2001年 12月 16日

日本的人情経営の良さ

高円寺は商店街で有名な町である。
未だにこれだけ長い商店街が残っていて、盛況な場所は少ない。
いろんな店が立ち並び、コンビニやファーストフードとは違って、商品も値段もまちまち。
都会均一生活に慣れた若者にとっては、ある意味では非常に不便だが、見て楽しめる場所でもある。

前々から気になっていた商店街にあるとんかつ屋「とん吉」に行った。
何年も前からずっと営業していると思われる年季の入った店構え。
店に入るとじいちゃん・ばあちゃんが店を切り盛りしていた。

まず店に入って驚いたのは、わかめサラダとパスタサラダが食べ放題であること。
これがなかなかうまいのだが、周囲の様子を見る限り、
とんかつはボリュームたっぷりそうなので、控えめに取って食べた。
そして待ちに待ったとんかつ980円は実にうまかった。
普通サイズのとんかつでもかなり量があったにもかかわらず、
地元の常連さんと思われる人たちは、これには飽き足らず「ジャンボとんかつ」を頼んでいるからびっくりだ。

とんかつを食べて満腹幸せな気分に浸っていると、
おばちゃんがすっとそばに寄ってきて、コーラの瓶を差し出した。
「どうぞ、サービスですから飲んでくんさい」

商店街に残る昔ながらの店だからこそ、こういったサービスができるのだろう。
常連でないはじめての客だとわかって「今後もご愛顧よろしく」の意味を込めてか、
コーラをサービスしてくれたのだ。

サラダの無料取り放題サービスも、こうした例外的なサービスも、
合理的経営ではなく、日本的人情経営だからできること。
こうした「日本の良さ」は、時代がどんなに「進歩」しても残っていてほしいものの一つである。

商売は人と人との関係で成り立つ。
どんなにでかいチェーン店だろうが、従業員がアルバイトであろうが、
個々の客に対応する臨機応変さと感情のこもった対応こそが、客を再び店に向わせるのであろう。

そんな古き良き時代の名残をとどめる、高円寺商店街。


by kasakoblog | 2001-12-16 21:01 | グルメ・ラーメン


<< ワークシェアリングを考える      現金主義の日本にクレジットカー... >>