2011年 01月 05日
音楽を愛する全ての方へ
すごい画期的な音楽プラットフォーム!
私が追っかけているバンド、メリディアンローグが、
音楽が無料で聴けることが当たり前の時代に合わせた、
画期的なネットの仕組みを立ち上げ、本日発表しました!

以下、メリディアンローグのサイトの引用です。
音楽が好きな方、ぜひ読んでみてください!

・・・・
音楽を愛する全ての方へ

「CDが売れない」「音楽業界が危ない」と言われ始めてから
随分と時が経ちました。

さまざまな立場の、さまざまな方が、この状況をどうにかしようと、
思案したり、工夫したり、挑戦したり、啓蒙したりしてきました。

しかし残念ながら、2011年を迎えた今も、あまりCDは売れません。
音楽業界は危ないままです。

僕たちメリディアンローグの3人は、そんな音楽業界の中で、
ここ何年もの間、色んな事を経験し、色んな事を考えてきました。

その中で、確信したことがあります。
「もう、このままでは、ダメだ」

1.あなたの知ってるあのアーティストも、実はアルバイトをしている
アーティストは、自分が素晴らしいと信じる楽曲を作ります。
音楽事務所などの手によって、CD化の準備が行われます。
レコード会社などの手によって、CDが生産されます。
音楽出版社などの手によって、宣伝が行われます。
CDショップなどの手によって、販売が行われます。
しかし、そのCDはあまり売れません。
だから、「誰も」儲かりません。

儲からないということは、
仕事にはできない、継続は難しい、という事になります。

実際に、世間的にかなり知られているアーティストさんでも、
「黒字になる見込みが立たないからCDを発売させてもらえない」とか
「実は音楽ではあまり収入が得られず、アルバイトをしている」とか
そういう方はたくさん居るのです。

「だから皆、CDを買ってくれ!」とは思いません。
なぜなら、CDを買わない、というのは今の日本において、
至極当然の事だからです。

2.人がCDを買わないのは、当然のことである
日本も含め世界中には、素敵なアーティストさんがたくさんいます。
昔はその曲を聴くためにCDを購入する必要がありましたが、
今はYouTubeでフルコーラス聴けてしまう事がよくあります。

これは違法アップロードされたものである場合もありますが、
権利者側もプロモーションと割りきって、
黙認している場合がほとんどです。
(権利者が申請すれば削除されるので、
削除されていないということは、そういうことです)

もしYouTubeなどで見つからなければ、
レンタルショップで借りてきます。
パソコンに取り込み、iPodで持ち歩きます。

リスナーが支払ったお金は、
YouTubeに無かった曲のレンタル代のみです。
それだけで、全ての曲をしっかり聴くことができます。

そしてこれらはすべて、とても合理的な判断です。

こう考えると、シングル1000円、アルバム3000円というのは
とても割高なようにも思えます。

しかし、ご想像の通り、本当にレンタル代しか支払われないようだと、
アーティストや音楽関係者は
満足に食べていくことさえままなりません。

この状況を打破するために必要なのは、
リスナーの意識改革でも、
コピーコントロールCDでも、
違法アップロードの規制強化でも、
CDの値下げでもありません。

「音楽販売ビジネスモデルの改革」です。

3.良いアーティストが、経済的にも評価される世界にしたい
僕たち3人は、相談や調査を重ねながら、
新しい音楽販売ビジネスモデルについて徹底的に考えました。

それは、お金が儲けたかったからではありません。

どんなに素敵な音楽を作っても、
どんなに多くの人の心に響いても、
アーティストは全然収入が得られない、
生活のために別の仕事をしながら、
合間に音楽活動をするしかない。

