2011年 09月 03日
撮影を禁止にすべきか否か~ネット口コミを考える
「メリディアンローグのライブは、
撮影・録音・転送・アップロードOKです」

私がまいどライブの撮影をしている、
メリディアンローグというバンドは、
ライブ中の撮影を一般に許可し、
かつそれをアップロードすることをOKにした。

個人的には「それいい!」と思っている。
だってファンの人がライブに行ったら、
絶対にブログやSNSなどの日記で書きたいと思うだろう。
そこに写真があったら読む人への伝わり具合が、
ぜんぜん違ってくる。

これはアーティストにとってもプラスになることが多い。
例えばミスチルのような、誰もが知っている、
一握りのメジャーバンドならともかく、
一部の人しか知られていないバンドなら、
写真付きのネット口コミがいい宣伝になるからだ。

もちろんデメリットもある。
変な写真を撮られたりとか、悪用されたりとか。
でもわざわざお金を払って、
ライブを見に来る人が、アーティストをおとしめるための、
写真をアップするとは考えにくい。

取材や旅行をしていると、
「撮影禁止」というところを多く見かける。
観光客とかすごく写真を撮りたそうなのに、
厳しく規制しているところもある。

でも「撮影禁止にするよりOKにして、
来た人がネットでアップして、
宣伝してくれた方がいいんじゃない?」
と思うことの方が多い。

ただ撮影OKのところで撮影する際、
注意したいのは撮影がメインで、
自分が楽しむことを忘れてしまうことだ。

観光名所に行くと、とにかくその名所、
すべてを写真に収めなきゃ気がすまないみたいな人とか、
どこでも必ず記念撮影撮らないと気がすまない人とか、
そういうのを見ると、気持ちはわかるけど、
気の毒な気もする。

それで楽しい?
その写真、帰って見返す?
今、自分のこの目で楽しんだ方がいいんじゃない?
と。

私の場合、撮影自体が仕事であるし、
写真を撮るのが好きなので、
あちこち撮りまくる方だし、
それが思わぬ仕事になったりするので、
撮影自体を楽しんではいるんだけど、
一般の人が写真ばかりに集中してはどうなのかなと。

ライブでの撮影を一般にも許可したメリディアンローグは、
「基本的には、純粋にライブを楽しんでもらいたい、と考えています。
なので、ライブ中ずっと撮影してるとか、カメラばっかり見てるとか、
そういうのはちょっと寂しいです。
あくまで、ここぞ!という時にサラっと思い出を残してもらって、
あとは全力で「生」を楽しんでもらえたらと思います。」
とメッセージしているがその通りだと思う。

お客さんを呼びたい側は、
他のお客さんに迷惑にならないようであれば、
撮影OKにしてネット口コミを広げてもらった方が、
プラスが多いだろうし、
お客さん側としても写真を撮っておけば、
その時の記憶が鮮明によみがえるし、
その時の楽しさを友達に伝えやすい。

そんなわけで「撮影禁止」のところは、
禁止でいいのか見直してみるといいだろうし、
写真ばかり撮影しているお客さんの方は、
写真ばかりに熱中して、
肝心のその場の体験をおそろかにしていないか、
考え直してみるといいと思う。


by kasakoblog | 2011-09-03 18:01 | ネット


<< SENSE in the fi...      ボランティアが被災者の自立を阻... >>