好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 04月 18日

ツイッターがおもしろくなる方法2

ツイッターはじめてみたけど、ぜんぜんおもしろくない。
そう思っている方は大勢いると思います。

2月に一度「ツイッターがおもしろくなる方法」を書きましたが、
その後の私のツイッター経験を踏まえて、
「ツイッターがおもしろくなる方法」第二弾をご紹介します。

●フォローされている人を1000人にする!
ツイッターはじめた人がなぜおもしろくないと感じるのか。
その理由は簡単。
自分の発言を読んでくれる人が少ないから。

自分の発言に対して他の人の反応があるから、
ツイッターはおもしろい。
反応を増やすには、自分の発言を読んでくれる「読者」、
すなわちフォローされている人を増やさなければならない。

どれだけおもしろい発言をしたところで、
フォローされている人が10人しかいなかったら、
当たり前だけど反応は少ない。

しかしフォローされている人が1000人いたら、
自分の発言に1人や2人は反応してくれる可能性が高い。
つまり母数を増やすことが第一なのだ。

ただここで大きな問題がある。
自分からフォローするのはいくらでもできるが、
自分をフォローしてくれる人を増やすのは容易ではない。

ではどうするか。
フォロー募集しているハッシュタグ(掲示板やコミュのようなもの)にいき、
そこに書き込んでいる人をフォローしまくることだ。

フォロー募集のハッシュタグ
#followmeJP #followme #sougofollow

上記3つのタグにアクセスすると、
自分をフォローしてほしい人が書き込みしている。
そこに自分も書き込むのも手だが、
書き込んだところですぐに新たな書き込みがあり、
すぐにタイムラインに流されてしまう。

そこでそこに書き込みしている人を、
どんどん自分からフォローしていけば、
結構高い確率でフォロー返しをしてくれる。
これを繰り返せば、有名人じゃなくても、
おもしろい発言をする人じゃなくても、
フォローされている人、1000人ぐらいは簡単にいく。

1日1回か2回、上記タグにアクセスし、20~30人程度フォローする。
それを繰り返せばあっという間に、
フォローされている人が増えるだろう。
私も実際にその作業を何度もやった。
(私の場合はフォローされている人2000人になるまでやった)

1000人ぐらいになれば、
10つぶやけば1ぐらいは誰かが反応してくれる。
おもしろいことだったら、もっと反応してくれるかもしれない。
そうするとどんどんおもしろくなっていく。

ただ相互フォローされる確率を高めるためには、
以前の日記「ツイッターがおもしろくなる方法」で書いたように、
・プロフィールをちゃんと書くこと
(プロフィールがあやししかったり短かったり、
何に興味がある人かわからないと相互フォローされない)
・発言も最低10ぐらいはしておくこと
(発言をまったくしてない人だと、
相互フォローする意味を見出せなくなる)
だけはしっかりしておきたい。

その上で上記の方法でフォロー数を増やしていけば、
きっとツイッターが楽しくなると思います。

「でも自分になんかおもしろい発言できない」と、
思う人がいるかもしれないけど、
別におもしろい発言なんかする必要はまったくない。
自分が感じたことを書けばいいんです。
たとえば、マックの新しいハンバーガーはおいしかったとか、
あまりおいしくなかったとか。

もしくはおもしろい発言をしている人の発言を、
引用(リツイート)すればいい。
(気に入った私のつぶやきがあったら、
ぜひリツイートしてください!)
それはそれで貴重な発言になるわけだから。

私はツイッターはじめてちょうど3カ月。
はじめはフォロー数が少なく、
おもしろさがわからず、
そのうちだんだんおもしろくなってきて、
一時期、かなりの依存症になり(笑)、
今は適度な距離感でツイッターを活用してます。

mixiはmixiでとっても大事ですが、
ツイッターはmixiより気軽につながれる気楽さがあるので、
そちらはそちらでmixiと使い分けで、
ちょっとしたネット雑談ツールとして、
楽しむとよいと思います~

私のツイッター
http://twitter.com/kasakoworld
(フォローしていただければフォロー返しいたします~)

ツイッターがおもしろくなる方法1
http://kasakoblog.exblog.jp/12139762/


by kasakoblog | 2010-04-18 20:23 | ネット


<< 人生、素直に楽しむことが大事      ちょっといい話 >>