2012年 06月 30日

写真教室

e0171573_22431482.jpg
写真がうまくなりたい。
そう思いませんか?
写真ブームで書店には撮影指南本がいっぱい。
結構いい値段とる写真教室もいっぱいある。
でも初心者がすぐうまくならない。
なぜか。
難しいマニュアル操作を教科書的に教えるから。

シャッタースピードがどうの、F値がどうのって、
もうそれ見ただけでイヤになりませんか?
というかそれを覚えたとして現場で実践できるか?
できるわけがない。
だってそんなことしたらシャッターシャンス逃しちゃうでしょ。

プロのカメラマンになるための写真教室や写真指南本ならともかく、
初心者の人がちょっとだけうまくなりたいというニーズに、
難しいマニュアル操作のお説教は、
はっきりいってアドバイスが根本的に間違っている。

私は写真集12冊出しているプロのカメラマンですが、
ほぼ99%の写真をプログラムオートで撮ってます。
e0171573_22425875.jpg
マニュアル操作でシャッタースピードいじったりなって、
1年に2~3回あるかどうか。
それでもいい写真は撮れるんです。
だからまず「マニュアル操作をしないとうまい写真が撮れない」
という勘違いから脱しましょう。

そしてもう1つ。
一眼レフじゃなければいい写真は撮れないか?
そんなことはない。
コンパクトデジカメだってケータイだってスマホだって、
十分いい写真は撮れます。
一昔前ならともかく、
コンデジやケータイやスマホの撮影機能は、
以前より飛躍的に良くなっている。

もちろん比較すれば、一眼レフの方が、レンズをつけかえたり、
マニュアル操作の幅が広かったりするけど、重いでしょ?
道具が重いと、その重さに耐えられないと、
いい写真、撮れるわけがない。
取り出しにくければいい写真が撮れるわけがない。
プロになるならともかく、
プロになるんじゃなければ、
別に一眼レフでなくてもいい。

写真がフィルムからデジタルになって、
撮影の常識は変わったんです。
カメラ好きの一部の人が撮る時代ではなく、
一億総カメラマン時代といっていいぐらい、
誰もが気軽に撮影する時代になった。
撮影の常識やニーズが変わっているのに、
教える方が堅物で、その変化に気づかず、
従来通りの教え方をするから、
みんな写真がうまくならないんです。

というわけで、8/5(日)に写真教室開催します!
今回は屋内での座学となりますが、
夏休み前後という時期を考えて、
・旅写真がうまくなる撮影術
・旅写真がうまくなる旅行術
・旅写真がうまくなるおすすめスポット
の3本柱で講義を行います。

さらに旅写真コンテストも実施。
講義後は懇親会も行います。

サンクチュアリ出版のイベント会場で行います。
ぜひお友達お誘い合わせの上、
ご参加いただければと思います。

撮影の常識を変えます。

<イベント詳細>
日時:2012年8月5日(日)
18:00 オープン
18:30 開始
20:00 終了予定
※終了後に22:00頃まで懇親会を予定(参加費別途1000円)

定員:50名
参加費:3000円(税込)

場所:サンクチュアリ出版1Fイベントホール
(東京都渋谷区千駄ヶ谷2-38-1)
JR千駄ヶ谷駅より徒歩7分
都営地下鉄 大江戸線「国立競技場」駅 A4出口より徒歩7分
東京メトロ 副都心線「北参道」駅 出口2より徒歩5分

イベント申し込みフォーム


・参加者には、旅行写真満載、
32ページのミニ写真集「かさこマガジン2」を無料進呈。

・「私が撮った旅行でのベストショット」があれば、
1枚写真データをお送りください。
イベント当日、参加者の投票により、
最優秀写真を選出します。
最優秀者には、写真集「戦う場所」を進呈!

※写真データ送付方法
pr@sanctuarybooks.jpに、件名「0805旅写真」とし、
画像データ1枚を添付し、参加者のお名前、撮影場所を明記ください。

・サンクチュアリ出版イベント告知ページ
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=431

いい旅写真をとって、旅も人生も楽しく!

・かさこ旅行写真コーナー
http://www.kasako.com/traveltop.html


by kasakoblog | 2012-06-30 20:06 | お知らせ


<< 震災でフローからストックの時代...      デモは意味ないのか?~官邸デモ... >>