2008年 02月 13日
95年沖縄少女暴行米兵はたった懲役7年
沖縄で米海兵隊員による女子中学生暴行事件が起き、
「アメリカふざけるな」「再発防止徹底せよ」「綱紀粛正」だのと、
マスコミも国民も騒いでいるわけだけど、
1995年に沖縄で女子小学生が暴行されるという事件を活かせず、
再び犯罪が繰り返された今、
アメリカに再発防止のために何かしろという前に、
日本自らが再発防止のために手を打つべきじゃないのか。

1995年の沖縄少女暴行事件の犯人・海兵隊の兵士3人は、
なんと懲役たったの6~7年ですよ。
つまりもう服役して出所している。
あれだけ騒ぎが起きたにもかかわらず、
これだけの重大犯罪を犯したにもかかわらず、
たった7年程度でもう出てきちゃう。
日本の性犯罪に対する罰則が軽すぎるんじゃないか。

もちろん罰則を重くしたところで、
バカな米兵は同じ犯罪を繰り返すかもしれない。
しかし再発防止を日本が本気で真剣に考えているんだったら、
「アメリカ軍さんどうにかしてください」ではなく、
まず日本が強姦を絶対に許さないという態度を、
法律改正して刑罰強化で臨むべきじゃないのか。

もし米兵がアメリカで少女を強姦して、
果たしてたった懲役7年で済むだろうか?
「日本は捕まったって性犯罪に対する罰は甘い。
95年の兵士なんかたった7年で出てきたんだぜ、
日本はやりたい放題だよ」なんてもし米軍に思われているとしたら、
米軍に綱紀粛正を徹底せよなんて言っている場合じゃない。

米軍に再発防止をお願いすることだけじゃなく、
日本側でやれることをしっかりやらないから、
こういう事件が何度も起き、
事件が起きたとき、国民もマスコミも盛り上がるけど、
95年の米兵が懲役7年なんて事実も知らずに、
わあわあガス抜きのように騒ぐだけで、
何の再発防止もされないまま終わってしまう。

結局、日本人は性善説にたって考えているからおかしなことになる。
米軍に綱紀粛正お願いして本当に再発防止なんかできると思うのか?
そんな生ぬるいことやっているから、
いつまでたっても犯罪がなくならない。

強姦ほか性犯罪に対する刑罰の強化と性犯罪者への去勢。
最低でもまずはそのぐらいしないと、
いつまでたっても米兵になめられる。

「アメリカで強姦するより日本で強姦した方が罪軽いからね」

日本の性犯罪に対する刑罰意識の低さから、
“犯罪輸入”を招いているとしたらとんでもないことだ。

もちろん刑罰を強化しただけじゃ、犯罪はなくならない。
しかしそれさえもせずに、
ネットで米兵の文句を書いたところで、
市長や政治家が「遺憾だ」といったところで、
何の再発防止にもつながらないのではないだろうか。


by kasakoblog | 2008-02-13 17:32 | 一般


<< 米大統領選よりはるかに価値ある...      富士山と工場写真 >>