好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 11月 13日

冤罪ストーカーとストーカー犯罪放置/狙い撃ち捜査と恣意的スルー

民主党の政権奪取が確実視された情勢の中で、
検察によってでっちあげられた事件により、
小沢一郎氏を犯罪者扱いする検察と、
それにのせられ「説明責任を果たせ!」と、
無実なのにでっちあげられた犯罪を、
説明責任とすりかえたマスコミのために、
見事に小沢氏の権力がそがれたわけだが、
2審も無罪判決が出た。

マスコミと検察の権力はすごい。
想像してみよう。
自分が議員だったとして無実にもかかわらず、
「これは犯罪だ!」と犯罪でないのに、
犯罪をでっちあげられた挙句、
メディアから「説明責任を果たせ!」と問い詰められ、
説明しても言い訳ととられ、
世の中からは犯罪者と決まったわけでもないのに、
マスコミが作り上げるイメージによって、
犯罪者に仕立て上げられる。

でも本当は無罪だった。
犯罪者扱いしたマスコミや検察を許せるだろうか?
しかも無罪の政治家を犯罪者に仕立て上げたマスコミや検察は、
何のおとがめもなく、
次なるターゲットを探してそれで金稼いでいる。

有罪かもわからない時点で、
あれだけ小沢氏を取り上げたマスコミだが、
最近はほとんど取り上げなくなった。
今日も2審無罪という判決が出たにもかかわらず、
小沢無罪判決よりも、年内解散するしないうんぬんという、
どうしようもない政局ニュースを中心に報道していた。

しかし実に不思議だ。
小沢氏は政治資金規正法違反に問われて無罪だった。
しかし政治資金規正法違反なら、外国人献金は「犯罪」だ。
完全なクロだ。

しかし外国人献金が問題になった政治家は、
その時の大臣をやめるだけで済み、あとはスルーされる。
政治資金規正法に違反している明らかな「犯罪者」は、例えば、
法務大臣を辞任した民主党の田中慶秋議員。
大臣を辞任しろと民主党批判している自民党の石破茂議員。
献金問題で外務大臣を辞任したのに、
また違う大臣に就任している民主党の前原誠司議員などがいる。
無罪の小沢氏が犯罪者扱いされ、
明らかな「犯罪者」たちはのうのうと大臣に就任したりしている。
おかしくはないだろうか?
おかしいのだ。
つまり検察は恣意的に犯罪捜査を行っている。

ホリエモンだってそう。
ホリエモンよりひどい犯罪企業はいっぱいあるのに、
インサイダー取引しようが、粉飾決算しようが、
ホリエモンは刑務所に放り込むが、
他の大企業の経営陣はそんなことさせない。
犯罪の悪質性ではなく、検察が気に食わないかどうか。
ただそれだけで捜査が行われている。

冤罪といえばとんでもない冤罪があった。
東京電力の女性社員を殺害したと、
決定的証拠がないにもかかわらず、
勝手に犯人扱いされ、無実のネパール人が、
15年もの間、ブタ箱に放り込まれた。
そして今になって犯人ではないと。

想像してみよう。
もし日本人の人気スポーツ選手が、
ろくな証拠もないのに中国で殺人犯に仕立て上げられ、
15年も刑務所に入れられた挙句、
「いややっぱり犯人ではありませんでした」
という事件が起きたら、
日本の世論は中国大バッシング、
重大なる国際問題に発展するだろう。

しかし日本は平然とそういう違法捜査、違法裁判、違法冤罪を行い、
何も反省する様子も再発防止の努力もない。
冤罪に仕立てあげた警察・検察・裁判官は、
最低限15年服役すべきだ。
いや、死刑でもいいかもしれない。
当たり前の話だと思う。
だって無実の人を15年も自由を奪うなんて、
これ以上、悪質卑劣な犯罪行為はない。
しかも確信犯でやってるんだから。

