2010年 06月 08日
これぞ最高の教育!漁村・伊座利の取り組み
e0171573_21444959.jpg

子供たちにとってこれほど有意義な教育はないのではないか――。
徳島の漁村・伊座利の体験学習を紹介する。

約100人の小さな漁村。
小・中学生はあわせて20人程度の学校だが、
ビジネスを学ぶのに素晴らしい体験学習を、毎年1回行っている。
それは子供たち自身が、
生産・販売・消費すべてを体験するプログラムだ。

5月。子供たちは漁師さんの教えのもと、
浜辺に出てヒジキ刈りを行う。
引き潮になった数時間、岩場についたヒジキを鎌で刈り取っていく。

取ったヒジキは釜で6時間茹で上げる。
その後は数日がかりで天日干し。
当番制で数時間おきに表裏をひっくり返す作業をする。

天日干しが終わると、ゴミ取り作業。
それが終わると今度はビニール袋に詰めて商品化していく。

そしていよいよ販売。
漁村から車で1時間以上かけて、徳島市内の日曜市で、
自分たちが取ったヒジキを販売する。

すべて完売すると売上の一部から、
子供1人に500円の小遣いが渡される。
子供たちは好き好きに日曜市で買い物をする・・・。

売るものを自分たちで取る。
売れるよう商品化していく。
そしてそれを販売し、
もらったお金で自分が好きなものを買う。
これぞ教育だと思った。

生活していくためには仕事をしてお金を稼がなければならない。
自分でお金を稼げるようになるのが、
教育の最大の目的の一つだと私は思う。
e0171573_21501360.jpg

漁村の大人たちだってこのように生活している。
海に出て漁に出る。
魚や海草などを取り、それを販売して生計を立てている。
まさに大人の仕事を体験できる学習プログラムだ。

e0171573_21483524.jpg

販売当日は朝3時45分に子供たちは漁協前に集合。
漁師さんとともに一緒に定置網漁に出て、漁体験もする。
e0171573_21485225.jpg
e0171573_2149030.jpg

漁が終えて漁村に帰ってくるのが5時半頃。
それから魚の種類別に分ける仕分け作業を、
大人たちとともに子供も行う。
e0171573_21491661.jpg
e0171573_21492189.jpg

e0171573_21495363.jpg

日曜市で大人が販売する魚を持ち、
自分たちが作ったヒジキを持って、
朝6時半頃、漁村を出発。
7時半頃に徳島市内の市場に到着し、
子供たち自ら販売する。

e0171573_21503026.jpg
e0171573_21504016.jpg

市場には多くの店が出ており、売るのは結構大変。
子供たちは伊座利のはっぴを来て、
指定された場所で売るだけでなく、
客を呼び込むために市場中、上り旗やチラシを持って歩き回る。

e0171573_215109.jpg

その姿は、市場に来ていた参議院選挙立候補者の選挙活動顔負け!
子供たちの声の方がよく通り、
政治家なんかよりはるかに目立っていた。
e0171573_21511662.jpg
e0171573_21512562.jpg

必死さが違う。
自分たちが作ったヒジキが完売しないと、
帰れないし、お金をもらえないんだから(笑)。
e0171573_21514067.jpg
e0171573_21514928.jpg

店に来たお客さんに、
ヒジキほか海草アラメの販売も行う。
アラメはあまり知名度のない海草のため、
お客さんは「アラメって何なの?」「どう調理するの?」
という質問に対し、子供たちが説明する。
お金のやりとりも子供たちがやる。

e0171573_2152510.jpg

なかにはめちゃめちゃ売ってくる、
すごい営業マン子供も現れる。
店のヒジキをカゴに入れ、
市場をかけずりまわって移動販売。
この子がめちゃめちゃ売ってくる!
元気ではきはきしているし、
声をかけて断られてもめげないし、
商品の説明も的確にできるので、
他の子供たちとは違って売れるのだ。
まさに生きた学習!

今年はヒジキ大1000円を約170袋。
ヒジキ小500円を約120袋。
海草アラメ200円を150袋。
7時半から販売してなんと10時に完売!
こんなに早く完売している店は他にない。

大人の漁師たちは獲れたての魚を販売。
こちらも10時には完売。
新鮮、安い、うまい。
そして愛嬌があるせいか、
市場のなかで「伊座利」はひときわ目立つ存在だ。
ファンも多く、毎回買いに来てくれる人も多い。

こうした一連の体験プログラムを取材・撮影するため、
ずっと伊座利の人たちにくっついていた。
すでに4度目の訪問になるので、
東京から来たカメラマンであることを見知っている人も多く、
外から来た取材者というより、
漁村側のスタッフになったみたいで、なんとも楽しかった。

地元のテレビ局も毎年取材に来ていたらしいが、
「テレビはああしろこうしろと、子供たちの作業の手をとめてしまうので、
もう来るな!と断った」という。

メディアに取り上げられれば、
注目度が増し、村の活性化に役立つとはいえ、
子供たちにとって何が大切か、
この体験は何のためにやっているのか、
目的がぶれずにテレビ取材を断る姿勢は実に立派だと思う。

前にも雑誌で電話取材で済ませようとした記者を、
叱ったこともあるという。
「現地に来もしないで私の電話の言葉だけを活字にされたら困る。
雑誌に載せるなら、現地に来て、
自分のこの目で見て書いてください」

仕方がなく来た雑誌の記者は、
すっかりこの漁村が気に入り、
取材日程を延ばして滞在していったという。

過疎化、高齢化、限界集落、後継者難など、
地方の漁村・農村の衰退は著しい。
にもかかわらず、やり方を工夫し、
こうした体験学習ができる場所として、
村外から漁村留学を受け入れる取り組みが功を奏し、
子供たちが増え、村が活性化している。

こうした成功体験をマネしようと、
全国各地から徳島の僻地にあるこの漁村に視察に来るという。
しかし上っ面だけでマネしただけで、
村が活性化できるはずもない。

こうした覚悟を図るため、
伊座利では視察申し込みの自治体に際し、
「平日の視察はお断り。来るなら土日に来てください」
と言っている。
つまり、仕事の時間を使って、
出張して漁村でうまいものを食って帰れるという、
よこしまな理由の人は断り、
休日を返上してでも自分たちの村を活性化したいという、
本気度を見ているのだ。

記者に対しても自治体に対しても、
決して迎合することなく、
自分たちの信念を貫く伊座利の姿勢。
こうした姿勢と覚悟があるからこそ、
小さな漁村の奇跡の復活劇がなしえたのだと思う。

漁村・伊座利トップページ
http://www.kasako.com/izaritop.html


by kasakoblog | 2010-06-08 21:53 | 働き方


<< 菅内閣は時代遅れの詐欺政権だ!      ロンドン水族館写真 >>