2007年 09月 29日
白夜行 東野圭吾
2冊立て続けに東野圭吾作品があたったもんだから、
分厚い3冊目に突入したのだが、
この本はまったくおすすめできませんので、注意。
もしこの作品から読んだら、
「手紙」や「天空の蜂」がおもしろいとすすめても、
「ほんとかよ」と半信半疑になるだろうから。

長い、そして半分くらいいった時点ですべてがわかってしまい、
もう読者は真犯人をしってしまっているのに、
いつまでもその真相に近づけず、
何度も同じことを繰り返すストーリーに嫌気がさしてくる。

東野圭吾らしい、最後にえっ、そんなことが、
という真相が1つだけあるものの、
もう真犯人が本の半ばでわかってしまっているから、
それでなんなのって感じになってしまう。

登場人物もいっぱい出してきて、
いろんな事件を20年にもわたる話を積み重ねていくんだけど、
さすがに長いし、はじめはなんでこんな長くて、
いろんな話を積み重ねているのかが意味がわからない。

やりたいことはわかるんだけど、
あまりに長すぎるし、容易に読者に犯人がわかってしまうんで、
もっとコンパクトに構成を考えて作ってほしかった。

おもしろくなくつまらないので、読まない方がいいでしょう。


by kasakoblog | 2007-09-29 22:37 | 書評・映画評


<< 節約が家計と地球を救う      天空の蜂 東野圭吾 >>