2011年 02月 19日
サル山にかさこ読者現れる!!!~工場が観光資源になる
愛知のモンキーセンターのサル山で撮影をしている時のこと。
手に「かさこマガジン」を持った若い男性が現れ、
「ひょっとしてかさこさんですか??」と声をかけられ驚いた。
今日の私のツイッターで、
私がモンキーセンターに来ていることを知り、
名古屋から駆けつけてくれたのだ。

「一度、お会いしたかったので」
なんともうれしいサプライズだった。

社会人1年目のすずきだいすけさん。
かさこワールドは高校の時ぐらいから見てくれていたという。
地元、静岡の富士市の工場写真などで、
かさこワールドを知ってくれた。

大学では観光学を専攻していたことから、
地元の工場景観を活かした観光誘致の卒論を書いたという。
工場萌えの威力を知らない人は、
「工場で観光誘致なんて」と思うかもしれないが、
近年、地方自治体は観光誘致のために、
工場夜景クルーズや工場見学ツアーに力を入れている。

2月23日には、工場地帯を持つ自治体や観光協会が集まり、
「全国工場夜景サミット」が行われているという。
私が2007年に工場写真集を出版した当時、
夜景クルーズをやっているところはなかったが、
川崎市、北海道室蘭市、三重県四日市市、北九州市などで、
工場夜景クルーズを観光誘致の秘策として始めたという。
1月に北海道新聞に取材を受けて私がコメントしたのも、
工場を観光誘致に活かそうという動きがあるからだ。

コンビナートの見学とはやや趣は異なるが、
1月に出版された「工場見学 首都圏」(昭文社ムック) は、
えらい売れ行き好調なのだという。

世界では産業遺産の遺構は世界遺産になっているものもあり、
※ドイツ・フェリクリンゲン
http://www.kasako.com/1009volk1.html
※イギリス・ブレナヴォン
http://www.kasako.com/1005londonfoto5.html
工場ではないが、軍艦島が観光解禁になって大人気となっているように、
※軍艦島
http://www.kasako.com/0909gunkanfoto.html
産業遺産というのは観光客を呼ぶコンテンツとなりうるのだ。

そんなわけで工場地帯に暮らし、
地元の活性化のために工場を活かそうと考えていた、
すずきだいすけ君と話をしていて、
工場夜景のコンテンツ力のすごさを改めて思い知った。

しかしネットってこうしたステキな出会いがあるからおもしろい。
ツイッターがなければこうして出会うこともなかっただろう。

彼はネットを使っていろいろないい出会いをしているみたいで、
来週にCR-Zの全国イベント企画しているという。
http://cr-z.interesting.jp/anniversary/

ネットはリアルの出会いをつなぐポータルサイト。
十分な注意が必要とはいえ、ネットをうまく使えば、
リアルでは絶対に会わない人たちと交流することもでき、
仕事と家の往復で社会人になって世界が狭くなって、
客観的に自分のポジションがわからないといった、
デメリットを補うことができるのではないだろうか。

ちなみに、彼は先週たまたま電車で乗り合わせた人と、
話す機会があって、その人のケータイ画面のmixiに、
見慣れた猫のアイコンが写っていて、
「えっ、ひょっとしてかさこさんとマイミクなんですか?」
とお互い驚いたというエピソードも聞いた。

ネットっておもしろい。

※すずきさん。
モンキーパークから桃太郎神社に連れて行ってくれて、
名古屋まで送っていただきありがとうござました~~

かさこツイッター
http://twitter.com/kasakoworld

工場写真目次
http://www.kasako.com/kouzyoufotomokuzi.html

日本珍スポット目次
http://www.kasako.com/japanfototop.html


by kasakoblog | 2011-02-19 18:44 | ネット


<< 夢を追いかけて11年      恐怖と欲望が支配する市場~日本... >>