2001年 02月 26日
迷惑電話(2)
2月24日のつぶやきで書いた「ゆきちゃんからの電話」。
その2日後にまたまた実家宛てに今度は「テヅカ」という人から電話があったという。
またあいつらか。これは電話掛けないように懲らしめないといけないなと、使命感に燃えて電話する。

この前の「ゆきちゃん」の電話番号とは違ったが、例のごとく電話を掛けると、
社名を名乗らず「誰から電話いきました?」と若い女性が口にする。
電話口はかなりざわついた感じ。名簿かなんかで一斉にあちこちに電話を掛けているのだろう。
「テヅカさん」というと、例のごとく若い女性が出てきた。

「カサハラアキヒロさんですか」
おいおい、今度は俺宛てではなく弟宛てか。まあいい。とにかく懲らしめてやらんことに変わりはない。
「おたくはなんのカイシャなんじゃい」
「はっ?なんのカイシャって?」
「おたくから電話掛けとるんだから、どんなカイシャか名乗るのが筋だろうが」
完全に借金の督促モードで話す。相手はいきなりぶち切れている僕に困惑しているようだ。

「あの、失礼ですけど、カサハラアキヒロさんですか」
「あのね、私はアキヒロの兄なんですよ。この前もね、わけのわからん電話掛かって実家が迷惑してるんですわ」
「はあ、お兄様なのですか」
「あのね、おたくらどんな名簿から掛けてるか知らんけど、実家には住んどらんのだよ。
実家が非常に迷惑してるんだよ。二度と電話掛けてくんじゃねえよ。」
「はい、わかりました。」

相手の反応が素直だっただけに、もしかしてちゃんとした用件の電話だと困ると思い、相手の正体を突き止めておく。
「ところでおたくのカイシャは何やっとるカイシャなんですか」
「いえ、あの、そのプラスワンという会社なんですけど・・・」
「だから何やっとるカイシャなんじゃい!」
「情報産業とか教育産業と会社でして20代の社会人を対象としていまして・・・」
弟は社会人ではない。大学生だ。

「情報産業なんてどこもいってみれば情報産業みたいなもんじゃろうが。何やっとるカイシャかはっきり答えんかい。」
「あの、教育のイベントとかやっている会社でして・・・」
「ほう、ほう、イベントかね。そりゃたのしそうじゃね。」
といってブチっと電話を叩ききった。

それにしても立て続けに実家に電話を掛けてくるとは、全く持ってして困ったものだ。
弟がちょうど就職活動をやっているので、まさかその関連ではあるまいかと念のため弟に確認したら、
そんな会社全く知らないし、実家の電話番号を書くこともないという。

携帯電話全盛の時代に、古い名簿から実家の設置電話に掛けて、
わけのわからん商売の勧誘をしようという方法など、今時、時代錯誤なんじゃないか。
それでもまだこういう電話が立て続けに掛かってくるところを見ると、こういう商法に引っ掛かる人がいるということなのだろう。
どうせイベントだとか選ばれただとかいって、とんでもない高額の商品を詐欺まがい買わせて儲けてるに違いない。

こういう電話を掛ける行為自体が、他人に迷惑を掛ける重大な犯罪として罰則を強化しない限り、
いつまでたってもこの手の商法はなくならないのだろうな。


by kasakoblog | 2001-02-26 01:36 | 一般


<< ラーメン青葉      おいしいカップラーメンを探せ⑧ >>