ないので払うといったが、
おごってくれたグラファエルさんはこう言った。

「ここはウズベキスタンだ。だから私があなたをもてなすのは当然だ」

すごく説得力のある、印象に残ったありがたい言葉だった。
もし彼らが日本に来るようなことがあったら、そのおかえしをしたい。
きっとそんな機会はないのだろうけれど・・・。

夜、暗闇の砂漠地帯を走る中で、
バスの運転手が急ににぎやかな音楽のテ-プを流すと、
乗客の一人が走っているバスの中で音楽に合わせて踊りだした。
そのうちみんながバスの狭い通路で陽気に踊りだした。
このしんどいバスの長旅に、この人たちはなんて陽気なんだろうか。
旅の中でも忘れられない一夜になるとともに、
ふと「もうこれで僕の旅も終わりかな」と思った。

・インドの商店街の人たちを撮った写真
http://www.kasako.com/08ladakht.files/08india1foto.html

・ウズベキスタン写真
http://kasako.web.infoseek.co.jp/worldfotot.files/uzfoto.html

・アジア90日間旅行記
http://kasako.web.infoseek.co.jp/asia.html


by kasakoblog | 2009-10-30 23:36 | お知らせ


<< インド写真が表紙に採用!      社宅での思い出 >>