2012年 09月 09日
日本人必見の書!特に企業幹部はこの本を読んで悔い改めるべき「ライフネット生命社長の常識破りの思考法」
日本の本末転倒な働き方や実態とはかけ離れた顧客第一主義など、
おかしな建て前を見事なまでに指摘し、
そうした建て前に捉われないネット生命保険会社を作った社長の本ですが、
すべてにうんうんうなずいてしまうぐらい、素晴らしい本です。
ぜひ会社員の方、特に幹部クラスや経営陣が読んでいただき、
建て前ばかりの無駄な働き方や会社のあり方を全面的に見直していただきたい。

「日本の常識は正しいのか」というテーマをもとに、
海外との比較を取り入れながら、
日本企業のおかしな実態を次々と指摘している、
第2章が特におもしろい。

例えば、
・「お客様第一主義」といいながら、
コールセンターは平日9時~17時までしかやっていないのはおかしい。

・ヨーロッパで株主総会は土日に行われる。
なぜなら多くの株主に出席してほしいため。
日本企業は「株主重視」といいながら、平日に行っている。

・コスト削減を掲げながら、経営陣が出張すると、
その町の一番の高級ホテルに泊まるのはおかしい。
(著者は出張は一人、泊まるのは安いビジネスホテルとのこと。
なぜなら安い保険料をうたっている会社だから)

・日本人に英語を勉強させるより、現地採用した方が効率がいい
(日本の海外進出の失敗は、現地事情に精通していない、
日本人を派遣し、進めようとするから。
そんなことするなら現地の人を採用した方が早い)

など、どれももっとも。

さらに日本企業の無意味な働き方の風潮は、
戦時下にできた1940年体制が原因と説く。

・単身赴任を平気で受け入れるのは異常なこと

・会社の指示通り馬車馬のごとく働く人間が評価されるしくみが間違っている

・海外での打ち合わせは目的が明確。
日本のように目的があいまいで、ダラダラ話すことはない。

・一つの会社で頑張るのが「善」というのは古い体質。
高度成長期に役立つ人材モデルでしかない。

・根性がない、死ぬ気でやれという不毛な精神論はムダ

・日本で一番ダメなのは経済界のリーダー。
日本の経済人が一流なら20年間もGDPや株価が低迷するはずがない。

ほんとどれも最もだと思う。
論理的・合理的な志向は著者が海外勤務をしていた時に、
日本の非常識に気づかされたものだと思う。
ただもしこれと同じことを、
20~30歳代の若手ベンチャー企業社長が言ったらどうなるか。
袋叩きだろう。
そして逮捕・拘留されるほどの犯罪を犯していなくても、
既得権益を揺るがしかねないからと刑務所に叩き込まれてしまう。
ホリエモンのように。

ただこの著者は違う。
1948年生まれで、30年以上、日本生命で働いていた経歴を持つ。
普通、このような経歴をたどった多くの今の企業経営陣や企業幹部は、
建て前では消費者重視、社員重視、株主重視といいながら、
実態は社内の顔色伺い、自分の生活が逃げ切れればそれでいい、
会社が短期的に儲かればそれでいいという発想しかできず、
新しい考えを認めず、古い体質にしがみつき、
地位と権力によってそれを若い世代にも強制し、
不毛な精神論ばかりを押し付け、
具体的戦略的アドバイスが何もない結果、
働けど働けど、社員の生活はよくならず、
顧客が満足しているわけでもなく、
挙句の果てに保険金不払い問題といった不祥事を起こす。

でもこの著者はそうした日本のおかしな常識が許せず、
非常に封建的保守的であろう生命業界において、
理想とする会社を作ろうと、ネット生命保険会社を立ち上げた。

同年代は老害的思考の持ち主ばかりのはずが、
物事の本質をとらえ、時代の変化を読み取り、
会社の意義をしっかり考え、
建て前まみれではなく、何をすべきかをきちんと実践する。
それを行っている社長が、
上記のような問題点を指摘していることに、
非常に説得力がある。

ただおもしろいのはこの日本的非常識の部分で、
あとは副題にもあるように、
「旅」と「読書」の仕方の記述が多い。
旅と読書こそ日本的非常識を打ち破る思考を磨くツールであることは、
私もトラベルライターゆえ同意するところではあるが、
この方の旅行術や読書術の記述が、
特に際立っておもしろいかというとそうでもない。
とにかく前半部分の「日本の常識は正しいのか」部分が秀逸。

ぜひ会社員の方、会社内でそこそこの立場にある方は、
この本を読み、企業のあり方を抜本的に見直していただきたい。
でないと建て前ばかりで日本的非常識ばかりが横行していると、
そのうち業績が悪化し、中国企業に買収されるか、
倒産するかのどちらかになるだろう。

日本人必見の書です!
・「ライフネット生命社長の常識破りの思考法」出口治明著

※最近ブログの更新は1日1回ではなく2~3回更新してます。
・9/8:日本はガラパゴス化ではなく鎖国共産主義で崩壊~航空業界と電力業界の相似形
http://kasakoblog.exblog.jp/18816274/

・9/8:鶴見おいしいラーメン
http://kasakoblog.exblog.jp/18815810/

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

・10/13(土)17:30~サンクチュアリ出版にて講演開催!
誰だって本は出せる!サラリーマンだった私が18冊本を出版できた方法


by kasakoblog | 2012-09-09 12:28 | 書評・映画評


<< 信じられないうれしい出来事      時報鐘楼 >>