2011年 09月 19日
脱原発デモが絵に描いた餅にならないように
脱原発デモを主催した大江健三郎氏は、
我々にできることはデモだというが、
できることはデモだけでなくいくらでもある。
デモが単なるお祭り騒ぎでなく、
人数集めの示威活動(パフォーマンス)で終わらず、
真に脱原発を実現するために、
原発推進派から突っ込まれても、
きちんと対応ができるような、
一貫した行動と理論武装をしてほしい。

・まさか喫煙者はいないよね?!
なぜ脱原発を訴えるのか。
その大きな要因は「子供たちを放射能から守れ!」
ということ。
放射能にさらされると子供の発ガン率が高くなり、
病気になる可能性が高くなるとも言われている。

じゃあ脱原発の人が、
まさか発ガン率を高めるタバコの煙を、
公衆の面前や子供の前でぷかぷか吸ってないよね?

タバコを吸うのは自由だと思う。
タバコを吸った本人がそれで死んだり、
病気になったりするのは生き方の問題だから、
別にどうだっていい。

しかし受動喫煙や副流煙によって、
吸わない人への発ガンリスクを高めているとしたら、
脱原発の前に人前でタバコ吸うなって、
突っ込まれるんじゃないのか。

国立がんセンターでは、
受動喫煙は、健康に影響が出るとされる、
100ミリシーベルトの放射線を浴びた場合のリスクと同じだという。
脱原発で放射能から子供を守れ!といっている輩が、
まさか公衆の面前でタバコなんか吸ってないよね?

ちなみに大江健三郎氏の脱原発の訴えを批判している、
池田信夫氏の記事によると、
福島事故で放射能で死んだ人は1人もいないが、
タバコによって毎年11万人以上が死んでおり、
タバコ値上げを応援してはどうだろうかと指摘している。
http://agora-web.jp/archives/1378824.html
http://www.health-net.or.jp/tobacco/risk/rs410000.html

・東京電力の今の原発依存度は何%か知ってるよね?
「脱原発というけど原発がなかったら電力が不足するじゃねえか!」
という反論に対してきちんと理論的数値を上げて反論できないと、
「おまえら現実を見ない理想論じゃねえか」
ときって捨てられるだけなので、
こうした批判に対する理論武装はちゃんと勉強してるよね。

2011年9月の東京電力の電力原発依存度は、
なんとたったの4.7%です。
福島原発はゼロ。新潟の柏崎刈羽原発が250万kw。
あとは火力が4069万kw、水力が971万kw。
http://www.tepco.co.jp/forecast/html/uchiwake01-j.html

しかも今年は114年間で4番目に暑い夏ですよ。
にもかかわらず、福島原発なしでも計画停電も大停電も一切なく、
大企業の節電はあったものの、
家庭でクーラー使うなとかパチンコや自販機は止めろとか、
そんなことには一切ならなかった。

つまり原発がなくても電力は足りるということが、
この夏、証明されたのです。
きちんとそうした数値で反論しないと、
「原発がないと電力が不足する」と洗脳されている、
バカな国民に対する反論にはなりませんので、
お気をつけください。

・原発がなくてCO2排出して温暖化してもいいのか?
原発推進派が脱原発に反論するロジックはこれ。
だったら原発推進派に逆質問しよう。
「温暖化の原因がCO2だという科学的根拠はあるのか?」
世界中がエコバブルと原発推進のために生み出した、
CO2悪玉論が本当に根拠があるのか、聞いてみたらいい。

ちなみに日本のCO2排出量は、
1965年から1974年にかけて約3倍も増えている。
じゃあこの時期、日本は温暖化になったのか?

でも仮に温暖化の原因がCO2だとしたところで、
日本は世界の中でどのぐらいの割合で排出しているのか。
たった4%である。
http://daily-ondanka.com/basic/data_05.html

CO2を排出しているのは中国22.1%、アメリカ19.2%で、
この2カ国で4割以上も排出している。
日本の4%が3.9%とか3.8%に削減したところで、
中国、アメリカの2大大国のCO2排出量を削減しなければ、
ほとんど効果はない。
つまり日本が原発をやめて多少CO2が多くなったところで、
世界に影響を与える度合いはごくわずかだということを、
頭に入れておきたい。

・脱原発すると日本企業が海外移転し空洞化する?
これもありがちな批判だ。
しかし上述の通り、原発がなくても電力は足りている。

そもそも日本企業の海外移転の一番の原因は、
原発が稼動していないからではなく、
日本の人口が減っていて、アジアの人口が増えているから。
原発問題なんか関係ない。
人口減少に歯止めがかからない限り、
原発をいっぱい稼動させたところで、
海外で生産し、海外で販売した方が効率的なのは明白だ。

原発稼動によって放射能汚染漏れ事故などにより、
子供が住めない土地が増え、
子供や女性に健康被害が増え、
今まで以上に子供が減ったら、
原発をいくら稼動させても人口が減るのだから、
日本企業は海外に移転する。
その議論のすりかえにごまかされてはならない。

・まさか暑いのにジャケット、ネクタイで通勤してないよね?
脱原発をするには電力消費量を少なくすることが大事だ。
少なくするのに手っ取り早いのは、
クールビズやウォームビズといった服装改革。
暑い時に暑い格好している人がいるから、
電車のクーラーがガンガンきいて寒くなり、
無駄な電力を消費するという構造になっている。

脱原発を訴えるのなら、まずはクールビズの徹底。
まさか脱原発訴えているのに、
8月が終わったからとかいって、
まさかジャケット、ネクタイで通勤してないよね?

我々ができることはデモだけじゃない。
無駄な電力を使わないために今すぐできることはあるし、
デモだけじゃなく、
きちんとした反論ができるよう勉強することも大事。
デモにももちろん効果はあるけど、
原発推進派から単なるパフォーマンスで、
おまえらそういいつつ行動伴ってないじゃないか、
と批判されないよう、注意したい。


by kasakoblog | 2011-09-19 22:33 | 一般


<< 自然災害を拡大させるのは小市民的行動      3.11で価値観は変わっても人... >>