2008年 01月 14日
パラレルワールド・ラブストーリー
★★★★
2つの世界が入り組む実におもしろい作品!
特に「LASTSCENE」の問題提起は実に興味深い。

もし記憶を改編できる装置があったら・・・

悪い記憶を背負って生きるべきなのか、
悪い記憶を持ち続けることがいいことなのか。

近未来に科学の進歩によって、
もし記憶の改編が可能になったら、あなたはどうするか?
そのような意味でも実におもしろい小説だった。

・Amazon


by kasakoblog | 2008-01-14 10:49 | 書評・映画評


<< 民営化郵政バッシングの謎      虚像の砦 >>