2011年 08月 05日
ジャンケンだって被災地支援!~南相馬レポート
e0171573_2314530.jpg

トイレ行く暇すらなく、ずっとジャンケンして疲れちゃいましたよ!
でもそんなことでも被災地の役に立てるって、はじめて知りました。
自分にもできることあるんだなって。

南相馬市の避難所で2011年7月24日に行われた避難所祭りでのこと。
昨日の日記で紹介した、
被災企業でもあるADワールドの平澤潤子社長と、
その新入社員、庄子君は、
このお祭りに出店するために、
私と建築家の高崎さんとともに、東京から避難所に来ていた。

庄子君は3.11の時に愛知にいた。
だから東京にいる人ほど、
地震の大きさや地震による混乱は実感してないという。
しかも被災地に行くのもはじめて。
「被災地に行って自分は何をするのだろう?」と、
ちょっと不安に思いながら、平澤社長とともに同行していた。

ADワールドは、このお祭りでは、
ボールすくいと景品をあげるジャンケン大会の出店を出していた。

e0171573_23151257.jpg

これが大盛況だった。
子供たちがひっきりなりに訪れる。
お祭りの出店は食べ物関係ばかりで、
子供向けの店が少なかったからだ。

庄子君とADワールドのもう1人若手社員小野君とで、
大挙して押し寄せる子供たちと、
ひたすらジャンケンを行い、
勝った人に景品をあげるという作業をずっとしていた。

「ねえ、もう1回、ジャンケンしてもいい?!」
と子供たちは何度も何度も並ぶ。
お祭りはみなボランティアだからお金はとらないから、
もちろん何度でもできる。
そんなわけで夏の炎天下の校庭で、
彼は何時間も子供たちとジャンケンをしていた。

「ちょっとトイレ行こうにも行けないし、
ちょっと休んで食事でもしようものなら、
早くジャンケン!とせがまれる。もう大変でしたよ~」
と言いながら、庄子君はとってもうれしそうな顔をしていた。

「被災地の避難所に自分なんかがいっていいのだろうかとか、
何もしてあげられないけどどうなんだろうとか、
行く前にいろいろ考えていたけど、
ジャンケンするだけでも被災地のためになるんですね。
そんなこと、思いもしなかったけど、来てみて実感しました。
自分が何かの役に立ててうれしい」と、
ちょっと涙をうるませながら、
感慨深げに語っていたのがとても印象的だった。

被災地に行くなんて迷惑だ。
自分は何もできない。
災害ボランティアの専門家とか、
医療の専門家しか行くべきではない。

なんかそんなおかしな言説が常識化され、
それが被災地に行かない「言い訳」として利用されたり、
被災地に行きたいと思っている人を遠ざける要因になっていた。

でも一度被災地に行けばわかる。
いくらでもやることはある。
どんなことだって役立つ。
たいした技能や知識がなくたってできることはたくさんある。
行けばいいんです。
行くだけで、被災者の方から話を聞くだけだって、
子供のお守りをするだけだって、
それはとてつもない支援になる。

私は私の技能を活かして、
別に金になる仕事のためというのではなく、
興味があるから自費で勝手に行く、
いわば“ボランティア”として、
何度も被災地を訪れている。
(結果あとから仕事になったりはしているけど)

でも行くきっかけがなかなかなくて、
行きたいけど行けないという人もいるし、
行っても現地で何をしたらいいかわからないという人もいる。

そんなわけでこの土日は福島のいわき市に、
4人を連れて被災地に行ってきます。

1000年に1度の危機にもかかわらず、
自分では何も行動せず、人をねたんでばかりで、
口先ばかりでああだこうだ人の批判をする人間もいるが、
100の言葉より1の行動でしょう。

目の前に困っている人がいる。
未曾有の大災害が起きた。
その現場を見ないで、そこに行かないで、
一体何を語れるのだろう?

もちろん家族や仕事の事情で、
行きたくても行けない人も多いと思うし、
そういう人は仕方ないけど、
物理的に行ける条件にある人なら、
物見遊山でいいから現場を見に行ったらいい。
そしてもし何か手伝えることがあるなら手伝ったらいい。

そんなわけで今回は被災地の取材をかねつつ、
今まで被災地に行ったことのない方々を連れていくのも、
私の今回の大きな目的。
一人でも多くの人にテレビではなく、
現場に立ち、被災された方の生の声を聞いてほしい。

3月末からいわき市の避難所支援を行っていた、
東京のNPO法人・響きの森netのメンバーの1人、
上田泰正さんは、被災地に行って人生が変わったという。

「炊き出しするぐらいのつもりで、
4月はじめに避難所に行った。
そこでたまたま被災者の方から、
家に残っている思い出の品を探したいから、
車が流されてないので津波被害のあった場所に、
連れて行ってほしいと言われた。

まさか津波被害の場所に行くことになるとは思ってもいなくて、
でもその被災者の方と一緒に行き、
家が完全に流されてしまったため、
家の場所を探し、瓦礫の山から思い出の品を探そうと、
自分の手で瓦礫をどかしはじめた時、
自分の中で何かが変わった。

自分でも役に立てることあるんだ。
テレビでは見ていたけど、
こんなひどい惨状にあった人たちに対して、
何もしないで見捨てるなんてできない」と。

e0171573_23165438.jpg

4月に比べれば今はもう、
だいぶ瓦礫は片付いている地区が多い。
それでもやっぱり現場に行くと違うと思う。

そんなわけで土日はまた福島のいわき市に行ってきます。

・被災地レポ&写真
http://www.kasako.com/110311top.html


by kasakoblog | 2011-08-05 23:17 | 東日本大震災・原発


<< 福島いわき市にいます!      お台場ガンダム復活! >>