2010年 08月 20日
永遠の0感想
永遠の0 (講談社文庫) 百田 尚樹著

絶賛評で埋め尽くされたこの本ですが、
正直、う~んという感じでした。
何が何でも妻と子供のために生きるという主人公。
にもかかわらず最後の最後であっさりそれを翻してしまう。
そして見事な美談に収まるリアリティのなさ。

生きたいという前半の主人公像から考えたら、
最後に死の選択を選んだのでしょうか?
仮に飛行機を越えたとしても、
特攻せずに生き延びる方法を考えたのではないでしょうか?

戦争の苦悩が描かれた素晴らしい内容を
最後の美談で台無しにしてしまう後味の悪さ。

最後まで主人公像を貫いてほしかった・・・。

かさこ書評レビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A1LR7ZDOBZTGW1


by kasakoblog | 2010-08-20 20:13 | 書評・映画評


<< 使命と魂のリミット感想      花火のように >>