2010年 11月 08日
「ゼロの天秤」アルバムインタビュー!3
●インタビュー3:アルバム全曲紹介!後半

◎7遺伝子の箱舟たち
4thアルバム「アクアリウム」を彷彿とさせるような、
メリログならではの世界観が見事に凝縮された、
アルバムならではの曲。

今回のアルバムは先行シングルや配信シングルが、
多く収録されているので、
こういうアルバムっぽい曲はアルバムの中でとっても貴重。
未発表の新曲の1つでもある。

「アルバムの中のマッシュポテトのような曲」(ボーカル涼さん)
「聴けば聴くほどハマっていく感じ」(ドラム海保さん)

「アルバム曲!ってかんじの曲。
こういうテンポの曲は好きだけど、なかなか発表する機会がない」
とボーカル涼さんも収録されたことに喜んでいる様子。

「歌詞としては、人間は所詮遺伝子を運ぶだけのもので、
いかにちっぽけなものなのか熱弁するような内容になっている
非ラブソングの極地のような曲」とボーカル涼さん。

「愛も憎悪も種の保存システムとしてのプログラムに過ぎない」
「遥か遠い原始の生命より受け継いできた根源的な本能に
理性を以って従うことを承諾していこう」(「遺伝子の箱舟たち」より)
といったような歌詞が描かれた、
まさにメリログならではの世界観が出た曲。

「こういうことを意識しているからこそ、
人に対して儚く大切なものとして接することができると僕は思う」
と独特な恋愛観・人間観を持つボーカル涼さん。

曲の随所にメリログならではのこだわりも多く見られる。
「サビのフレーズギターがとってもいいけど、これは長田の発案」
(ボーカル涼さん)
「サビではミュートを多用したフレーズで、
曲の雰囲気を崩さないようアレンジしてある」(ギター長田さん)

「ドラムはアフリカ系のリズムを取り入れたパターンにして、
曲の雰囲気と合うようにしてある」(ドラム海保さん)

まさにメリログ独自の世界観が出ている曲だ。

◎8Bottom of the sea
記念すべきギター長田さんのギターソロ初収録!
アルバムに収録されてファンの一人としてはとってもうれしい。

Youtubeで「長田秀人」と検索すれば、
7曲のギターインスト曲がアップされている。
「Air ship」「Bottom of the sea」「Contrail」
「Outside the atmosphere」「Telescope」
「Magma chamber」 「Birth of life」
どれも素晴らしい曲で歌がなくとも完結している、
世界観を持っている曲だけに、
アルバムにどの曲を収録するかというのは、
かなり難しかったに違いない。

「候補曲は数曲あったが、メンバーからの人気が高く、
アルバムの流れとしてほしい曲調のこの曲をいれることになった。
アルバムの世界観をスケールアップさせる効果に一役かっていると思う。
作曲、レコーディングはもちろん、ミックスの多くの部分も長田の手によるもの」
(ボーカル涼さん)

「もともと数年前からあった曲でライブでは1度披露している。
以前のデモ音源からドラム、ベースは生楽器に差し替え、
さらにリアレンジもしてある。
曲中にいろいろと展開があるのでじっくり聴いてほしい」(ギター長田さん)

私はインスト曲って、今まで聴きたいとはあまり思わなかったが、
長田さんのギターインストはとってもいいんです。
おすすめです。

◎9アンバランス
前回アルバム「アースボール」発売から、
約1年ぶりに発売されたシングル「アンバランス」。
一体どんな曲になるのかまったく想像はつかなかったが、
ライブで初披露された時、鳥肌が立った。
強烈なインパクトを持った、
小気味良いエッジの効いたリズミカルな曲。

ライブ向きのノリのいい曲で、
はじめて聴いてもすぐに馴染めるキャッチーな曲でありながらも、
メリログの真骨頂ともいうべき、
メッセージ性の強い独特な歌詞がちりばめられている。
1年ぶりの想いを放出するかのような、
エネルギーに満ちあふれた曲であった。

発売当時のインタビューでは、
「多くの人に受け入れられるよう“薄められた”曲ではなく、
少数の人だけでも強烈に気に入ってもらえる曲を作りたい。
そう思って作った曲が『アンバランス』です」(ボーカル涼さん)
と答えていた。

「『アンバランス』を作っていた今年前半から、
曲の書き方が変わってきたんです。
多くの人に受けるように書くのではなく、
少数でも強烈に好きといってもらえるような、
マニアックであったとしても、
自分たちが好きだと思えるものを作っていこうと」
(ボーカル涼さん)

メジャーデビューとデビューアルバム発売から1年が過ぎ、
新たな展開をどうしていくかという中、
メリログが出した答えがこの「アンバランス」だった。

「ゼロ」からのスタート地点の始めの曲である、
とても重要な曲はこのアルバムの中でも、強烈な存在感を放っている。

「メリログ初のテレビ番組のエンディングになった曲なので
(テレビ東京『音流~OnRyu~』エンディングテーマ)
そういう意味でも思い入れが強い。
最近のロック色の強い音楽性になるきっかけとなった曲。
作ったのは2009年はじめだけど、
もっと前からやっている気がするくらい大事な曲」(ボーカル涼さん)

「ライブではほぼ定番曲」(ギター長田さん)
「もはやライブ鉄板曲。気持ちよすぎる」(ドラム海保さん)
とメンバーもいうように、すっかりメリログの1つの顔となった、
代表的な曲になった。

