2009年 11月 23日
佐野ラーメン!
e0171573_2293720.jpg

今日は来年2月発売の写真集の撮影のため、
栃木に行ってきましたが、
昼に佐野ラーメンを食べてきました!
見た目、単なるしょうゆラーメンですが、麺がユニークなんです。

平べったくってちょっとちぢれている麺なので、
すごく食べやすいんです。

佐野ラーメン店の看板にはどこも「青竹打ち」と書いてある。
麺を竹で打つのが特徴らしい。
それでこんなあまり食べたことのない、
平べったい麺なのかなと。
スープは透明感あってすごくさっぱりしていて、
つるつる食べられます。

私が食べたのは岡崎麺という店で、ラーメン600円。
私は普段も都内や神奈川でほぼ毎日のように、
ラーメン食べてますが、
ラーメンはやっぱりどんなに高くても800円が限度かなと。
1000円で全部のせとかおいしいかもしれないけど、
ラーメンで1000円っておかしくないかと思う今日この頃。

この不景気の最中、ましてやデフレで、
外食産業が軒並み値下げしているなか、
どんだけぼったくってんだって話だけど、
「値段が高い方がいいもの」信仰を持っている人が多いせいか、
横暴1000円ラーメンなんて商売が成り立ってるのかもしれない。

そういえば最近、飯田橋で昼になると行列になる、
新しいラーメン店ができていた。
この辺でランチで行列になっているところなんてないので、
どんだけうまいんだと思っていったけど、
メニューの値段をみてうんざり。

つけ麺880円、二代目つけ麺980円、特製二代目つけ麺1200円・・・。
800円以上も出してうまくなかったら詐欺だろうとか思うわけですけど、
仕方がないのでつけ麺880円を注文。
確かにおいしいけど、880円も払ってお腹はいっぱいにはならない。
だったらここから歩いて10分もいけば、
たらふくお腹一杯になる大勝軒のつけ麺食った方が、
よっぽどマシだなと。

ちなみにこの店がなぜ行列ができているか行ってみてわかった。
席数が少なく、作るのに異様に時間がかかるからだ。
並んでいない時に行ったけど、15分ぐらい待たされる。
そりゃちょっとでも混めば、行列になるよな。
まあそうやってわざと行列つくらせてでしか、
客寄せできないのかもしれないけど、
回転率が悪いって店の経営として、
客に対する態度としてどうなのよとか思うけど。

そんなわけでこの店には二度と行かず、
近くにある650円でおいしいラーメンが食べられる、
梟という店に何度も行っているんだけど、
この前、思わぬハプニングが起こった。
食べている最中、停電になってしまったのだ。

ぜんぜん復旧する様子がなく、
暗闇の中でラーメン食べていたんだけど、
暗闇で食べるラーメンって、
おいしく感じないというか、食べている気がしないというか。

人間がおいしいとかまずいとか感じるのって、
純粋に味覚だけでなく、視覚も大きな影響を与えてるんですね。
同じラーメン食べてるのに、暗闇で食べると、
おいしく感じられないって、不思議ですね。

ぜひみなさんも一度試しに、暗闇で食事してみてください。
きっとものすごく不安な気持ちになり、
なんだか落ち着かず、おいしく感じられないので(笑)

そんなわけで私は800円以下でおいしく食べられるラーメンを求めて、
日本全国食べ歩きたいと思います。


by kasakoblog | 2009-11-23 22:10 | グルメ・ラーメン


<< 丸亀城写真アップ      京都の紅葉写真 >>