好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2001年 07月 21日

『クミコハウス』書評

前作に比べて随分と文章が変わったな。
でもそれより何より、この人の写真はすごくいいな。
それがまず、すぐに思った感想だった。

『上海の西、デリ-の東』(素樹文生著)を書評ランキングで最低ランクにおいていた。
その著者が、同じ旅を題材にして別の書を作ったこの本は、
著者の成長のあとがはっきりとうかがえる。

旅の話の中身が、異国に対する文句からおもしろいエピソ-ドへと変わった。
ながったらしい文章から、会話を中心とした短い文章が増えた。
そしてこの本で、文章を書くより、この人は写真を中心にした方がよいということが明確となった。
彼にとって転回の一作となるのではないだろうか。

相変わらず文章に稚拙な部分が見えるが、前作とは比べものにならないぐらいよくなった。
写真は構図といい着眼点といい、きらりと光るものを強く感じさせる。

旅の話はおもしろかった。
ただもうちょっと話がいっぱいあればなということと、
ばらばらの一編一編をつなぐ工夫が欲しかったなということ。
こうなればすごく良い本になるだろうな。

彼も発展途上なのだ。
僕も書き手としては発展途上。常に前作より良いものを書いていきたいなと思った。


by kasakoblog | 2001-07-21 18:29 | 書評・映画評


<< 媒介手数料(かさこ金融道)      王国~ベトナム・第3章 忘れ去... >>