「この曲の歌詞は今までのメリディアンローグの
特徴を色濃く受け継いでいる。
正義とはなんなのか、人殺しと英雄の違いはどこなのか
矛盾を抱えた、やり場のない怒りをそのまま歌詞にぶつけている」
(ボーカル涼さん)

「模範解答のような考えを
人は押し付けてくるけど
それが唯一の解でその他は全て違う
それほどの傲慢はない」(「アンバランス」より)

まさに「ゼロの天秤」という、
アルバムタイトルを示唆する重要な曲。
彼らがゼロからリスタートをした時に、
どう周囲とバランスを取っていくか。
その中で出した結論は、自分たちの好きな音楽をやる。
その答えが「アンバランス」にあった。

◎10一千年の時間旅行
「なんて素晴らしい曲をこの人たちは作れるんだろう」
アルバムを全曲はじめて聴いた時、
私が最も感動・感銘を受けたのがこの曲。
すごく壮大なテーマでドラマティックな曲にしびれまくった。

「ほんの小さくつまづいたことで
歩む道標を見失ってしまう時があるんだ
「自分自身の存在理由」なんて
忘れてた疑問を蒸し返してしまうけれど」(「一千年の時間旅行」より)
という出だしの歌詞もすごくいいし。

「この曲も相当古い時期(2006年末?)からある曲。
歌詞がついたのは最近で2009年頃。
ずっと発表したいと思っていた曲だったので、
今回選曲に残ってよかった。
人間はまわりの人間がいるから、
自分と時をともに重ねた仲間がいるからこそ、
生きる意味があるのではないか。
他者との関係のなかで、
自分が生かされているということを丁寧に歌詞に込めたつもり。
そして僕が自由に生きようと思っている、
その支えのようなものも入れている」
(ボーカル涼さん)

「歌のメロディを念頭に置きながら、
きれいで心地よい音の組み立てを考えた」(ギター長田さん)
「5年ぶりぐらいにスネアドラムのロールが入った曲かもしれない。
セッションでやっていてロールを入れたらよりいい感じになった」(ドラム海保さん)

ただ他のメンバーも知らなかったドラム海保さんの苦労が発覚。
「実はこの曲。左足がとっても疲れる。
かかと下ろしたまま、つま先を上げ下げするのが多い曲なので……」

未発表の新曲の1つで、メリログらしい世界観のある曲で、
とってもおすすめの曲の1つです。

◎11未完成の地上絵
最後の曲らしい壮大なバラード曲なんだけど、
何より驚いたのは歌詞!
「ひょっとしてこれはラブソング???」

メリログといえば恋愛の曲は歌わないと、
これまでインタビューなどでは答えてきた。

でも歌詞を見ると、
「当たり前の 人としての
愛を僕は歌うよ」
「一人だけじゃ点
二人繋げば線」(「未完成の地上絵」より)
といった恋愛をテーマにした曲であることがうかがえる。

アルバムインタビューの際に、
真っ先に「この曲はメリログ初のラブソングといってもいい?」
と聞くと「そう」との答えが。

「歌詞のテーマが壮大すぎて、
なかなか歌詞の中で語りきれたかは自信がない。
僕はストレートなラブソングをかけないのだなと思うのと同時に、
これは僕なりのラブソングのつもり。
でもまわりみちして、一周してきて得るものもある。
そのスタート地点(ゼロ)に戻った時点で
はじめてどちらがなにが、
大切なものなのかはかりにかけることができるはず」
(ボーカル涼さん)

愛の曲という意味では実は「遺伝子の箱舟たち」も、
人間の愛を歌った曲でもある。
それはメリログがこれまで描いてきた、
「神様視点で人間を見る」という、
本能、人類という大きなテーマの中の「愛」だ。

それと対となるような「愛」の歌が、
この「未完成の地上絵」だ。

「今までのアルバムとは違って、僕自身の内面を歌った曲も多い。
『未完成の地上絵』はその1つ。
これまでの人生経験の中での、
大事な人の存在をイメージして歌詞を書いた」
(ボーカル涼さん)

初のラブソングということもあって、とっても美しい曲。
ドラムの海保さんは、
「歌詞がつく前のデモ音源を聴いただけで感動した」という。
「アルバムを締めくくる壮大なバラード曲として、
ソロではあえてソロっぽくない音色で、
全体の雰囲気を重視したアレンジにした」とギター長田さん。

「歌詞にひっぱられてメロディを変えたら、
メンバーからメロディは変えないでといわれた」
というほど、メロディ自体が美しい曲。

「歌の録音がすごく大変だったと記憶している。
音域もそうだけど、やさしいニュアンスを
どう声で表現するか、悩まされた」(ボーカル涼さん)

「この愛の感情がいのちをつなぐ
それがある限り続いていく未来となって
終わりない未完成の地上絵を描く」
(「未完成の地上絵」より)

2人の愛を歌いながら、
それが大きな愛、人類の歴史に連なっていく、
そんな「永遠の未完成」の人類、地球を歌った歌詞でもある。

スケール感を出すため、
レコーディング時点では存在しなかったイントロを、
締め切り間際にあった方がいいと思いついて入れた。
7分を超える超大作だ。

「アルバム最後を締めくくる最高のデザート」(ドラム海保さん)
まさにフルコースを締めくくるのにふさわしい曲だ。

●インタビュー4:「ゼロ」に込められた想い


by kasakoblog | 2010-11-08 19:28 | 音楽


<< 「ゼロの天秤」アルバムインタビ...      「ゼロの天秤」アルバムインタビ... >>