2011年 08月 15日
期間限定の方が売れるチキンタツタ
8/12よりマクドナルドでチキンタツタが復活!
昨年も何度かチキンタツタが復活した折は、
毎日のように食べていた。
いや~うまい。
かつてはレギュラーメニューだったのに。

私がマックでアルバイトしていたのは、
1993年~1997年のこと。
チキンタツタは今のように期間限定ではなく、
れっきとしたレギュラーメニューだったのだが、
レギュラーメニューのハンバーガー類の中では、
最も売れていない商品だったのではないか。

まずくはない。
というよりおいしい。
でも売れない。
うる覚えだが、当時のバリューセットでは、
ビッグマックと同じ600円という値段設定で、
高いということもあったかもしれない。
ハンバーガー、チーズバーガー、てりやきバーガー、
フィレオフィッシュ、ダブルチーズバーガー、ビッグマック、
というレギュラーメニューに加えて、
その都度、期間限定の季節商品が出ると、
だいたいそれらに持ってかれてしまい、
タツタはわりと忘れ去られた存在になっていた。

しかもマックで働いていた身からすれば、
チキンタツタは独自パーツが多くて、
手間ばかりかかってあまり儲からない商品。

バンズは特製。
キャベツを使うのもタツタだけ。
ソースも専用。
パティも専用。

狭い厨房スペースに、
タツタのためだけに存在する食材を置かなければならず、
しかもあんまり売れなくて、
作り置きしてないでたまに注文が入ると、
それでウエイト(待たせる)になってしまい、
接客のオペレーションにもお荷物、
といった具合でかなりのやっかいものだった。

だからおいしかったけど、
レギュラーメニューからはずしてしまえ!
という英断を行い、
でもかつてレギュラーメニューで、
ファンは多かったから、
たまに期間限定で復活すると売れまくるという、
いわば月見バーガーやグラタンコロッケーバーガー、
てりたまバーガーなど、
レギュラーにはならないけど、
季節限定の定番商品として不動の地位を得た、
といっても過言ではない。

ただ実は今、チキンタツタと同じ命運をたどろうとしている、
かわいそうなレギュラーメニューがある。
ベーコンレタスバーガーだ。

ベーコンレタスバーガーはかつて期間限定メニューだったが、
これが実に人気でばかすか売れる。
ことあるごとに、
「ベーコンレタスバーガーをレギュラーメニューにしてほしい」
との声が実ったのか、みんなそう思っていたのか、
なんとレギュラーメニューになったのである。
レギュラーになった当初は、ベーコンレタスバーガーばかり注文していた。

ところが、である。
なんだろう、レギュラーになってしまうと、
「いつでも食える」というのがあって、
そこに季節限定メニューでおいしいのがあると、
そっちの方ばかり食べてしまうという現象になり、
次第にベーコンレタスバーガーはあまり頼まなくなった。
まさにチキンタツタの二の舞まっしぐらである。

そしてベーコンレタスバーガーにも、
オペレーション的に大問題がある。
ベーコンが入っていることだ。

ベーコンはこのバーガーにしか使わない。
焼くのが結構面倒くさい。
チキンタツタがレギュラーメニューから降格してしまった、
似たような条件が重なっているのだ。

そんなわけできっとベーコンレタスバーガーも、
チキンタツタと同じように、
レギュラーから降ろして季節限定にした方が、
きっといっぱい食べるだろうと思う。

それにしても人間の心理って不思議。
期間限定なんて古典的なマーケティング手法が、
これほど有効に機能するとは。

いつでも食べれるより、
たまにしか食べれない。
そんなじらし感が瞬発的販売力を生むのかもしれない。

レギュラーへの壁は厚いが、
花形期間限定商品としても生きる道はある。

まるでハンバーガーの話じゃなく、
人生の話をしているみたいな感じだけど。

※2009年10月にタツタが復活した時も、
おんなじ内容の日記書いてました。


by kasakoblog | 2011-08-15 19:18 | グルメ・ラーメン


<< ペットを巡る被災地の悲哀~正直...      3度目の“原爆”が落とされた第... >>