2002年 06月 25日
ラーメン探訪・池袋おすすめ店
ラーメン探訪コーナーアクセス好評につき、力を入れてます。
池袋のまあまあ2店+おまけ1店を紹介します。

えるびす
味★★★★ 量:適量 水:普通
価値:0円(かさこ評価600円ー実勢価格600円)
一言:ちょっとスープが重すぎ

池袋西口から徒歩4分。ラーメン600円を注文。
高くてまずい池袋ラーメン地区にあって600円の値段には好感が持てる。
味はがんこらーめんそっくり。
しょうゆなんだけど、スープは結構がつんと重みがあり、味が濃厚で腹にたまる。
麺はそれにあった若干太い麺でスープと麺のマッチングは実によい。
具はチャーシュー1枚にねぎ、メンマと少ないが、
麺・スープとのバランスを考えるとこんなもので十分。
久しぶりにうまいらーめんを食ったなあという感じ。
しかもこれで600円なので、がんこらーめんより100円安い。
池袋の中では、今のところNO1かな。

ただ僕はやはり味噌が好きなので評価はB止まり。
濃厚なしょうゆ好きなら、よくこの手の味のらーめんはあるが、価格からしても評価すべき店だと思う。

個人的な感想をいえば、ちょっとスープが濃厚すぎて重すぎて、あとで胃にもたれる感がある。
(実際に昼食べたが夜までもたれた)
味はいいのだから、濃くすることによって味をごまかす必要はない。
さっぱりしょうゆで勝負した方がいいのではないかと思う。

ちなみに店や雑誌ではトッピングしたらーめんをおすすめにしているが、
あのスープの重厚感を考えると、あまりトッピングしなくても十分かと思う。
それにトッピングすると急に値段が跳ね上がるし。

蒙古タンメン中本
味:★★ 量:少ない 水:まずい
価格:0円(評価550円ー実勢550円)
一言:辛いだけ・・・という噂も

えるびすのすぐ近く。
雑誌で度々紹介されているラーメン有名店で、やはり並んでいた。
とにかくからさが自慢のこのラーメン店。
「からいはうまい」という味の美学はわからんでもないが、はっきりいってからすぎる。
食べた瞬間「ラーメン」というより「キムチうどん」を食っているといった感じ。
550円という安さが魅力。
辛いもの好きにはおすすめしたいが、とりたててうま~いというわけではないかな。

ばんがらラ-メン
池袋東口徒歩3分。光麺のちょい先。
前、来たときにはしょうゆを食べて、あまり印象がなかったので、今度はとんこつを頼んでみた。
ただのとんこつなら600円だが、それじゃあ味気ないと思い、「にこいち」なるもの(780円)を頼んでみる。
しかし何のことはない。
180円プラスして出てきたのは、のりが5枚とねぎが少し多めに入っただけだった。
なんのこっちゃ。バカにしとんのかと思ったが、気を取り直してラ-メンを食べてみる。

ス-プはうまい。
とんこつは結構人の好き嫌いが分かれるところだが、
とんこつ特有の臭さやしつこさがなく、それでいて味は濃くてまろやか。
ス-プはうまくて全部飲んだが、もっととあっても良かった。

めんは超極細麺。これだけ細いと「ラ-メン」という感じがあまりしない。
ここまで細くしている意味があるのか疑問だったが、結構麺の量がありおなか一杯にはなった。
ほんの小さいチャ-シュ-が入っていたがこれがとろみがあって実にうまかった。
800円ちかくも出しているのだから、チャ-シュ-6枚ぐらい入れて欲しいよな。

ということで総評価。
ス-プはうまい。とりあえず麺の量が多いので、麺自体の味はともかく腹一杯にはなる。
780円も出して具がねぎとのりしかプラスされないというのは信じられない話。
麺の改良と、せっかくのおいしいチャ-シュ-をいっぱい入れてこの値段で出せば、
いくらでも食べにいくが、今の時点では別にもう一度行く必要性はなさそうだ。


by kasakoblog | 2002-06-25 09:17 | グルメ・ラーメン


<< 臨時ニュース      西洋医学と東洋医学 >>