好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 14日

アマゾンで本を買うと本を読まくなる?!

今日、久々に書店に行った。
なんかびっくりした。
「そういえば最近、ぜんぜん書店、行ってないな」と。

本は買っている。
でももっぱらアマゾン。
だって書店であるかどうかもわからず、
どこにあるかもわからない本を、
わざわざ書店に行って買うよりも、
買いたい本があったらアマゾンで注文すれば、
明日とかあさってに自宅に届いちゃうんだから。

しかも今まで1500円以下は送料がかかったが今は無料。
そりゃ、書店に行かなくなるわけだ。

ただあまりに便利すぎて1つの問題がある。
書店に行くより、簡単に買えてしまうため、
いるかどうかはわからないけど、
とりあえず買っておこうと注文したのはいいけれど、
読まないまま1カ月2カ月放置したままの本が、
どんどんたまってしまうことだ。

多分、書店に行けば、中身を見て、
買うかどうかかなり吟味する。
しかしネット書店だと、
タイトルだけ見てクリックしてすらっと買えちゃうから、
あんまり内容も吟味せず、
今すぐに自分にとって必要な本なのかも考えず、
とりあえず買っておいて、
後で読めばいいという発想になるからだ。

いや、リアル書店に行っても、
読まない本を買い込んでしまうことはあるだろう。
ネット書店と違って、自分が探していた本以外にも目に入ってしまい、
ついつい良さそうだと買ってしまう。
でも本を持てる量には限度があり、
実際に財布からお金を出すという行為が、
いっぱい買ってしまうことの抑止力として働く可能性はある。

本を自分にとってどう考えるかによって、
たとえ読まずにしばらく放置していても、
読みたいと思ったら自己投資とわりきって買うべきだ、
という考え方もあるだろう。
全部無理に読む必要なんかなく、
自分が読みたいと感じたところだけ読めばいい。
お金的には無駄かもしれないが、
そういう読み方の方が、
買ってしまったから無理やり読むよりよっぽどいい、
という考え方もある。

ただそうであっても、
ぜんぜん開かず読まない本が、
どんどん大量に家に積まれていくというのはまずい。
お金もスペースももったいないし、
本をちゃんと選んでいないからこうなる。
そうなってしまうのは、
やはり本を買う時、ネットだと敷居が低いからではないか。

ネット書店だろうがリアル書店だろうが、
ついつい衝動買いというのはあるし、
本のタイトルを見ているととてもキャッチーだから、
全部自分に必要な、読まなくてはならない基礎知識だ、
とか思っていっぱい買いすぎてしまいがち。

いっぱい本を買っていっぱい読めればいいが、
買っただけで読んだ気になって満足してしまい、
ただ開けもせずつんどくだけでは意味がない。

本を買うならネット書店だろうがリアル書店だろうが、
今すぐ自分に必要なものなのかどうか、
しっかりと吟味してから買いたい。

本は読んでなんぼのもの。
読んで知識を得たり、何か刺激を得たりしてなんぼのもの。
読み返してボロボロになってなんぼのもの。
きれいに棚に飾るものではないのだから。


by kasakoblog | 2011-01-14 23:19 | ネット


<< なぜ女性の転職は難しいか      駅前薬局のせいで国民の健康悪化?! >>