そんな未来は嫌だったからです。

ずっと語り継がれるような名曲を生み出せるアーティストが、
経済的にも正当に評価され、
また次の楽曲制作に向かう原動力になる。

そんな世界を作りたかったからです。

そして、僕たちは
「オープンド・アーティスト・システム(OAS)」を考案しました。

メリディアンローグは、2011年から、
このシステムに基づいて活動を開始します。

4.メリディアンローグの3人が辿り着いた答え
「オープンド・アーティスト・システム(OAS)」を
採用したアーティストの新曲は、
なんと「無料」で入手することができます。

しかし、それと矛盾するようですが、
そのアーティストの楽曲に本当に魅力があるならば、
そのアーティストは生活を安定できるだけの収入を
いずれ得ることができるようになります。

そんなアーティスト・リスナー双方にとって
理想的な形を実現できると、
僕たちが確信しているのがOASです。

リスナーの皆さん。
アーティストの皆さん。
音楽を愛する全ての方へ、このシステムを送ります。

最初はたった3人でも、
賛同し、協力してくださる皆さんの力が加わっていけば、
そう遠くない未来、音楽業界を根底からひっくり返せる。

僕たちはそう信じています。

心から。

2011.01.05

海保堅太朗 斉藤涼 長田秀人(メリディアンローグ)

●オープンド・アーティスト・システムとは?
(リスナーの皆さん向けページ)
リスナーの皆さんへ。

「オープンド・アーティスト・システム(OAS)」というのは、
「アーティストのためのシステム」であると同時に、
「リスナーのためのシステム」でもあります。

これから、このシステムについてご説明させて頂きます。

1.これからは、新曲を無料で入手できます
「オープンド・アーティスト・システム(OAS)」を
導入したアーティストは、
まず無料のメールマガジンを発行し始めます。

その無料メルマガでは定期的に、
なんと新曲が送られてきます。

お試しバージョンや、
ライブ録音バージョンなどではありません。
しっかりとレコーディングされ、
ミックスされた完全版フルコーラスが、
「1ヶ月~3ヶ月に1曲のペースで」「無料で」
送られてくるのです。

あなたの好きなアーティストさんが「OAS」を導入したら、
すぐにこの無料メルマガに登録してください。
それだけで、今後は定期的にそのアーティストの新曲を、
無料で入手することができます。

もしあなたが
「無料でもらうばかりなんて、なんか悪いなぁ」とか
「せめて何かしてあげられることは無いのかなぁ」とか
考えるタイプの人であるならば、
ぜひあなたの友人に、
そのアーティストの無料メルマガを紹介してあげてください。

宣伝費をたくさん投入しても、
それに見合う売上が立たない今の音楽業界から見れば、
あなたのその口コミは、
何よりも効率的な宣伝方法なのです。

アーティストは皆、自分たちの生んだ音楽を
ひとりでも多くの人に聴いてもらいたいと願っています。

それを最大限に実現するためには、
新曲を無料化し、メールマガジンという方法で
届けていくのがベストな方法だと考えます。

2.無料にしちゃったら、アーティストはどうやって稼ぐの?
「無料で配っちゃったら、
アーティストは音楽で収入を得られないんじゃない?」と
心配をしてくださる方もいらっしゃるかと思います。

が、実はそんな事はありません。

「口コミ」の効果を最大限に広げながら
活動しているアーティストのライブは、
当然、動員が伸びてくるでしょう
(「いい音楽をやっている」というのは前提として、です)。

動員が伸びるということは、
ライブでより稼ぐことが出来るようになるということです。
もちろん、グッズなどを作れば
その売上も伸びてくるでしょう。

簡単に言うならば、楽曲の音源を宣伝ツールとして利用し、
ライブやグッズを商品とする、というイメージです。

違法コピーの蔓延など、複雑かつ複合的な理由で
なかなかCDが売れない現在の日本では、
音源を無料化するのは、とても理にかなった事なのです。

3.さらにその先「プレミアム・サポーター」制度について
OASには、さらにその先の段階があります。

無料メルマガの読者も増え、
ライブの動員も増えてきたアーティストは、
次に「プレミアム・サポーター」という制度をスタートさせます。

これは簡単に言うと「ファンクラブ」に近いもので、
月額数百円で登録していれば
さまざまな特典が得られる、というものです。

分かりやすいように例を出しましょう。

あなたが応援しているアーティストがOASを導入し、
一定の成功をおさめ、
さらに「プレミアム・サポーター」という制度をスタートさせました。

そのアーティストの「プレミアム・サポーター」に
なるためには月額500円(年額6000円)が必要です。
これは一見、従来のファンクラブより少しだけ割高に見えます。

