2012年 10月 27日
Windows8を入れたのにタッチパネルにならないという苦情殺到は本当か?
タッチパネルでも操作ができるWindows8が発売されたが、
インターネット上では、
「Windows8を入れたのにタッチパネルにならない!
という苦情が相次いでいる」との情報も出回っているが、
どう考えてもウソではないか。
というか単なるネタではないかとも思ったりもする。

そういう勘違いをする人はもちろんごく少数いるかもしれないが、
今の発売直後時点でそういう苦情が殺到するとは思えない。

なぜなら、
1:今までにOS発売直後にOSだけを購入したことがあるか?
2:今までに使っているパソコンでOSを入れ替えたことがあるか?
という2点について、両方ともイエスと答える人は、
かなり少ないのではないかと思うからだ。
私は両方ともしたことはない。

OS発売直後にOSだけをすぐに購入し、
既存のパソコンにOSを入れ替えて、
はじめて「Windows8を入れたのにタッチパネルにならない!」
というクレームが発生するわけだけど、
そこまでやる人ってその多くが、
パソコンに相当詳しい人なはずだろう。

「Windows8を入れたのにタッチパネルにならない!」
といった知識レベルの人が、
OS入れ替えなんて複雑で面倒な作業をするとは思えないし、
OSを発売直後にOSだけを購入するとは到底思えない。
よってこれはネタではないかと思うゆえんだ。

例えば発売1~2週間ぐらい前から、
マスコミがWindows8を大々的に取り上げていた、
というなら、あまりパソコンに詳しくない人が、
その報道を見てOSを買ったのに、
タッチパネルにならないという苦情は多少あるかもしれないが、
一般のテレビなどのマスコミがWindows8を大々的に取り上げたのは、
発売してからがほとんどだ。
それまではiPadminiとかばかり取り上げていたわけだし。

Windows8を入れたのにタッチパネルにならないという、
知識レベルの人は、テレビで発売後にその存在を知って購入した、
というのが一般的だと思う。
発売前に知っていたとするなら、
そのぐらいのことはわかりそうなものだし。

発売後にテレビで知り、すぐにOSだけを買って、
自分で家でOS入れ替えて、
タッチパネルにならねえと店員に苦情を言って、
それが相次いでいると世間に知られるようになる、
というになるまで、今の時点ではあまりも早すぎる。
もちろん世の中には1人2人ぐらい、
そういう人はいるかもしれないが、
「相次いでいる」とか「殺到している」というのは、
どう考えてもウソくさい。

そう考えると、
「Windows8を入れたのにタッチパネルにならない!」
という苦情が相次いでいるというのはネタではないか。
でもそれがネットで出回るのは、
いかにもそういう人がいそうだし、
おもしろいからじゃないか。

私がおおまじめに、
こんなどうでもいいことを書いているのは、
情報って意外とありそうだと思うと、
簡単に信じちゃうなという危険があるから。

本当かどうかはわからないけど、
いかにもそういうようなことがありそうだという情報は、
今の時代は特にツイッターやフェイスブックなど、
情報お手軽簡単拡散ツールがあるから、
あっという間に広まってしまう。

でもよくよく考えたら変じゃないとか、
それってホントなのってウソっぽい情報も、
ネットではあっという間に広まってしまう。

最近ふと思ったのは、
ネットっていくらでもウソつけるよなってこと。
昨日、中学校で講演したことを、
ツイッターやらフェイスブックでつぶやいていたわけだけど、
考えてみたら、私が本当に講演していなくても、
信じる人はいっぱいいるだろうなと。

今回は講演の模様を写真でネットで公開してもOKですよと、
先生から言われたので、写真つきで講演しました!
というブログをアップできたから、
読者から見ればそれはホントだなと思うわけだけど、
(まあ写真も簡単に合成したりできるけど)
でも写真がなければ、中学校で講演しました!というのは、
私がホラふいて、ネットでつぶやいているだけで、
実は講演なんかしてなくても、
意外とわからないよななんて思ったりもした。

そういえば最近では
iPS細胞を臨床応用したという、
研究者の森口尚史氏をうのみにして、
多くのマスコミが虚偽の情報を流してしまったわけだけど、
でも私がマスコミとして取材する側だったとしたら、
この人の言葉に騙されていて、
私だって誤報していたかもしれないとか思ったりもする。
案外、情報っていい加減だ。

例えばもしかしたら今頃、
総理大臣をやっていたかもしれない、
元民主党の小沢一郎氏は、
検察が冤罪捜査をし、
それをマスコミが大々的に報道したことで、
多くの国民の中に、
「彼ならやりそうだ」「なんとなく腹黒そう」
といった深層意識を強化する形で、
イメージの洗脳がものの見事に簡単に行われた。
でも無罪判決が言い渡されたわけだ。

それでも多くの人は、小沢氏を疑っているのではないか。
なぜならもともと「彼なら悪いことしそうだ」
というイメージがあるところに、
検察とマスコミが犯罪をでっちあげて、
犯罪者に仕立て上げる情報を拡散したからだ。
こうして本当はどうかという情報は吟味されないまま、
多くの人は「なんかやっぱり悪いことしてたんだよね」
という思い込みが既成事実に変わる。

「Windows8を入れたのにタッチパネルにならない!」
という苦情が相次いでいるという、
ホントかウソかよくわからない情報が拡散し、
それを何の疑問も持たず、
いかにもありそうだから真実だと信じてしまう、
そういう情報の受け止め方ってものすごく危険だなと。

そう思ったから、こんなにおおまじめに、
「Windows8を入れたのにタッチパネルにならない!」
という苦情が相次いでいるのはネタではないかと取り上げてみた。

みんなが言っているからホントっぽい。
少数だからウソっぽい。
マスコミが今までその役割を担っていたわけだけど、
マスゴミなどとマスコミを揶揄している国民自らが、
ネットという拡散ツールによって、
情報の真偽も確かめないまま、
国民自らが「マスゴミ」になる恐ろしさ。

こういう土壌ではファシズム(全体主義)が生まれやすい。
それは一部のカリスマを持った独裁者に洗脳されるというより、
国民自らが既成事実を作り上げて生まれる可能性が高い。
国民が相互に「常識」とか「多数意見」という名の、
「正義」を振りかざすことで、
誰か特定の独裁者の思想があるわけではないのに、
間違った情報でも「みんなが言っているから」
というのを理由に信じ込み、
結果、社会全体が間違った方向に向かってしまう。

マスゴミだろうがネットの情報だろうが、
常に「それってホント?」という意識を持って、
情報に接したい。


かさこマガジン広告募集中!
http://kasakoblog.exblog.jp/19014801/

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2012-10-27 20:53 | ネット


<< 上京少女      中学校で講演しました!~キャリ... >>