2012年 09月 10日
信じられないうれしい出来事
e0171573_2131499.jpg
日曜日、私のブログ読者の10数名の方々が、
「かさこスピンオフ会」を開催し、
スピンオフなのに私を招待していただき、
お一人お一人から子供が生まれたお祝いの品を、
たくさんいただきました!

信じられないのはこの先。
居酒屋で飲み終えた後、2次会の場所へと移動したのは埠頭。
なんと私が工場夜景が好きだというので、船を貸し切ってくれて、
京浜工業地帯の工場夜景クルーズを企画してくれたのでした!
e0171573_2134989.jpg
e0171573_213556.jpg
e0171573_214064.jpg
e0171573_214514.jpg
e0171573_2141091.jpg
e0171573_2141518.jpg

さらにクルーズを終えると、
一次会の居酒屋、二次会の貸切クルーズにはいなかった、
サイバーコンテンツクリエイターのHIDEMARUさんが、
仕事が終わって一度家に戻り、横浜まで車でかけつけてくれ、
私が作詞作曲した「70億分の1セカイ」を弾き語りで歌ってくれ、
自宅まで送り届けてくれました!
e0171573_2142757.jpg

企画していただいた方、参加していただいた方、
参加できなかったのにお祝いの品をくれた方など、
本当に本当に素晴らしいサプライズ企画をありがとうございました!

何がうれしいって、ここに参加してくれた10数名の人たちは、
ほとんどが1年前まで私も他の人も知らない人同士。
みんな“赤の他人”の人たちだったんです。
年齢も職業も住まいもバラバラ。
共通点は、私のブログ読者であることだけ。
ただ私が昨年末から今年にかけて、
何度か開催したオフ会やイベントに来ていただくうちに、
参加者同士が仲良くなり、
私がいないところでみなさん同士の交流が深まり、
私を驚かせるこんな素晴らしい企画をしていただいたのです。

自慢をしたいわけでここで紹介しているのではなく、
ネットをきっかけにすると、
今までには出会いにくかった人たちと、
リアルでつながれるすごさ。

リアルで知り合う人間関係はどうしても、
地域(ご近所)、会社、出身学校関連など、
しがらみがある関係になりがちで、
つきあいで仕方なく的な要素が多くなってしまったり、
住まい、職業、年代が偏ってしまいがちになったり、
集まってはその集団の愚痴ばかりになってしまうといった弊害も多い。

もっとフラットでゆるい関係であるけれど、
今までには出会えなかった年代や職業や地域の人たちと、
できるだけつながれるツールがネットなんです。

今読んでいる「ニートの歩き方」という本には、
ネットで得られる3つのものとして、
1:人とのつながり、2:暇潰しにやること、3:最低限のお金があり、
この3つがあればニートでも生きていけると書いているんだけれど、
その中でも一番大事なのが「人とのつながり」だという。
ネットによるしがらみの少ないゆるい関係。
でも何かあった時にはリアルで助けてくれる。
そういう今までにない関係性がつくれるのが、
ネットだと書いている。

ネットだとどうしてそんなことが可能かというと、
私のようなブロガーのオフ会や、
特定テーマのネットコミュニティのオフ会だと、
趣味や価値観が近しい人が自然と集まってきていること。
さらにそこで出会った後、フェイスブックやツイッターを見れば、
なんとなく相手の人となりがわかり、
自分に合いそうかそうでないかがわかることが挙げられる。
つまりネットにより自分と相性の良さそうな人かどうかが、
選びやすくなっているからだと思う。

今まで日本社会を支えていた、
家族、地域、会社という3つのコミュニティが、
どんどん崩壊し、逆にその人間関係が、
人生の障害になるようなことが多くなった今、
ネットでゆるくつながりあう関係というのが、
非常に重要になってくる。
極端にいうと生き死にまでに関わってくる。

私自身も「ネットからリアルへ」という関係を築いていくために、
2年ぐらい前からオフ会やイベントをはじめて、
私に興味を持ってくれた人と対面する機会を増やしている。
家族でも地域でも職場でもない人とのつながりを、
どこかで欲していたからかもしれない。

さらに今年は3月からフリーになり、
今までのように会社という組織に属さなくなったので、
できるだけいろんな情報が入ってくるように、
ややもするとフリーライターというよりフリーター、
ニート、ひきこもりになりかねないので、
積極的に人とのつながりを作っていきたいとも思い、
自主開催するとかなりの手間と労力がかかるけれど、
それ以上にいいつながりができるので、
オフ会やイベントを開催するようになった。

でもまさかそれが、私が主催したのではなく、
読者同士が仲良くなって、
私を招待してくれるイベントを開催してくれるなんて!

視野を広げるという意味でも、
今の狭められた人間関係から逃れるという意味でも、
ネットを通じてゆるいつながりを作っておくことは、
これからの時代すごく大切になると思います。

そんなわけで次回のオフ会&講演イベントが、
10/13(土)17:30~サンクチュアリ出版にてあります。
ぜひ興味のある方は参加してみてください!
現在14名参加予定。定員は40名までです。
人見知りする人のために、オフ会スタート時点で、
いきなり放置プレーでご歓談を、どうぞ交流をではなく、
みなさんに自己紹介していただくコーナーを設けています。
これがほんとつながりやすくなるんです。
ぜひご参加いただき新たなつながりを!

■イベント概要
日時:2012年10月13日(土)
17:00 オープン
17:30~19:00 講演
「誰だって本は出せる!サラリーマンだった私が18冊本を出版できた方法」
19:00~22:00 懇親会
参加費:講演3000円+懇親会1000円

・申し込みはコチラ
※上記のフォームからお申し込みできない方は、pr@sanctuarybooks.jpまで、
「お名前」「メールアドレス」「電話番号」「参加人数」を明記の上、
「10/13かさこさんイベント参加希望」という件名にてメールをお送りください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2012-09-10 02:19 | ネット


<< 工場夜景ツアー      日本人必見の書!特に企業幹部は... >>