2012年 08月 14日
会社を辞めてフリーになって変わったこと
2月に会社を辞めてフリーになってから早く半年。
こんな変化がありました。

・体重2キロ減!
減りました。体重が。
フリーの心労でやせたというわけではなく、多分、食生活でしょう。
相変わらず毎日ポテチ1袋は食べてます。
でも食生活はがらっと変わった。

勤め時代は昼も夜も外食。
どちらかがラーメンでどちらかが松屋。
ラーメン、松屋の繰り返しでたまにマクドナルド。

今は取材や打ち合わせで都内に出ることも多いけど、
食事は家で自炊が多い。
何食ってるかっていうと、
あったかそうめんのつけ麺風かにゅうめんか野菜鍋かパスタ。
肉はほとんどなく、
なす、ねぎ、えのきとか野菜中心に。
通勤がなくなった分、運動量は減ってはいると思うけど、
この食生活に変わったせいかやせました。

いいか悪いかはわからないけど、
会社勤めでお弁当とか作っている人ならともかく、
仕事が忙しくて外食頼み、かつ時間も不定期となると、
あんまり健康によろしくないのかも。
フリーになってこんなに劇的に食生活変わるとは思わなかった。
あっ、取材とか打ち合わせで外に出る機会があると、
久しぶりだからとラーメンがっつきますが(笑)。
でもほぼ毎日のようにラーメン食ってた生活が、
1週間に1度か2度に減りました。

・平日も自由時間に
フリーの最大のいいところって自分で時間割を決められること。
別に平日に仕事しなくたっていいわけです。
例えば病院とか銀行とか役所とか、
そういうこまごました用事を平日に済ませられる。
その分、休日に原稿書く仕事にあてたりしてる。
先週は私が病気したわけじゃないんだけど、
毎日病院に行ってたんだけど、
ある程度、仕事を家で片付けたり、
取材が終わってから、日中に病院行けたりして、
そんでもってまた夜、仕事したりして。

もし会社勤めしていたら、
そんなに病院行けなかっただろうけど、
フリーになったのでその辺の融通はすごくきく。

・通勤なくてストレス解消でも読書減る
何より通勤がないというのがいい。
取材などで都内に毎日のように出る週もあり、
たまに朝のラッシュ時間帯に乗ることもあるけど、
でも朝は電車遅延リスクがあって、
遅れる可能性があるから、
なるべくアポイントは午後とかにしてもらってる。

だから混んでる電車に乗らない。
これはほんとストレスから開放された。

勤めていた会社は編プロだったから、
前は10時とか10時半に行ってもよかった。
だって朝より圧倒的に夜にかかる仕事の方が多い。
夕方ぐらいにやりとりが発生し、
それを夜、修正して翌日提出するみたいな。

でもまったく意味不明に始業時間を9時にされちゃって、
激混み京浜東北線に乗らなければならず、
本も読めないし、混んでストレスたまるし、
といってそんなに朝早くきても、
デザイナーはみんな遅いから仕事にならない。

そういうまったくナンセンスな時間の使い方から開放され、
自分で時間コントロールし、仕事できるのがいい。

ただ電車乗る時間が減ったので読書時間は減りました。
家で読書する時間を意識的にとらないと、
通勤していた頃より減っちゃう。

・平日に旅行に行ける
先月、平日に被災地取材に行きました。北京にも行きました。
会社員ではできなかったこと
でも平日に遠方出張行こうが、
仕事の調整ができ、進行中の案件も、
メールやケータイ使って進ませることができれば、
別に平日にどこに行ったって構わないわけです。

4~5月にインドに行った時なんか、
平日出発だったから、飛行機ががらがらで、
3席1人で占領できて、
今まではピーク時期ばかりで大混雑が当たり前だったので、
こんなに平日だとがらがらで快適なのかと驚いた。
平日だから特典航空券もとれて、ただで行けたし。

・仕事への意欲が今まで以上にわく
やっぱりフリーのいいところってこれかも。
やればやった分だけ自分の収入になる。
でも会社員だと、他の社員が暇そうなのに、
なんで私ばかりに仕事ふるの?とか、
仕事いっぱいしても給料変わらないしとか、
それどころか仕事いっぱいしてるのに、
嫉妬心からきちんと客観的に評価できない上司とかもいて、
仕事のモチベーションはどんどん下がっていく。

でもフリーは自分がさぼれば収入は減るし、
自分がやれば収入は増える。
ものすごいシンプルな原則ゆえ、
同じ仕事をやっていても、
会社員時代よりはるかに意欲がわいて仕事ができる。

・子供と一緒にいれる
これもほんとフリーになったおかげ。
家にいるから子供の様子みれるし、
おむつ替えたりしながら、仕事もできる。

会社にいっちゃったら、
平日は完全にほぼ子供には会えなくなるけど、
生まれたばかりの子供といれるというのは、
家で仕事ができる大きなメリットだと思う。

ワークライフバランスとかいわれて久しいけれど、
男性が育休とるなんてまあ不可能な社会だし、
そもそも未だに無策の経団連を筆頭に、
ブラック企業のオンパレード、
ただ気合入れて働けとか、
今までより1.5倍の時間働けとか、
1.5倍の件数回れとか、2倍の売上あげろとか、
いかに工夫もなく体育会系のノリで、
労働者にサービス残業という名のタダ働きさせて、
業績をなんとか維持しようと必死になっている企業が多く、
ワークライフバランスもくそもあったもんじゃない。

でも、メールとケータイとパソコンで仕事できるなら、
休まなくても家で仕事しながら、
育児したり、子供といる時間を増やしたりとかできるわけで、
いいタイミングでフリーになったなと思います。

もちろんフリーになっていいことばかりじゃない。
大変なことも多い。
営業も経理もぜんぶやらなきゃいけないし、
コピー用紙だのプリント代だの携帯代だの、
会社員時代とは比べ物にならないぐらい、
自分の物理的経済的負担も大きい。

でも自由な時間も増え、
意味不明な効率の悪い会社の命令とかもないから、
自分次第でどうとでもなるといえばなる。

フリーは不安定だけど、でも今の時代、
会社にしがみついたって不安定。
まだまだこれからフリーになって大変なことも多いとは思うけど、
自己管理ができる人間、自分で営業ができる人間、
自分で時間割が作れる人間にとっては、
会社員とは比べ物にならないメリットがあるので、
うまくフリーのメリットを活かし、
仕事の多様化、プライベートの充実、多様な活動を、
これまで以上にしていけたらなと思います。
フリーになったおかげで今年、講演とかも何度もできてるし。

みなさんも会社員時代に会社員のメリットを活かしつつ、
いつ会社から放り出されても、別の収入源が確保できたり、
独立できるよう、準備をしておくといいと思います。

・・・
いつもご協力ありがとうございます。
もし何かAmazonで買い物する方いらっしゃれば、
下記よりお願いできれば助かります。
Amazon


by kasakoblog | 2012-08-14 00:07 | 働き方


<< 地震、油断してない?311前後...      女川写真 >>