好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 13日

ツイッターつまらない人のためのおもしろくなる方法

ツイッターはじめてみたけど、正直おもしろくない、
という人、結構、多いんじゃないか。
流行についていかなくてはと思い、
義務感のようにやっていたけど楽しみが見出せない。
結局、登録してみたものの放置・・・。

私もはじめはぜんぜんおもしろくなかった。
何に活用するのかもよくわからない。
しかしここ最近、ツイッターがおもしろくなってきた!
ツイッターはじめてまだ26日だけど、
おもしろくて最近1日30前後つぶやいている。

ツイッターに登録したけど、
いまいちおもしろくないという人のために、
ツイッターがおもしろくなる方法を紹介します。
(あくまで私流のやり方です)

・やるべきこと1:人となりがわかるプロフィール書いておく
「とりあえずツイッター登録してみました」
とか他人から見て人柄が不明なプロフィールはダメです。
長く書く必要はないので、
簡単に人となりがわかるプロフィールを書いておきましょう。


神楽坂で雑誌の編集の仕事をしています。ミスチルの大ファンでラーメン好き。

・やるべきこと2:プロフィール写真をはる
ミクシィと同じでプロフィールに何の写真もはってないのは、
その人となりがなく、のっぺらぼうな感じになってしまいます。
本人の顔写真である必要はなく、
何でもいいのでプロフィール写真は必ず入れておきましょう。

・やるべきこと3:興味のあることを10個ぐらいつぶやいておく
今どこにいるとか、メシ食ったとか、
そういうどうでもいいつぶやきの前に、
自分の趣味とか好きなものをつぶやいておきましょう。


ミスチルの大ファンです
ラーメン大好きです
新宿で働いてます
サッカー見るのが好きです
出版業界で10年働いてます

・やるべきこと4:100人ぐらいフォローする
1~3までできたら、この4が重要です。
ツイッターのおもしろさは、つぶやいたことに即反応があること。
そのためにはフォローする人、されている人が、
最低100人ぐらいはいないと多分おもしろくない。
(異論はあるかもしれません)

ミクシィの感覚でマイミク数を厳選してたらダメなんです。
ツイッターのフォローは、
ミクシィのマイミクとはぜんぜん違って、ものすごく軽い感じ。
だから気軽にフォローすることが大事です。

ひとまずホリエモンとか気になる有名人を10数人フォロー。
朝日新聞とかユニクロとか、興味ある企業系のものをフォロー。
知人・友人関係はとりあえずフォロー。

ここまでは誰もがやる作業。
しかしこれだけではミクシィと何ら変わりない。
というよりミクシィの方が優れている。

ここからツイッターをおもしろくするために、
検索をつかって似たような興味の人を探してフォローしたり、
仕事とかニュースとか共通の話題の人を探してフォローする。
これを100人ぐらい作る。

ミスチルで検索してもいいし、工場萌えで検索してもいい。
編集者とか日本代表とか、子ども手当てとかで検索してみる。
検索結果で出た人のなかで、おもしろそうだなとか、
共通点がありそうだなとかいう人をすぐフォローする。
マイミク申請とは違い、気軽にフォローすることが大事。

これでひとまずフォローする人を100人ぐらいまでにする。
するとフォロー返ししてくれる人も半数ぐらいはいると思う。
このぐらいになると最低限楽しめるような素地ができます。

・やるべきこと5:そしてつぶやく
この状態になって、いよいよつぶやいていく。
つぶやくのは「今、何をしているか」より、
「今、何をしてどう感じたか」をつぶやくことが大事。

つまり「今ラーメン食べてます」ではなく
「今、飯田橋のりゅうほうでみそラーメン食べたけど、量が多くておいしかったです」とつぶやく。

「今、サッカー代表の試合見てます」ではなく
「サッカー代表の試合見ているけど、あまりにふがいない!」とつぶやく。

行動ではなく感想をつぶやく。
しかも個別名称をできるだけ入れる。
するとそれに共感した人や、
それに付随する情報をチャットのように返信してくれるケースが、
ぽつぽつ増えてくる。

今、やっているテレビの感想とか、
今、話題になっているニュースの感想とかだと、
反応がされやすいです。

こうなってはじめてツイッターのおもしろさの入口に立てると思います。

・・・・・
所詮はひまつぶしの遊びにしか過ぎないかもしれないし、
ミクシィみたいにこれをきっかけにリアルな関係に、
というようなところまではいかないかもしれないけど、
人って誰かに感想とかを話したいわけで、
それに誰かが反応してくれれば単純にうれしいわけで、
ちょっとしたストレス発散ぐらいにはなると思います。

また時々、思わぬ口コミ情報であったり、
気づきを感じることもあるかもしれません。

それならミクシィの日記やブログでもできるわけだけど、
ツイッターがいいのは、
・140文字以内で本文だけなのですぐつぶやける
・ミクシィと違ってマイミク数=フォロー数の桁が違うから、
(100や1000は普通)
反応する母数がそもそも多い
・つぶやいたことに検索機能があるから即反応性が高い
といった点。

私のように毎日こんな長文書く人は、
ミクシィやブログが必要で、
ツイッターでは書ききれないので、
タイトルだけ書いて本文はリンクはるわけだけど、
でも普通の人はどうだろう?
1文、2文ぐらい、ちょろっと感想がいいたいだけ、
というのが多いんじゃないか。

しかし1文か2文ぐらいでわざわざ日記にするのは気が引けてしまう。
でも長文にするほどのネタはないし、
書くのが面倒だから、だんだん日記は書かなくなってしまい、
だんだんブログの更新がおそろかになったり、
ミクシィにログインするのが面倒になってしまう。

ツイッターだとその敷居の高さがない。
私なんかでも長文日記を書くところまでいかないけど、
つぶやきたいことはいっぱいあって、
それでツイッターでは1日30とかつぶやいている。
その気軽さがいいのかなと。

そんなわけで長文書くのは面倒という人が、
ブログやミクシィからツイッターにシフトしてるんだと思います。

所詮は遊び、気晴らしなので、
ミクシィほど濃密な関係性は結べない可能性はあるものの、
フォローを300とか500とか簡単に増やして、
つぶやいたことの共感性を楽しめることはできるかなと思います。

誰もがやる必要はないし、興味がなければやる必要はないし、
妙な依存症になってもそれはそれで困りものですが、
なかなかにおもしろいツールではありますので、
もしあまりおもしろくないという方は、
上記の方法を試してみてはいかがでしょうか。

これは私が1ヵ月間やって勝手にあみだした自己流なので、
もっと違った楽しみ方や活用の仕方があるとは思いますが。

※私もまだツイッターはじめたばかりなので、
他におもしろい活用法があればぜひ教えていただければ~

http://twitter.com/kasakoworld

お気軽にフォローください。
フォロー返しいたします。


by kasakoblog | 2010-02-13 00:43 | ネット


<< 国母服装問題がおもしろい!      日本で転職を前向きに捉えたのは... >>