2010年 08月 20日
使命と魂のリミット感想
使命と魂のリミット (角川文庫) 東野 圭吾著

おもしろいけど物足りなさが残る作品
おもしろいです。一挙に読めました。
でも物足りなさが残る作品です。
すべてが予定調和的にハッピーエンドで終わる。
登場人物の怨念や愛憎はこんなものだったのでしょうか?
あっさり納得してしまうほど、
みな「賢い」人間なのでしょうか。
リアルな人間が描かれているというより、
理想的な人間が出演した美しい作り物の物語、
という感じも否めない。

「手紙」「さまよう刀」「天空の蜂」など、
心情に苦しみ、時に大きな過ちを犯してしまう、
人間を描くという意味ではややエンターテイメントすぎるように思いました。

かさこ書評レビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A1LR7ZDOBZTGW1


by kasakoblog | 2010-08-20 20:15 | 書評・映画評


<< 下を見て安心するより上を見ろ!      永遠の0感想 >>