2011年 02月 27日
入試問題ネット投稿に見る時代錯誤な受験勉強
社会で求められる力とは何か?
独力で問題を解決することではなく、
あらゆる手段を使って、最速に適切な正解を導き出すことだ。

しかし今の日本の試験問題は、
記憶力重視の独力を問うものばかり。
だから勉強ができても、
社会人になって仕事力のない、
頭でっかちな人ばかりが量産されているのだろう。
これこそ経済マイナス成長戦略だ。

京都大学の大学入試の試験時間中に、
ケータイから問題が投稿され、
回答を求める書き込みが行われた。
そして試験時間中に、回答が寄せられたという。

メディアは相変わらず、投稿者を糾弾し、
投稿に使われたヤフーの知恵袋を批判する論調だ。
さらに文部科学省幹部は「入試制度の根幹を揺るがす事態」と、
調査を急がせる方針だ。

ほんと、ばっかだなと思う。
二重三重に愚か。
こんなことやってるから、
日本はルールに従うけど創造性がない、
言われたことはやれるけど、
自分から課題を見つけられない、
どうしようもない人間ばかりが量産され、
創造性豊かな人材が生まれず、
画期的な商品を開発できず、
新しいビジネスモデルを立ち上げることができず、
結果、経済が成長できずに閉塞感が充満しているのではないか。

まず糾弾されるべきは、
投稿者でもなくネットのサービスでもなく、
怠慢な試験監督官と大学の管理体制だろう。

一定のルールを守らせて競わせるのなら、
大学側が不正が行われないよう、
万全な環境を提供すべきだ。

試験中に何度もケータイ電話が使われる。
そんなことを許してしまう、怠慢な大学側が悪い。
メディアは投稿者のずるさを指摘しているが、
そんな簡単にずるをさせてしまう、
大学側の管理体制の怠慢が根本ではないか。
他の受験者に対して失礼極まりない。

ケータイを教室に持ち込ませなければいいだけの話だし、
カバンなどの持ち物も持ち込み禁止にすればいいだけの話。
ちゃんと試験官の人数増やして、
ケータイによる不正だけでなく、
カンニングなどの不正にも目を光らせるべきだ。
そのために高い受験料支払わせてるんだろうから。

にもかかわらずNHKなんかでもそうだけど、
まるでヤフー知恵袋の存在が悪いかのような報道。
他の受験者にネット投稿者への批判を語らせているが違うだろ。
怠慢な大学が悪い。

ただ根本的に私が思うのは、
このネット投稿者がこの方法で正解を導き出し、
大学に受かったとするなら、
それはそれですごい能力を持った人だと評価できると思う。

・試験中にバレないようにケータイを使う優れた技術。
・ネット投稿の回答が正しいかどうかもわからないのに、
それを信じる運の強さ。
・今回の件は複数の協力者がいると見られているが、
彼に協力してくれる人を集められる人柄のすごさ。
・ネットを使って回答を導き出す力。
・この不正がバレなかったすごさ。

これは恐るべき能力だ。
こんなすごいことできる人はいない。
だってどう考えても、この危うい賭けはどこかで破綻する。
試験中に見つかるかもしれない。
ネットの回答が間違っているかもしれない。
後から不正がバレるかもしれない。

こんなバカげたリスクを抱えるぐらいなら、
まともに勉強した方がよほど合格確率は上がると思うのだが、
このリスクを賭けてでも成功させることができたら、
それはそれで素晴らしい能力を持った人材ではないか。

どうせならいっそのこと、
ケータイもパソコンも持ち込み可にして試験すればいいじゃないか。
今、社会に求められている力って、
自分が何でも記憶していることではない。
自分一人で回答を導き出すことではない。

いかに今ある社会のツールを使って、
適切な回答を迅速に見つけるのかにあるのではないか。

ケータイやパソコンがあったって、
制限時間内に正しい解答を見つけ出すのは、
かなり困難なことだ。
よほどネットに長けていなくてはならない。
そういう能力が今、社会に求められている。

採点方法も変えればいい。
回答が合っているかではなく、
正解を導き出すためのプロセスを採点する。
どのようなネットの手段を使ったのか。
例えば、金払って塾の講師に解いてもらったとかは、
金がない場合に使えない手段だから0点とか、
ネットの掲示板を使ったとしても、
その回答が合っているかどうかを、
どうやって検証したのかで採点をつけるとか。

大学に入った後だってそう。
いい論文を書くには今やネットは欠かせない。
ウィキペディアの丸パクリとか、そういう問題じゃなく、
今やネットを使えば海外でも情報の原典にあたれる可能性がある。

