好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 06日

前向きになれるおすすめ本!

新年早々、素晴らしい本に出会いましたのでご紹介します!

「ユダヤ人の大富豪の教え」本田健著・だいわ文庫

この本すごいです。
人生を幸せに前向きに生きるエッセンスが、
いっぱい詰まっています。
ぜひみなさん、読んでみることをおすすめします。

はっきりいってタイトルがダサい。
ダサいというか、ものすごくイカサマな匂いがする。
「ユダヤ人の大富豪」
こんな単語に私はまったく惹かれない。
だから今までこの種の“金儲け本”は、
手にとってこなかった。

しかし昨年、この著者の別の本を偶然読み、
とてもおもしろくて日記で紹介した。
するとマイミクの正己さんが、
同著者の「ユダヤ人の大富豪の教え」をすすめてくれた。
正己さんは出版経験もあり、
私のことをよく理解してくれていて、
出版社も紹介してくれた経緯があり、
正己さんのすすめる本なら間違いないと思って、
このイカサマの匂いのするタイトル本を手にしたが、
想像以上に素晴らしい本だった。

内容はタイトル通り、ユダヤ人の大富豪の教えなのだが、
「大金持ちになる」「ビジネスでビッグになる」といった内容ではなく、
むしろお金に関係なく、単に数字上のビジネスの成功ではなく、
人生を幸せに前向きに生きるヒントが凝縮されていた。

この手の本を私が敬遠してきた理由は2つある。
・別に大金持ちになりたいとは思わない。
・家族や私生活を犠牲にしてまでビジネスで成功したいとは思わない。

ビジネス成功本って、そのほとんどが、
時間を犠牲にし、家族を犠牲にし、
恋人との時間を犠牲にし、私生活を犠牲にし、
睡眠時間を削って死ぬ気で四六時中ビジネスに打ち込むことを説き、
それでビジネスに成功して大金持ちになったというのが多い。

私生活を犠牲にして、
売上何百億円達成だとか年収数千万円になったとか、
自慢されても、私には何の価値も感じない。
時間を犠牲にしてお金だけ得ても、
その生活が到底幸せだとは思えないからだ。

「お正月を家族一緒に過ごせたのが幸せ」
とテレビで有名人が言っていたけど、
人によって価値観は違うといえど、
幸せってそういうことなんじゃないかと思う。

今回紹介する「ユダヤ人の大富豪の教え」は、
金持ちやビジネス成功を目的にしていない。

好きなことをすれば幸せに成功する。

その具体的なヒントが書かれていることに、
すごく共感したのだ。

私は専門学校で「好きを仕事にする方法」と題して講演した。
これからの時代、幸せに生きるためには、
好きを仕事にすることが一番だと思ったからだ。

しかしそれに気づくのに私は10年ぐらいかかった。
サラ金に入社したり、会社を辞めて旅をしたり、
いろいろ紆余曲折してやっとたどり着いた答えだった。

その答えがものの見事にこの本に書かれている。
さらに私の考えをさらに補強してくれる内容も多く、
私が考えつかなかった、なるほど!と思うことも、
数多く書かれていた。

この本を読んで、もやもやっとしていたことが、
一挙に晴れ渡った感じがして、
今まで以上に人生を楽しく前向きに生きるぞ!
と勇気づけられた。

そんなわけでぜひこの本を読んでみることをおすすめします。
しかも文庫で680円なので安くてお買い得かと思います。
(アマゾンの中古では1円(+配送料340円)もあり)

今年も日記でいい本があれば随時紹介していきたいと思います。
もしおすすめ本があればぜひ教えていただければ、
読んでみたいと思います。

「ユダヤ人の大富豪の教え」本田健著・だいわ文庫


by kasakoblog | 2010-01-06 13:03 | 書評・映画評


<< mixiデザイン改悪再び      松山城写真 >>