2001年 11月 29日
高円寺パスタ店・格安対決
価格破壊はとどまることを知らない。
ハンバーガー、牛丼に続き、わが高円寺では、パスタの価格競争が熾烈だ。

何でも一律300円のパスタ店「Q-300」。
パスタが300円という値段に驚き、恐る恐る入ってみた。
しかし残念ながら使える店ではなかった。味はそこそこだが、うまいとはいえない。
それだけならともかくも、300円にしているせいで、量が極端に少ない。
安さを追求したがために量を少なくすれば、結局あとでお腹が空いて何か食べるのだから意味がない。
安けりゃいいってもんじゃないんだ。
しかも夜にこの店は立ち飲みバーになるせいか、ランチにパスタを落ち着いて食べる雰囲気はない。

一方、破格のランチパスタ「南欧食堂 デル ソル」はすごい。
何がすごいかといえば、安いだけでなく、うまくて、しかも量も多く、サラダ・ドリンクもついているのだ。
ランチセットはパスタによって、490円~790円。
(もちろん僕は一番安い490円のペペロンチーニを頼むのだが、これが実にうまい!)
パスタは横長の皿にたっぷり。しかも単に量が多いだけでなくおいしいのだ。
サイゼリアのように安いがそこそこの味ということもなく、
イタリア料理専門店らしい、おいしいパスタをこの値段で出す。
(ちなみに夜もリーズナブルで、酒を飲めるので、ここはほんとおすすめの店だ)

ほんと料理に関しては言うことなしの素晴らしい店。
気になる点は、アルバイトの店員教育が徹底されていないせいか、
客に対する細やかな気遣い(客が来ても気づかない、水がなくなっても気づかない等)
に欠けるが、まあそれほど致命的な問題には至らない。

偉そうに1000円だとか1500円だとかで出しているイタリア料理店は、ぜひこの店を見習って欲しい。
この値段で、これだけのおいしさと量が出せるということは他ができないはずはない。
ただ儲けを優先するか、薄利であっても多くのお客さんに何度も来てもらうか、その違いに過ぎない。

全国の気取ったいためし屋に告ぐ。
この店を見習いなさい。


by kasakoblog | 2001-11-29 20:52 | グルメ・ラーメン


<< 「藤原悪魔」藤原新也著      マスクマン >>