2012年 09月 11日
朝にアポイントを入れるのが間違っている~電車遅延リスクを考えたスケジューリング
またしても京浜東北線が朝の時間帯に運転見合わせになったらしい。
8:30頃人身事故が起き、運転再開されたのは2時間後。
煽りをうけてなのか東海道線も一時運転見合わせした。
私は京浜東北線が最寄り駅なので、
この線、一度遅れるともはや立ち直り不可能。
駅は人であふれかえって混雑がすごくなり、
遅れがどんどんひどくなるという悪循環に陥る。
京浜急行線も並行して走っているものの、
京浜東北線乗客をすべて受けいられるほどキャパはなく、
少しでも京急になだれ込むと、
京急まで遅れてしまうという事態になり、
はっきりいって時間に間に合うことは不可能になる。

朝の通勤電車が遅れると、当たり前の話だけど、
みんな怒るわけです。
どうしてくれるんだ!会議に間に合わないじゃないか!
アポイントに間に合わないじゃないか!
私もサラリーマン時代、イヤというほど経験した、
朝の電車の遅延リスク。

でもある時、思ったわけです。
電車が遅れることを怒っても何の問題も解決しない。
というかかなりの高い確率で電車は遅延する。
それは予見されてしかるべきリスクであり、
想定外ではなく想定内のはずだ。

ならば想定内のリスクなのだから、
朝に重要なアポイントを入れるのはやめよう。
できれば午後か夕方にアポイントを入れようと考えた。

こうすると朝の電車遅延リスクへの怒りは半減する。
重要なアポイントを9時とか10時とかに入れてないから、
会社に行くのが間に合わなくても、
決定的な問題になることはない。

もちろんどうやっても朝にアポイントが入ってしまう場合もあるが、
その時、私はいつも1時間前には現地に到着するようにしている。
でも京浜東北線が遅れたらこの1時間の余裕も見事にふっとんでしまう。
やっぱりできるだけ朝のアポイントは避けた方がいい。

そしてもう1つ、怒らない方法。
朝、電車が遅れたら、何が何でも、
大混雑した電車に乗ろうとしたり、
あっちいったりこっちいったり、振り替え輸送を使うより、
1時間か2時間、どっかカフェにでも入っている方が、
はるかに時間を有効活用できるということだ。

朝に重要なアポイントを入れていなければ、
電車が遅れてどうしようもない状況に、
わざわざ突っ込んでいく必要はない。
私はいつもノートパソコンを持ち歩いているから、
だったら電車が正常運行になるのをカフェで待ち、
そこで仕事すればいいだけの話。

セキュリティでカフェで仕事ができないとかいう人は、
本を読むのでもいいし、ネットでも見ていればいい。
私用を済ませてしまうというのも手だ。

以前に10時のアポイントがあり、
何が何でも京浜東北線で行かねばならなかったが、
川崎ー蒲田間で止まってしまい、
電車内で40分以上待たされたこともある。
電車遅れで突っ込むとこういうことがしばしば起こる。
結果論でいえば、別にこの電車に乗らなくても、
40分、カフェで待って仕事したり本でも読み、
それから正常運行している電車に乗った方が、
たいして到着時刻もかわらず、
イライラもせず、時間も有効活用できる。

朝、通勤電車が遅れるのは想定内のリスクで当たり前の話。
想定外ではないわけだから、
そのためのリスク回避として、
1:朝早いアポイントは極力避けて午後にアポイントを入れる
2:電車が遅れたら無理に突っ込まず、近くのカフェで待機し、
時間を有効活用する
ことを心がけたい。
いや、そんなことはできないというなら、
会社から自転車や徒歩でも行ける場所に家を借りればよい。

通勤電車遅延リスクを考えたスケジューリングを心がけたい。
とにかく朝一のアポイントは極力避けたい。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

・10/13(土)17:30~サンクチュアリ出版にて講演開催!
誰だって本は出せる!サラリーマンだった私が18冊本を出版できた方法


by kasakoblog | 2012-09-11 10:51 | 働き方


<< sengoku38=一色正春氏...      サービスをよくすることがサービ... >>