2011年 04月 18日
原発建設はテロリストの仕業?
福島1~3号機核燃料、保安院「溶融」と初見解したようだ。
しかし国民は驚いていない。
そんなのとっくに溶融してたんだろ!と。

だいたい福島原発事故の問題はまだ何も片付いてないのに、
この国のテレビはもうすっかりバラエティ番組一色。
国営放送(NHK)すらニュースをやらずに、
くだらん番組を平然とやっているのに驚く。

もしこれが海外だったらどうだろう?
原発ニュースを四六時中やっているテレビ局が、
1つか2つあってもおかしくないんじゃない?
すっかり国民はテレビでほとんど取り上げられないから、
安心しきっているように思える。

ただ福島で終わればまだいい。
だって日本全国にはまだまだ原発がある。
しかも地震多発地帯に。

地震が多い新潟中越には柏崎刈羽原発が。
東海大地震がもし来ると浜岡原発が。

今はなんだかわりと多くの人はのん気だ。
福島で放射能が漏れたって東京まで遠いし微量じゃないか。
福島県民は住めなくなるかもしれないけど、
ぐらいにしか思っていないのかもしれない。

でも福島以外にも原発はある。
地震や火山が活発になっている今、
他の原発がある場所で福島と同じ過ちが起きる可能性がある。
すると首都圏なんか北から西から、
あちこちから放射能の危険性がある。

日本に生まれた以上、地震は恐いけど、
ある意味では仕方がないというあきらめはある。
地震の揺れの数分さえなんとか生き延びれば、
あとはどうにかなるかもしれないという、
地震大国ならではの希望的観測があるかもしれない。
でも今回のように地震だけでなく原発事故が他で起こったら・・・。

今、広瀬隆氏の「原子炉時限爆弾」を読んでいる。
文字通り、日本中に地震が来たら爆発する、
原発というとんでもない時限爆弾が仕掛けられている、
という主張だ。

3月の大地震と福島の原発事故が起きる前にこの本を読んだら、
「何を大げさな、いくらなんでもそんなこと起こるわけがない」
と笑ってやり過ごせたかもしれないが、
今読むと実に恐ろしい。

福島で終わればいいが、
福島だけで終わらない可能性がある。
そうなったら日本はどうなってしまうのか。

もしかして原発って、
日本を敵対する工作員が何十年もかけて、
日本に侵入して原発推進して建設することで、
「時限爆弾」を仕掛けたんじゃないかとすら思ってしまうぐらい、
地盤が弱いところや地震が多いところに狙い撃ちで、
原発が建てられているように思う。
一体、なんで原発推進してしまったのだろう。
地震だけならなんともなかったはずなのに。

とはいえレベル7の事故になろうが、
日本人はある意味では「冷静」なのかもしれない。
レベル7の事故が日本で起きて、
西日本に逃げなくっちゃって話を、
先日、東京の居酒屋でのんびり飲み話としてしている、
そのギャップを思う。

もしそんなに大変なら東京で酒飲んで、
話なんかしてる場合じゃなく、
今すぐにでも防護服着て、
西日本に脱出しなくちゃいけないんじゃないかとか。

ただどうなんだろう。
原発のすぐそばにいて、
急性被爆してすぐ死んでしまうというのなら、
日本中がパニックになるんだろうけど、
“多少の”放射能物質がきて被爆して、
数十年後にがんになる確率が多少上がりましたってことだけなら、
よっぽどタバコの副流煙浴びている方が悪いだろうとか。
だから別に赤ちゃんや小さな子供がいない限り、
レベル7だろうが溶融だろうが、
のん気に暮らせるのかもしれない。

ただ確実にいえるのは、
この先も日本で大地震が起きる可能性があり、
原発は福島だけではないことだ。

さて日本人はどうしたらいいんだろう?

放射能ぐらい平気だともういっそ開き直るのか、
それともみんなで西日本に避難するのか。
(西日本にも原発はありますが・・・
それに西日本って、
中国からいっぱい有害物質が飛んできてんじゃないか?とか。
福島の微量の放射能と、
中国の有害物質と果たしてどちらが健康被害があるのか、
私にはよくわからない)

次の大地震はどこで起こるのだろう。
そして「第二の福島」が出ないことだけを祈りたい。


by kasakoblog | 2011-04-18 22:52 | 一般


<< 人生とは自分の心の映し鏡      千葉で地震頻発~4月18日かさこ新聞 >>