2001年 03月 12日
「Days」MY LITTLE LOVER
名プロデューサー小林武史氏が自ら参加したバンドとして、売れるべくして売れたMY LITTLE LOVER。
95年デビューし、すぐに活躍。
98年までに12枚のシングルに4枚のアルバムを出し、精力的な活動を行っていた。

しかしボーカルAKKOと小林武史との結婚・出産のためか、98年以来、全く活動をしていなかったマイラバ。
僕らのマイラバを、小林武史がプライベートのために音楽活動を奪ってしまったような感じで、とても残念だった。
しかしやっと今年になって2年半ぶりに復活のシングルを出した。
マイラバの今後の活動に期待が高まる中、マイラバのベスト曲をセレクトしてみた。

数ある名曲の中でも、その解放感と伸びやかさで聞くものの心を癒してくれるベスト曲が、
98年、活動休止前の最後のシングルとなった両面シングルの片面「Days」。
「CRAZY LOVE」との両面シングルだったが、2曲目のためあまり知られていないのが残念。
両面シングルといえども、この曲を1曲目にすべきだったのではないかと思うほどの名曲だ。

「夏の北海道」キャンペーンソングにもなったこの「Days」。
ちょうどこの時、北海道に行ってこの曲を聞いたこともあって、北海道との結びつきが強いが、
北海道のどこまでも広がる大地のイメージとこの曲は絶妙にマッチしている。

広がる大地・解放感・地平線・伸びやかさ・・・
日常にいながら非日常世界へ夢想させるような旅音楽。
包み込むような声の優しさが心に響く。

どこかで子供の頃を思い起こすような懐かしさ・無邪気さが漂う歌詞。
メッセージ性は強くないが、背中から後押してくれるような歌。
「夢のようなDays、だけど夢じゃなく、この胸の中のリアル」と繰り返されるさびの部分が、
夢のような、現実の世界を目の前に浮かび上がらせてくれる。


by kasakoblog | 2001-03-12 01:55 | 音楽


<< カリスマ      藤原新也写真展~旅の軌跡~ >>