2010年 01月 07日
酒の危険性だけなぜスルー?
大麻、覚せい剤、たばこの害悪はたびたび取り上げられるが、
酒の危険性ってあまり言われないのが不思議。
適度に飲めばいいんだろうけど、
酒で命を落としたり、健康が悪くなったり、
犯罪行為をしたりする人がいかに多いことか・・・。

高校生が朝まで酒を飲んで電車と接触して死亡を、
自業自得とかかわいそうだとか言う前に、
このような事故が起きないよう、
酒の危険性を社会全体で認知させていく必要があるんじゃないか。
いまだに一気飲み強要しているバカな大学生とかも多いし。

薬物、酒、たばこ、ギャンブル、サラ金など、
時に人生を破綻させなけない依存性の強いものについて、
きちんと義務教育で教えるべきじゃないか。

何も知らず興味本位で手を出す未成年なんて、
いっぱいいるわけで。

今回は未成年だから、
大々的にニュースに取り上げられたんだろうけど、
別に酒が危険なのは未成年だけじゃない。
大人だって酔っ払えば危険なわけだし。

死んだ高校生を自業自得という前に、
このような事件が再発しない仕組みを考えた方がいいと思う。


by kasakoblog | 2010-01-07 12:50 | 一般


<< 派遣村ごっこ、現金支給は遊び金      便利な社会ほどキレやすい >>