2012年 01月 28日

脈々と受け継がれるもの

土曜に鎌倉に写真展を見に来ていただいた方ありがとうございます!
直接話ができてうれしかったです。
また物産展および写真展の手伝いに来ていただいた方もありがとうございます。
とても助かりました。

今後も鎌倉で展示する予定ですが、私が会場に行ける日は告知させていただきます。

今日は写真展の後、大学時代のテニスサークルが30周年記念ということで新宿に。
私は第13代会長だったのですが、上の代は来ておらず、私がその場で最年長に。
現役の大学生が多く、いろんな人と話したところ、私がいた時と変わっていないことがあった。
それは新入生勧誘のビラに、無理やりお酒を飲ますようなことはしません、と書いていることだ。

この文言は私が入れた。
その時、ビラの文章効果で新入生が急増した。
潰れそうだったサークルをよみがえらせるきっかけとなった。

新入生は不安に思っているわけです。
テニスサークルは飲まされるんじゃないかと。
それを口先だけで言うのではなく、文章にしたことで安心感が生まれた。

それが今も受け継がれている。
私がいた頃より人数も増え、活気もあるようだった。
はじめて会う人ばかりなのに、どこかみな雰囲気が似ていて居心地がいい。
そういった雰囲気も脈々と受け継がれているのだなとなんだかうれしくなった。

組織のいいところは人が変わっても永続ができること。
ただいい雰囲気を残していくのはなかなか難しい。
でもビラの一文言のように文章として存在すると、
それが組織の方向性を規定する重要な力になる。

文書化することで個人や組織の方向性を一定づける力をうまく活用するといいと思う。

by kasakoblog | 2012-01-28 23:22 | お知らせ


<< サッカー部に入れなかったのにJ...      忘れてほしくないという被災地の思い >>