2011年 10月 07日
好きな音楽をライブで聴ける幸せ~メリログワンマンライブレポート
e0171573_0595456.jpg

e0171573_0561615.jpg
e0171573_0562532.jpg
e0171573_0563946.jpg

自分の好きな音楽にめぐりあえることの幸せ。
自分の好きなアーティストのライブを楽しめることの幸せ。

2011.10.2、メリディアンローグのワンマンライブはまじやばかったです!
踊って、騒いで、泣いて、喜んで。
本当に楽しくてじんときて感動のライブでした!

そてにしてもこのワンマンライブで、
メリディアンローグは圧倒的に進化した。
19曲中7曲が今年3月から毎月無料配信している新曲。

続けることのすごさ。
毎月新曲配信しているからこそできる、
バラエティに富んだ新鮮な曲群を、
ライブで楽しめる贅沢さ。

メジャーデビューして、かえって制約が増えたせいか、
「活動休止」のように見えてしまったつらい時期を乗り越え、
自分たちで会社を立ち上げた新生メリログ初のワンマンライブは、
自分たちが楽しめる音楽を、出し惜しみせず、
思いっきり出しているその爽快感・豪快感が、
わっと伝わってきた。

人に自分の好きな音楽を勧めるのは難しいけれど、
彼らのライブは撮影自由、アップロード自由!
そして新曲もタダでもらえる!
そんわけで写真とレポートと動画を見て、
ぜひちょっとでもいいなと思ったら、
無料メルマガに登録して新曲をもらっていただければなと思います。

<ライブレポート>
オープニングのおもしろい工夫は、
ライブに行った人だけのお楽しみとして、
セットリストに沿ったライブレポートを。

涼さんコールで始まったライブ1発目は、
ライブ初披露、直近9月の無料配信新曲「アットランダム」。
待ちに待ったワンマンライブなだけに、
何を1発目に持ってきても盛り上がるわけですが、
馴染みやすくノリやすい、「アットランダム」って、
なんか新曲なのに昔からやっている曲みたいで、
とっても親しみやすいスタート。

この勢いのまま「クローンユニット」。
ノリの良さでは「アットランダム」にひけをとらないけれど、
「アットランダム」の“明るさ”に比べて、
少し“陰”を感じさせる、意味深な歌詞から広がる、
現代社会の世界観がぴりっとしびれる。
これもまたメリログならではの味わい深さ。

さらに勢いそのまま「ディストピア」。
もう難しいことは何も考えず、ギターに合わせて、
リズムに合わせて、体を激しく動かすのみ!
怒涛のスタート3連発でワンマンライブは幕を開けた。

MCの後、超超レアな久しぶりの曲。
2003年の1stアルバムから「チャイム」。
こんな昔の曲なのに、いや昔の曲だからこそ、
逆にすごく新鮮に聴こえてくる。
今のメリログなら昔の曲、何をやっても、
新曲みたいに聴こえるんじゃないかなと思う。
こういう久々な曲を聴けるのがワンマンの魅力!

次は新しく購入したというDJ機器の前に、
ボーカル涼さんが立ち、ラップで始まるメリログ新世界、
「ブラインドマスク」!

この曲、ほんとヤバい!
新曲無料配信でもらった時、
あまりにも今までのメリログと違って、
遊び要素も満載でかなりぶっ飛んだんだけど(笑)、
何度か聴いているとたまらなく絶妙な感じで楽しくなってくる!
「全部ラップの曲にしちゃおうかな」と、
半分本気?!でいう涼さんの気持ちもわからないでないほど、
実に完成度が高くって、ライブで聴くとこれがまた気持ちよくって最高。
涼さんもどの曲よりも楽しそうに歌っている。

次はこれぞメリログ世界の代名詞ともいえる、
かつての名曲「ストリングス」。
一昔前のメリログといえばこの「ストリングス」的世界観、
呪縛に捉われた現代社会の操り人形的・悲哀なイメージが、
強かったんだけど、
今、聴くと最近そうした曲が少ないだけに、
新鮮でもあり、でも何百回となくCDで聴いた曲だけに、
懐かしさもあってじんとくる。

ここでMC入って、今年は会社を立ち上げた話から、
彼らの社名でもある曲「ワールドスケープ」。
この曲もほんと大好きなんだよな!!
もう何度も書いてるけど、
この曲聴く度に、Windowsの草原のデスクトップの世界が、
目の前にぱっと開けるぐらい、
すごくゆったりのんびり開放感のある曲なんです。
涼さんが気持ち良さそうに、
ギターを曲に合わせて前後ににふりながら、
演奏している姿もまた、ゆったりとした気持ちになって、心地よい。

スローペースから一変して、
超ハイテンポな曲「翠星コンパス」!
そういえばこんな名曲も隠し持っていたか!
とシングル曲なのにもう随分昔の曲のような感じもする。
テンポは違えど「ワールドスケープ」と同じく、
何の暗闇もないというか、120%前向き、明るい曲調で、
これまたすごく心地いい気分にいざなってくれる。

ここで2曲アコースティック。
1曲目は「遺伝子の箱舟たち」。
アコースティックバージョンのせいか、
通常バージョンよりも歌詞をかみしめて曲を聴ける感じで、
すごくいいです。

2曲目は「一千年の時間旅行」。
私、もしかしたらメリログの曲の中で一番好きかも。
なんかこう旅の世界観がある曲って、
人生と風景が浮かんできて、
音楽が長い旅路を歩いていく後押しをしてくれるようで、
とっても好きなんです。

アコースティック2曲が終わると、
涼さんだけいったんはけて、
ギター長田さん、ドラム海保さん、ベースゆうたさんの3人の世界。
そしてこれもメリログライブの楽しみである、
ギターインストとドラムソロの演奏に。

