2001年 03月 05日
「Every morning」華原朋美
最近、電波少年に出演するまで落ちて(?!)しまった華原朋美だが、
デビュー当時は歌姫と呼ばれたほどの抜群の歌唱力と、愛嬌のある天然ボケした彼女のピュアさが人気を博した。
「好きな芸能人は?」との、愚問だがよくある質問に、それまで答えに詰まっていた私だが、
華原朋美の登場により、答えに困らなくなった。
ファーストアルバム「LOVE BRACE」、セカンドアルバム「storytelling」はもちろん買ってよく聞いた。

ところがだんだん曲を出すにつれ、なんだかへんてこな歌にされはじめた。
小室哲也の悪い癖で、はじめはいいのに、だんだんおかしな方向にいってしまう。
鈴木あみなんていう超へたくそな歌い手に、曲がまわされるようになって、ともちゃんの曲はへんなものばかり。

さらに追い討ちをかけるように小室哲也と破局を迎えたことで、
まるで廃人になってしまったともちゃんは、多分ヤクづけになったのか、
もともとの天然ボケではなく、薬の影響もしくは精神的ダメージによる精神障害が出始めた。
わけのわからない言動や行動が見受けられ、見るも絶えられぬ姿になってしまった。
それ以来なんだか華原朋美の曲を聞く気がしなくなってしまった。

ところが最近、歌は下手になったが、随分精神の方は復調したようで、元気な様子の華原朋美を見て、
なんだか急になつかしくなってきて、華原朋美のベストアルバムを借りてきた。
シングルが網羅されているベスト盤で、華原朋美の曲の中でも最高傑作の「I'm proud」や、
突き抜けるような高音が心地よい「Save your dream」、歌詞がテンポ良く流れる「Hate tell a lie」の3曲は特に素晴らしいが、
一番気に入ったのは、シングルにはなっていないアルバムの曲「Every morning」だ。

実にリズミカルでテンポ感のある曲調がなんともいえない。
嫌な事があっても疲れた時でも、なんだか「さあ、今日もたたかうぞ!」みたいな勢いをつけてくれる曲。
日常の他愛のないたいしたことのない歌詞が、逆に軽快な曲とマッチしていて、曲に楽しさを感じさせてくれる。
途中の歌詞で「報告しなくちゃ」という部分のところで「ちゃ」を言い切る声の感じが、
ともちゃんの自然な人柄が表れているようでとても良い。

「We are getting better Every morning Every night」と繰り返すこの曲のように、
人間の人生も、世の中の経済も、社会全体の文明も、時がたてば成長するという神話が崩壊した今、
必ずしも毎日毎日が良くなっていく、成長していくということはありえないが、
「We are getting better」と力強く歌い上げる彼女の声を、今、最も必要としているのは、
私たちであり、また華原朋美自身なのかもしれない。

「好きな芸能人は?」と聞かれて「昔の華原朋美」と、
わざわざ「昔」をつけずに済むようになってほしいと、心から願っている。


by kasakoblog | 2001-03-05 02:02 | 音楽


<< 野方ホープ      愕然とした思い >>