好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 11月 20日

行動すれば道が拓ける~山形酒田での3講演終わりました!

行ったこともない場所、知り合いも1人しかいない場所で、
講演なんかして人が集まるのだろうか、成功するのだろうかと、
かなりの不安もありつつ、
でもせっかく声を掛けていただき、
チャンスをいただいたのだから旅行がてら行こうと思って実施した、
山形酒田での11/17(土)・18(日)の3講演会&交流会無事に終わりました!

私が予想していたよりもはるかに多くの方にご参加いただき、
また交流会や翌日のスタッフ打ち上げなどで、
いろんな方と密にお話することもでき、
もちろん観光もすることができ、
思わぬ被災地のボランティア取材をすることもでき、
とても充実した2日間でした。

声を掛けてくれたのは山形酒田在住の小松恭子さん。
もともとブログ読者で、はじめてお会いしたのは今年1月。
鎌倉で行っていた写真展を見に来てくれて少し話をしたことと、
夏前に個別に東京でお会いして、いろんな話をしたのがきっかけ。

「憧れのかさこさんを酒田に呼べてイベントができて感無量。夢みたい」
と、2日間が終わってそういってくれた背景には、
彼女自身はイベントの企画・運営をしたこともなく、
まさかかさこさんが来てくれるとはという思いもあり、
でも試行錯誤ながら、場所を探したり、
地域紙に広報をしてくれたり、友達に声をかけてくれたり、
フェイスブックのページを立ち上げたりしてくれるなど、
イベントの企画・運営がはじめてとは思えない大活躍ぶりでした。

私にとっても彼女にとっても、今回のイベントで思うのは、
「行動することって大事なんだな」ということ。
多くの人は「やりたいな」と思っても、
「できるわけがない」とか「忙しい」とか「やったことない」とかいって、
あきらめてしまう。
でも失敗してもいいから、はじめてのことでもいいから、
とにかくやってみること。
それによっていろんな人たちが協力してくれたりして、
いろんな広がりができていき、
自分にとっても周囲にとっても意味のある活動になるんじゃないかと。

17(土)に行った講演1「被災地取材で感じた防災の教訓」では、
酒田の商店街で被災地支援をしている方も来ていただきました。
被災地での話があるとのことで興味を持っていただき、
翌日には酒田の商店街がどんな支援をしていたのか、取材することもできた。
こちらから情報発信したからこそ、
興味のある人が集まっていき、
またそこで新たな情報が仕入れられる。
行動することって大事なんだなと感じた1つ。
この講演には、地元の年配の方も来てくださったりして、
十数名の方に聞いていただきました。

※講演のPDF
http://www.kasako.com/20121117sakata1.pdf

続いて講演2は「好きを仕事にする方法
~サラ金社員から作家に転身した私の極意」。
こちらは若い人を中心に十数名の方に聞いていただいた。

講演を終えた後、非常におもしろい感想を言ってくれた方が。
「かさこさんの半生を聞かせてもらって感じたのは、
失礼な言い方かもしれないけど、いつもリサーチ不足なんですよね。
でもリサーチ不足でも行動を続けているから、
結果として夢が実現してしまう。
こんなやり方もあるんだなって勉強になりました」

事前に調べることは重要。
でも調べすぎて何も動けなくなってしまうのもよくあること。
とりあえずやってみる。
そこでぶちあたった壁を乗り越える方法を考える。
そうしていくことで無理だと思ったことが実現してしまうって、
今回のイベントでもそうなんだけど、よくあることだと思う。
だから考えすぎずにやってみること、行動することが大事なのだ。

土曜日の交流会にも十数名が参加していただき、
福島いわき市から移住してきた方や、
ブログ読者で新潟から夫婦で泊りがげてきてくれた方など、
いろんな方と話ができた。

18(日)は旅写真教室、
「難しい操作は一切不要!写真がうまくなる撮影術」。
土曜日の講演は無料。この写真教室のみ有料にしたものの、
なんと22名の方が参加!

「写真教室っていっぱいあるけど、
初心者向けのがあんまりない」
「一眼レフを教えてくれるところはあっても、
スマホやケータイでもいいっていう写真教室ははじめて」
というのが多くの人が来てくれた理由だったみたい。

3つの講演の中で一番人が集まらないのでは、
と思っていた写真教室が、
こんなに来るとは思ってもみなかったので、
何事もやってみなければわからないというのを、
つくづく感じることに。

その後は手伝っていただいたスタッフの方々と軽く打ち上げをした後、
小松さんともう1人の方と3人で、
夜中1時半過ぎぐらいまでファミレスで話をしていた。

イベントを企画した小松さんにとって、
「夢みたいな出来事」だったかもしれないけれど、
講演を今年になって始めたばかりの私にとっても、
「夢みたいな出来事」だった。
行動することの大切さ。
それによってもたらされる貴重な経験。
予想だにしない思わぬ広がり。
とにかく動くことが、人が幸せになったり、
やりがいを感じたり、成功したなと思える、
発端になるんだなと思いました。

それにしても我ながら思うのは、
2日間でまったく違うジャンルの3つの講演をする私って何者(笑)。

被災地や防災の話をしたかと思えば、
仕事やキャリアについての話をし、
翌日は撮影の仕方を教えるって。

2日間で3講演できた今回の経験をもとに、
講演に呼んでいただければ、
ぜひともしたいと思いますし、
これからも3講演だけでなく、
他のいろんな講演もしていくことで、
みなさんの人生の役に立つことができればと思います。

もちろんブログというネットで情報を発信していくとはいえ、
やはりリアルで対面し、文章ではなく話を聞くライブ感というのは、
私にとっても情報の受け手にとっても、
また違った意味のある時間になるんじゃないかと思います。

山形庄内地方のみなさま、ありがとうございます!
今回は酒田市内しか観光できなかったので、
また遊びに行き、庄内地方の写真を撮影したいと思います。

※11/22に宮崎で講演します。

※講演のご相談は遠慮なく下記までご連絡ください!
kasakotaka@hotmail.com

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2012-11-20 14:10 | お知らせ


<< 最近流行の「ダイバーシティ」と...      福島避難民の告白「子供と一緒に... >>