今までネットがない時代は、
本で調べるとか、ウソだらけの新聞を信じるとか、
そういうメディアしかなかったわけだけど、
ネットをうまく駆使すれば、
短い時間で情報の原典にもあたることができ、
素晴らしい論文が書ける可能性もある。

そういうネット調査力が、社会人でなくても、
学生だって求められているわけだ。
だからそのような能力を問う試験方法だって、
考えようによっちゃアリだ。

昔、多くの人はよく使う電話番号は丸暗記していた。
でも今、電話番号を暗記している記憶力は、
何の評価対象にも能力にもならない。
なぜなら機械が覚えてくれるからだ。

昔は改札の切符切りは職人芸だった。
でも自動改札ができたら、
その職人芸は何の役にも立たない。
今の大学入試問題や受験勉強って、
ややもすると、自動改札がある時代に、
切符切りの能力の優劣判断しているともいえなくもない。

もちろん高度な問題を解くには、
基礎的なことは暗記しなくてはならない。
そもそも問題を解く場合でも、
ネットで調べるより自力で解いた方が早い場合はあるだろうし、
その方が間違いがないという場合もあるだろう。
だから基礎的な学力が必要なのは言うまでもない。

ただケータイメモリー機能がある時代に、
電話番号何個覚えているか答えさせて、
それで人の能力の優劣つけて、
合否を判断するって時代錯誤なんじゃないですかってこと。

機械ができることは機械にやらせればいい。
人間は機械を使いこなすこと。
さまざまな機械からどの機械を選ぶか探し出すこと。
そして機械ではでき得ないことをやること。
それが人間の“能力”ではないか。

時代が変わっているのに、
時代の変化に合わせた教育方法になっていない。
試験制度になっていない。能力診断になっていない。
だから受験勉強の能力が高くても、
社会になって役に立たない人材だとか、
学問においても独創的な研究ができないだとか、
そういうことが起きてより日本の経済を悪化させている。

立教大学の英語の入試問題では、
同じネット投稿手法により、
英文の穴埋め問題が投稿されたという。

今時、英文の穴埋め問題なんかやっているから、
英語を6年間勉強し、
さらに受験勉強してもろくに英語が話せない人材しか育たない。
これは国家としてのマイナス戦略だ。

何のために英語を勉強させるのか。
目的と手段が混合し、
穴埋め問題に優れた学生が生まれたところで、
英語がろくに話せないから、
社会人になってからわざわざ英語の勉強をし直す人が、
いっぱいいるのだろう。
これは大きな国家的経済損出といっていい。

ネット投稿を機に、ネット投稿を叩いて終わりにするのではなく、
国家の成長戦略に資する人材を育成するために、
どんな受験制度や入試問題、義務教育、大学体制がよいのか、
抜本的に考え直すべき時期に来ているのではないか。

ちなみにネット投稿が行われた京大では、
数年前から「社会常識」の授業が実施されているという。

なんかおかしくないか?
お受験勉強の前に教えるべき、問うべき知識や能力はいっぱいあるはずだ。

<お勉強ができる高学歴者なのに仕事ができない人の特徴>
・一人で仕事を抱え込み、他人に仕事をふれない
・一人で悩んでばかりで、他人に聞こうとしない
・本で勉強することが中心で、人から仕事のやり方を学ぼうとしない
・何でもかんでも一人でやろうとして、結果、仕事が遅くなる
・社内の人間や外注先を使うのが下手
・与えられた問題を解くことは早いが、自ら問題提起できない
・無難な企画は出せても斬新な企画は出せない

こういう人間が量産されているのは、今の受験勉強と無縁ではあるまい。
高度成長の頃はそれでよかったかもしれないが、
今はもうそのような時代ではないと思う。

追伸
しかし恐るべきことにこの問題で、
京都大学が警察に被害届を出したという。

ほんと大学って問題の本質をそらすのがうまい人だなと関心してしまう。
試験に不正が行われた受験生の憤りをネット投稿者にそらし、
ケータイ電源を切ることを徹底できなかった、
そういう不正した輩を見つけられなかった、
自分たちの管理の甘さを棚にあげるプロ。

試験中にケータイで問題投稿されちゃうなんて、
そんなずさんな試験体制が問題なんじゃないですか?
再発防止のために、試験中は学校側が用意した鉛筆だけしか使えず、
荷物は持ち込ませないとか、試験官増やすとか、
それがちゃんとまじめにやっている受験生の「被害」に対する、
「加害」者の責任なんじゃないのか。
ネットに投稿された俺たちは悪くないって、
その腐った根性がまじめな受験生をバカにしているとしかいいようがない。


by kasakoblog | 2011-02-27 20:47 | ネット


<< 36歳&毎日更新日記12年目突入!      工場夜景ツアー3/26に開催! >>