2009年 12月 27日
おもしろかった本
2009年私が読んで最もおもしろかった本。

「ウェブはバカと暇人のもの」
(光文社新書、中川淳一郎著)

これ、ほんとおもしろい!
ネット上に起こっているおかしな実態を、
見事に分析した本。
ぜひ読んでみることをおすすめします。
※詳しい内容は私の下記日記をご参照ください。
http://kasakoblog.exblog.jp/11077622/

今年、読んだなかでこんな本もおすすめです。
「ルポ 米国発ブログ革命」池尾 伸一著
「ブログ炎上~Web2.0時代のリスクとチャンス」伊地知 晋一著
「徹底抗戦」 堀江 貴文著
「ジェネラル・ルージュの凱旋」海堂 尊著
イン・ザ・プール」「空中ブランコ」「町長選挙」奥田 英朗著
「Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉」石田 衣良著
「重力ピエロ」伊坂 幸太郎著
「陽気なギャングが地球を回す」伊坂 幸太郎著
ソウルケイジ」「ストロベリーナイト」誉田 哲也著
「英傑の日本史 信長・秀吉・家康編」井沢 元彦著
「信長と秀吉と家康」池波 正太郎著
「涙―母と子の悲哀物語」遠藤 浩一著
「レッドゾーン」真山 仁著
「ヘッテルとフエーテル」マネー・ヘッタ・チャン著
「コスモスの影にはいつも誰かが隠れている」藤原 新也著
「海峡の光」辻仁成著
「工場萌えF」石井 哲著
「大好きなことをしてお金持ちになる」本田健著

ついでですが、2009年に私が出版した写真集3冊もよかったらどうぞ!
・渾身の写真集!「奇観建築・王宮・産業遺産・廃墟」(グラフィック社)
・城、甲冑好きにぜひ!「城・甲冑・古戦場・武具」(グラフィック社)
・日本の夜の世界「歓楽街・夜の街」(グラフィック社)

ちなみに今年読んで、私個人的にはあまりおもしろくなかった本。
「1Q84」村上 春樹著
「金のゆりかご」北川 歩実著
「オーデュボンの祈り」伊坂 幸太郎著
「日本の難点」宮台 真司著
「火天の城」山本 兼一著
「ネクロポリス」恩田 陸著
「M&A新世紀」岩崎 日出俊著
「HIS 机二つ、電話一本からの冒険」澤田 秀雄著

本の出会いって時に人の一生を変えたりもします。
(私の場合は「深夜特急」沢木耕太郎著)
また来年もおもしろい本があったら、
随時紹介していきたいと思います。

※現在アマゾンレビュアーランキング219位です。
http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A1LR7ZDOBZTGW1/


by kasakoblog | 2009-12-27 18:19 | 書評・映画評


<< ミスチルの10年!      女性39%は喫煙者と結婚OK! >>