ギターインストは「Outside the atmosphere」。
長田さんが作るインスト曲って、
歌詞がないのに歌っているような聴こえ方がして、
すごく聴きやすいのが特徴。
たっぷり長ちゃんギター独壇場を楽しめるのは、
ワンマンライブならでは。

続いて海保さんのドラムソロ。
ドラムだけで曲を表現できるっていうのはすごい。
というか海保さんってめちゃくちゃドラムうまい!
って当たり前のことなんだし、毎回そう思っているんだけど、
ソロになるとその技がすごく際立つんです。

この流れで涼さんが登場して演奏されたのが、
「光と闇」でこの流れもすごくよかった!
涼さんのアカペラではじまり、
静けさ、暗闇からまた新たな世界が始まるみたいな、
序章的でもあり終章的でもある、
すごく壮大なスケール感のある曲。
この曲ばかりはカメラのシャッターを切れないほど、
物音一つ立てずに、じっと耳を澄ませて、聴きほれてしまう。

MCはさんでここからものすごいラストスパート、
怒涛の5連発!!!!!

ほんとにこの曲はライブ向きで、
大化けしたという言い方は変だけど、
ライブのために存在するともいうべき踊れる曲、
「ダンシング・ウィズ・スペクトラ」でもうほんと最高なんです!
ライブでやみつきになるというか。
ミドルテンポな曲調ですごく気持ちがいい。
激しく踊るんじゃなく、気持ちよく踊れる曲。
よくもまあこんな曲まで作れるなという、
その曲の幅広さにも感心してしまう。

このミドルテンポな流れで「パノラマ」を。
昔は「パノラマ」はライブでは絶対に欠かせないとか、
「パノラマ」がないライブなんてはじめてだとか、
騒いでいたぐらい存在感の大きな代表曲だったけど、
これだけ毎月新曲が配信されると、
代表曲ではあるものの名曲の中の1曲にしか過ぎないけど、
「ダンシング~」の後って流れがすごくはまっていて、
これまた安心して気持ちよくなれる曲です!

2曲、ミドルテンポの優しい曲が続いた後、
いよいよこれから本番ともいうべき、
このところのライブで神がかっている、
これまたライブで大化けした曲、
「ウェイストランド・イン・メトロポリス」!

この曲、すごすぎ!
鳥肌たちまくり!
サビが特にヤバイ!
この曲の凄まじさ、すごさ、圧倒的迫力は、
ぜひ私が言葉を尽くすより動画を見てもらった方が早い!

この勢いのまま「アンバランス」!
これまた何も考えず、アップテンポな曲で激しくノレる。
心にためこんだエネルギーを一挙に爆発させるような、
心のうちを吐き出すような叫びの曲でもあります。

そして5連発の締めくくりは意外だったけど、
すごくはまった「ブランニュー・スタート」!
どちらかというとライブ一曲目にふさわしい曲なのかと思っていて、
これまでも一曲目に披露されることが多かったんだけど、
ラスト1曲前の最後に持ってきても、
とってもしっくりきて、ライブをまとめる感じで、
すごくよかったです!
無料配信を始めた記念すべき1曲目で、
ラストスパートを締めくくるっていうのが、
なんともいえない心地よさがあってよかったです。

そして最後に、本当に最後の締めの曲、
「未完成の地上絵」。

怒涛の5連発の盛り上りから一転して、
ライブ会場に涼さんの歌声がこだまし、
1つ1つの歌詞が染み込んでくる壮大なバラード。

曲を聴いているといろんな感情が想起し、
いろんなこれまでの人生の1シーンがよみがえってきて、
なんだかじんときて涙が出てくるような、
そんな人生ドラマを感じさせる曲。
ワンマンライブの終わりにふさわしい感動の名曲で締める。
涼さんが歌い終えた後も、
この先もずっとずっと人生が続いていくように、
エピローグを奏でるかのように、
最後の最後まで演奏が続いて終わるといった感じが、
感動をより倍加させ、たまらなかったです。


ライブの写真を撮るカメラマンとして会場にいながら、
純粋に1ファンとして、こんな素晴らしいライブ会場で、
音楽を聴けることの幸せを思う。

ライブって生もの。
1回限り、その場限りのもの。
もちろんDVDとか動画で見れるけど、
こうしてレポートと写真でなんとか再現しようとしているけれど、
でもやっぱり来たものにしかわからない、
すごい感動があって、
だからこそ曲は無料でもらうけど、
この得がたい感動体験をするために、
ライブに足を運ぶといいんじゃないかなと思います。

メリログのライブは、
新曲無料配信が始まって以来、まじですごいです!

<ワンマンライブ動画>
・一千年の時間旅行(アコースティック)
http://www.youtube.com/watch?v=CaV2PKTfFKk

・ダンシング・ウィズ・スペクトラ
http://www.youtube.com/watch?v=gq5ps5_qmYE

・未完成の地上絵
http://www.youtube.com/watch?v=hiKMiJxuJe0

・ブラインドマスク
http://www.youtube.com/watch?v=3qG_r9tfnqY

・ワールドスケープ
http://www.youtube.com/watch?v=5LCL6wIuI-I

・ウェイストランド・イン・メトロポリス※9月のライブ
http://www.youtube.com/watch?v=str7HCYlubU

・新曲が無料でもらえるメルマガサイト
http://frekul.com/artists/profile/mr

・ワンマンライブ写真
http://www.kasako.com/1110merifoto.html


by kasakoblog | 2011-10-07 00:58 | 音楽


<< リスクに見合ったリターンがない世界      メールのCCをできるだけ減らそ... >>