一方で逗子で起きたストーカー殺人のように、
被害者が警察にストーカー被害を訴えているにもかかわらず、
ろくに警察は動かないという怠慢ぶりも、
もうお決まりというかあきらめというか、
ずっとその体質は変わらない。

しかもこの加害者は一度警察が脅迫容疑で逮捕している。
にもかかわらず、逮捕状に記載された、
ストーカー被害の女性の結婚後の名字や転居先の市名などを、
読み上げていたことも発覚した。

一体、警察や検察は何をしているのだろうか。
ろくに証拠もない政治家にストーカー行為を働き、
必死に証拠を捏造して有罪に陥れようとやっきになっている傍ら、
被害女性が訴えているのにろくに対応しない。
無実の政治家につきまとっている暇があったら、
女性につきまとっているストーカーにつきまとって、
それで「実績」を上げればいいのに。

官僚組織が肥大化すると、
何のために存在している組織なのかわからなくなる。
国民の安全を守り、犯罪者を取り締まるはずが、
犯罪者をほったらかしにし、
気に食わない無罪者や犯罪者に仕立て上げやすい人を、
ひたすら有罪にすることばかりに注力する。

冤罪は犯罪。
冤罪にさせた警察や検察や裁判官や弁護士は死刑にするとか、
もしそのぐらいの厳罰があったとするなら、
誰もが慎重に捜査するだろう。
しかし冤罪にしようが何のおとがめもないから、
何度も同じようなことが繰り返される。

いや無罪の人を冤罪にするほど、
どんな犯罪に対しても厳しく取り締まっているなら、
それはそれでいいと思うが、
一方ではストーカーをほったらかしに、
一方では無罪者をストーカー。
これではあまりにもおかしい。

ここ数年、警察や検察の恐ろしい冤罪事件が何度も起きている。
他人事ではなく、自分や自分の家族がそうなったらどう思うか?
もしくは自分や自分の家族が犯罪者につきまとわれているのに、
警察がろくに対応しなかったために殺されてしまったらどう思うか?

小沢氏の無罪判決もストーカーによる殺害事件も、
警察・検察の対応いかんで防げた人災だ。

311後、官僚による人災が増えている。
起きてしまった人災を教訓に、
人災を防ぐ手立てをすることは難しくないのに、
官僚自身がこの国を牛耳っているから、
官僚が面倒なことは一切進捗しない。
こうしてまた新たな国民が犠牲になる。

警察や検察や裁判官や弁護士の上層部の人間が、
冤罪になって15年刑務所に入れられたり、
自分の子供が警察の怠慢によって殺されたりしない限り、
この国の人災は無くならないのかもしれない。

腐った官僚を厳しく罰し、
腐った官僚システムを変え、
官僚が国民のために機能するような社会を、
どうしたら作れるのだろうか?

原発も犯罪も突き詰めていくと、
すべてはこの問題にぶち当たる。
ここに根本的にメスを入れる、
政治家や政党を選ばないといけないわけだが、
そういう政治家や政党は検察とマスコミによって、
印象操作されるという恐ろしい現実が待っている。
それがこの小沢一郎氏の冤罪事件の教訓だったと思う。

教訓を活かさないとまた歴史は繰り返される。

※今、前首相・菅直人氏の
東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと」(幻冬舎新書)を読んでいるが、
彼も脱原発にシフトしたため、原発事故の全責任をなすりつけられ、
失脚した可能性は高い。
この本を読むと、いかに官僚がひどいかがよくわかる。
そのせいであわや東日本が全滅する恐れがあると思うと、
この本はぜひ多くの国民が読むべきだと思う。

ちなみに私は小沢氏や菅氏を政治家として支持しているわけではない。
ただあまりにも恣意的に失脚させられているのは、おかしいと思う。


Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2012-11-13 02:23 | 一般


<< 情熱が人を動かす      何でも自分のためになる~イヤイ... >>