2012年 03月 29日
福島で猫シェルター取材中
e0171573_18355927.jpg
e0171573_1836769.jpg
e0171573_1836166.jpg

福島県田村市にきています。
原発被災地で放置されてしまった、
犬や猫などの保護活動を行っている、
にゃんだーガードさんの取材をしているためです。

被災地では避難所や仮設住宅にペットを持ち込めないとか、
原発事故のためにペットを連れてこれなかったなど、
被災地に取り残されてしまったペットが多くいる。

そうした動物を保護し、飼い主を見つけたり、
または里親を見つけたりする動物保護ボランティアもある。

人間は自分の意志で動けるし、
お世話が必要な人は少ないが、
ペットは人が世話をしていないと生きていけない。
ましてや人がいなくなった死の街では、
食べ物もなくなり大変な状況になっているという。

私が2泊する予定のにゃんだーガード第二シェルターには、
現在、犬が1匹、猫が32匹。
ちょっとした猫カフェ状態で、
旅館を改装し、それぞれの部屋に、
数匹ずつわけて猫が暮らしている。

春休みのせいか学生ボランティアさんも多く、
昨日は20人ぐらい来ていた。

震災から1年が過ぎ、
有終の美といわんばかりに、
大金使って一発打ち上げイベントでもして、
震災支援活動を休止してしまうボランティアも多く、
また意味があるかはわからない、
イベント好きのボランティアも多い中、
人が世話しなければ生きていけないペットがいることを、
どこか頭の片隅に知っていただければと思う。

私はペットは飼ったことはないし、
動物より人間が大事だとは思うし、
家畜は食べる(殺す)ために育てているから、
やむを得ないこともあるかもしれないが、
ペットというのは人によっては、
人間と同様、重要な家族の一人でもある。

人間の傲慢と身勝手により事故が起きたせいで、
放置されたペットたちを、
誰かが救わなければならないのは、
動物をペット化している人間の責任ではないかとも思います。

このシェルターのある場所ですが、
放射線量は0.20~0.30マイクロシーベルト/時と、
皮肉なことにここより原発から遠い、
郡山や福島市より低い数値になっている。
もちろん、福島原発はもう二度と収束させることしかできないほど、
人間の手に負えない状況になっているので、
いつまたここも放射能汚染されるかはわからないが、
それまでに人間と同様、
救える命は助けて保護するのは必要なことではないかと思います。

そんなわけで私も取材だけでなく、
猫のトイレそうじや餌やりや、
シェルターの屋根のペンキ塗りやごみ掃除などもしています。

取材先:にゃんだーガード
http://nyanderg.web.fc2.com/

取材中、随時ツイッターでつぶやき中
https://twitter.com/#!/kasakoworld


by kasakoblog | 2012-03-29 18:37 | 東日本大震災・原発


<< 死の町となったDASH村付近へ...      空気が日本を破滅させる~震災後... >>