2012年 09月 16日
物を忘れる・なくす・探す・間違えるを防ぐ方法
同じ場所に置くこと。同じ場所にしまうこと。
物を忘れる・なくす・間違える原因の大半は、
置き場所、しまう場所が毎回変わるから。

「テレビのリモコンがない!」「クーラーのリモコンはどこだ!」
リモコン探しに時間をとられている人いませんか?
なぜなくなるか。なぜ探すのに時間がかかるのか。
置き場所を特定していないからいけないんです。

例えばテーブルの上に置くと決める。
そしたら必ずそこを探せばリモコンはあるわけです。
でもテーブルの上に置いたり、
テレビの上に置いてみたり、床に置いてみたり、
その場その場で置き場所を変えると、
家の中で無駄に探す時間が必要になります。
だから置き場所を決めておけばいいんです。

最近、この置き場所が違うせいで、
我が家でとんでもない悲劇が起きた。

「なんかこのパスタまずい・・・」
先日、もう100回以上は作ったことがあるであろう、
ナスのトマトソースパスタを作ったのだがなぜかまずい。
いつもと同じように作っているし、
変わったことは一切していない。
なぜだろうとずっと疑問に思っていたのだが、
台所に行ってその原因がわかったのである。

「塩と砂糖を間違えた!」

そんなもん、誰が間違えるかい!
間違う前に気づくやろ!と思うかもしれないが、
間違えたのだ。
パスタの茹で汁に塩を入れるべきところを砂糖を入れた。
これはまずいに決まってる。

なぜ間違ったのか原因は明確だった。
上下の棚に塩・砂糖が置いてあるのだが、
いつも必ず上段が塩、下段が砂糖になっているのだが、
見るとなんとそれが逆になっていたのだ。
e0171573_11533738.jpg
なぜ逆になっていたのか原因も推定できた。
私以外の人が台所を使った際、
両方出した後、逆にしまったのだ。

置き場所が変わっていたとはいえ、
使う時に注意深く見れば塩と砂糖の違いぐらいわかる。
入れ物には「しお」「さとう」のラベルもはってある。

でも間違えたのは100回以上も作っている、
すなわち、いつも当たり前のように何度も調理しているから、
いちいち細かいことはチェックせず、
習慣化された行動のまま、
何の疑問も持たずに上段の白い粉をパスタにまぶしたのだ。

しかもこの時はちょっと焦っていた。
作っている最中、赤ちゃんが泣き出しそうで、
早く調理して作ってしまわないとと思っていたからだ。
そこでまんまと塩と砂糖を間違え、
砂糖の茹で汁パスタを作ってしまったのだ。
くれぐれもまずいので実験しないように(笑)。

人の行動って案外習慣化されていて、
毎日のようにしている行動ほど、
いちいち注意深く観察せず、
無意識のうちに動いていたりする。
例えばパソコンの右隣にボールペンを置いたりすると、
多分、ボールペンを見ないで、
無意識に手が右の方に動いてとろうとしたりしている。
だからいつもと置き場所を変えてしまうと、
途端にわからなくなる。

外出時に物を忘れたり、
カバンの中から探し物がみつからず、
全部物を出して探し回る、
といったことも、しまい場所を一定していないから。

例えばケータイは必ずバックのサイドポケット、
と決めておけばなくならない。
ところが毎回、しまう場所を変えると、
もうどこにあるかわからなくなる。

日によってバックを変えたりすると、
確実に1つや2つ、物を忘れるだろう。
忘れなかったとしても、
普段としまう場所が違うから探すのに時間がかかり、
「ひょっとして忘れたかも?」と思い込んで、
実はあったりとかして。

私もつい最近あったのは名刺を忘れてしまったこと。
小さなリュックとでかいリュックと、
外出するのに2種類使い分けるようになってから、
この物忘れ事件、どこにしまったかわからない事件が多発している。
なのでできるだけ2種類使い分けるのは、
やめるようにしている。

物を忘れたり、なくしたり、探すのに時間かけたり、
そんな無駄なことをしていると人生もったいない。
置き場所、しまい場所を毎回同じにする。
たったこれだけで物を探す病から脱することができるはず。

誰も砂糖に浸かったパスタなんか食べたくないはず。
そんなわけで置き場所、しまい場所は一定に。

※最近ブログは1日1回更新ではなく、
2~3回更新していることもあります。

・昨晩アップした記事「夢壁紙」
http://kasakoblog.exblog.jp/18866691/

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

・残席わずか!10/13(土)17:30~サンクチュアリ出版にて講演開催!
誰だって本は出せる!サラリーマンだった私が18冊本を出版できた方法


by kasakoblog | 2012-09-16 11:53 | 働き方


<< ネタバレ注意!映画「踊る大捜査...      夢壁紙 >>