しかし、「プレミアム・サポーター」の特典は
例えば下記のようなものです。

・入会したら会員証が送られてくる
・1年に1回程度、必ずCDアルバムが無料で送られてくる
・1年に1回程度、必ずライブDVDが無料で送られてくる
・1年に1回程度、必ず「プレミアム・サポーター」限定の、
無料ワンマンライブに参加できる
・無料メールマガジン上にて、メンバーに公開質問する権利が得られる

本来、アルバムは3000円、ライブDVDは3000円、
ワンマンライブチケットは3000円、という価格がつくと仮定すると、
月額500円(年間6000円)は、お得だと思いませんか?
(金額や特典の内容はアーティストごとに異なります)

一見、アーティスト側が
ただ割引販売しているだけに見えますが、違います。

今までは、あなたがアルバムを3000円で買っても、
アーティストに入る金額は下手したら数十円でした。
しかし、この月額500円は、
大部分がアーティスト本人に入ります。

つまり、あなたの負担は減り、
アーティストの収入は増えているのです。

これも、アーティストの生活や
モチベーションを支える、大きな力となるでしょう。

4.「ライブ」こそアーティストの「生きる」道
とはいえ、この「プレミアム・サポーター」制度は
OASのメインではありません。

OASの面白さの軸は、

・新曲が無料で入手できること
・それによって口コミが広がり、
ライブ動員やグッズ販売が伸びること

この2点につきます。

これからの未来、今よりもっと便利な技術や
サービスがどれだけ登場してきたとしても、

「ライブ」という体験だけは、絶対にコピーできません。

アーティストが、今までも、これからも、
自分自身を最大限に発揮し、
そして確かな収益を得る場は、
ライブに他ならないのではないでしょうか。

だとすれば、音源を無料で配布してしまうことは
もはやリスクとは言えません。

なぜなら、音源を入手するために
お金が必要な従来のシステムは、
ライブに来てくれる人の間口を
狭めているだけだからです。

この「OAS」は、まだまだ新しい試みなので、
僕たちメリディアンローグ以外には、
なかなか広まっていかないかもしれません。

しかし、たとえそうだったとしても
僕たちは自分たちを信じ、この道を進みます。

ですがそうではなく、
OASを導入するアーティストが続々と増えて、
皆さんはその中から「無料で」次々に
素晴らしいアーティストを発見していく。

将来、そんな流れが当たり前になったら、
日本の音楽業界は素敵な方向に
ダイナミックに変われるんじゃないかと、
僕たちは本気で思っています。

あなたの応援するアーティストさんにも、
このシステムが届きますように。

●メリログの曲が無料で聴ける!
メリディアンローグは下記メールマガジンにて、
2011年3月8日に最初の「無料新曲配信」を行います。

それ以降、毎月「第2火曜日」に無料新曲配信を続けます。

過去に配信されたものは後から無料で
入手することは出来ませんので、
ぜひともお早めのご登録をお願い致します。

●アーティストの皆さんへ。
http://frekul.com/about
・・・・・
新しい時代に合わせた音楽のビジネスモデル。
音楽好きの方、OASをぜひ活用してみてはいかがでしょうか!


『音楽を愛する全ての方へ』音楽業界に構造改革を!(メリディアンローグ) http://t.co/K9ZvoJD


by kasakoblog | 2011-01-05 19:19 | ネット


<< テレビが無料で見れる当たり前を考える      仕事始めだからこそ、立ち止まっ... >>