好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 01月 17日

かさこマガジン増刷と広告の検討してます!

「かさこマガジン2」の無料配布告知から、
およそ1カ月足らずであっという間に1000部なくなり、残り300部。
「かさこマガジン1」は1年かけて1000部配ったのに、
「2」のこのハイペースぶりからすると、
あっという間になくなってしまい、
この1年、新たにネット経由で私を知っていただき、
マガジンを欲しいという方や、
新たにリアルでお会いした方に渡すことができそうにない。
Web版がアップされているものの、
今回のは特に手にとって見ていただきたいという思いも強い。

そこで今、新たに1000部増刷しようか前向きに検討中です!
ただ問題は出費。
1000部増刷の見積もりをとったら約12万円。
(300部でも約10万円、2000部だと約15万円)
でもこの12万円をけちって、
せっかくかさこに興味を持ってくれた方が、
私を深く知ってもらえるきっかけとなる、
かさこマガジンを配れないなんて本末転倒だ。

でもだからといって、
無尽蔵に増刷増刷していったらお金がなくなってしまう。

しかしそこで救世主あらわる!
無印本命プロジェクトを手掛ける臼井正己さんだ。
12月に名古屋から東京に来た際、
ちらっとお会いした時、
「かさこマガジン、広告入れたらいれればいいのに」
とアドバイスしてくれた。
さらにアドバイスしてくれるだけでなく、
「次号、かさこマガジンに広告を入れたい」とありがたい申し出も。

でもまだ新しいマガジンできたばかりなので、
次号を作るのは1年後になってしまうかもと思ったが、
すごい勢いでマガジンがなくなっているのと、
鎌倉でミニ写真展を開催することになり、
もしそこで無料でかさこマガジンを配布すれば、
さらに瞬く間になくなりそうなので、
「そうだ、増刷して、そこに臼井さんに広告を入れてもらおう!」
と思ったところ、ほぼ広告を入れていただけそうになりました!

増刷時の私の費用負担が減ることがうれしいのもあるけど、
かさこマガジンのクオリティやブランド力を見込んで、
広告費用を払って載せてほしいといってくれたことが何よりうれしい。
また今後「かさこマガジン」を続けていく上でも、
広告第一号になってくれている人がすでにいれば、
他の人も広告を載せやすくなり、新たな展開が可能になる。

そんなわけで明日、臼井さんとお会いし、
詳細詰めて正式に増刷決定のご連絡ができればと思います。

またもしこの増刷のタイミングで、
他に広告を載せたいという方いましたら、
先着2名(2社)まで受け付けます。
増刷1000部の「かさこマガジン2」に1ページ掲載で5万円となります。
(広告制作費込み。広告の完全データを入稿していただける場合は4万円)

個人のクリエイターで、自分の作品を宣伝したい方、
または仕事募集を告知したい方、
物販を手掛けていて宣伝したい方、
旅行関係の事業をしている方などはよいかと思います。

広告を出したいという方は下記メールアドレスにご連絡ください。
kasakotaka@hotmail.com

そんなわけで増刷することにほぼなりそうなので、
まだまだ遠慮なく「かさこマガジン2」欲しい方は、
郵便番号、住所(マンション名省かずに)、お名前を、
上記メアドにお送りください。

今回広告掲載をしていただける予定の臼井さんについては、
知り合ったきっかけなど詳しく紹介させていただきますが、
私が「金融屋」(彩図社)を出版できたのは彼のおかげです。
とりあえず彼のSNS関連のURLを掲載します。

臼井さん:ブログ
http://ameblo.jp/masamiusui/

臼井さん:ツイッター
https://twitter.com/#!/usuimasami

臼井さん:mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=2316428

臼井さん:フェイスブック
http://www.facebook.com/profile.php?id=100001945686092


by kasakoblog | 2012-01-17 22:32 | お知らせ


<< 100回やって1回成功すればい...      なぜ被災者は働かないのか >>